レコードの上に載せると音が出る!?最新ターンテーブル「LOVE」

レコードプレーヤーに革命が起きた。

これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レコードの上に置くターンテーブルなのだ。

しかも、BluetoothやWi-Fiに繋いだり、スマホで操作も簡単にできるとのこと。アナログなレコードをデジタル・デバイスで楽しむ。僕たちは、全く新しい音楽体験を手に入れることになるだろう。

ユーザーのことを
第1に考えた機能面

E3996587174177b50344a6e4e1f7c67fee64d0a7

スマートレコードプレーヤー「LOVE」を制作したのは、斬新な作風で知られる世界的プロダクトデザイナーのイヴ・ベアール。

反時計回りをする動きは、ユニークでありながらエレガントさも感じさせてくれる。機能面では、ボタン1つで曲のスキップが可能だったり、再生中の曲のタイトルを表示して教えてくれたり…従来のターンテーブルではあり得なかった体験ができちゃう。

また、本体の重さはわずか450gなので、持ち運びも楽々。しかも、平らなところであれば、どこでも音楽再生できるのは嬉しい限り。台所・リビング・寝室など…場所を選ばずに音楽を楽しめちゃうというワケなのだ。

ちなみに「LOVE」は「Indiegogo」で、$329(約36,000円)から購入することができる。ミニマルでモダンなデザインは、インテリアとしてもオススメ。音もデザインも堪能したいという欲張りな人には、もってこいの一品といえるだろう。

Licensed material used with permission by LOVE Turntable
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
アナログレコードを聴くことに対して、敷居の高さを感じていた私。だけど、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」には親しみやすさを...
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
「Spinbox」は、DIYターンテーブルKITだ。このパッケージの中には、ターンテーブルをはじめ電子回路、スピーカー、ケーブル、音量つまみなどレコードプ...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
リビングで本物の火のゆらぎを楽しめる〈LOGOS(ロゴス)〉の「テーブル暖炉」。ランタンでもキャンドルでもなく、暖炉! 使い方は、専用の燃料を入れてライタ...
ニューヨークの「ARChive of Contemporary Music」は、アナログレコード音源をデジタル化したものをウェブ上で無料公開するサービスを...
まるで鉄道模型みたいに、盤上をクルクル走る小さなボックス。これでレコードを再生できるのだ!「RokBlok」を走らせれば、ブロックそれ自体から音が出る。B...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
普段、何気なく使っているスマホやラップトップ。そのほとんどがWi-Fiに接続されていますが、当然そのネットワークの形は見えません。しかし、その姿を可視化し...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
大学時代にカナダのバンクーバー島に暮らしていたことがある。僕にとってカナダという国の印象は、何といっても大自然。キャンバス内で、野生のリスと顔を合わせた時...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
大好きな相手だからこそ、何年付き合っていようと、ちゃんと愛情表現はしてあげたいものですよね。伝える言葉は同じでも、交際期間によって意味合いが大きく変わって...
一見、なんの変哲もないように見えるこのテーブル。じつは、4本の足のうち1本だけ、あえて高さを変えてあるのです。当然、そのままだと傾いてしまいます。「えっ、...
スプーンやフォークなどのアンティークシルバーを取り扱う「Langfords」が、世界各国のテーブルエチケットをまとめています。左のALWAYSには「やるべ...
ブランコ・テーブルなら、仕事の打ち合わせも、ゲストを読んでのディナーも楽しくなるに違いない。ディスカッションにも花が咲き、会話も弾むだろう。何よりも童心に...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
例えば、当たり前のような存在の幼なじみとか、お互いが認め合う仕事上の良きライバルとか。性別を超えた関係のはずだった相手に、いまさら自分が恋をしていると認め...