GPSアート!サイクリスト達が作った「ヤギ」ルート

目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。

オーストラリアのパースを拠点とするサイクリングチームは、GPSで走ったコースを記録できる「Strava」という無料アプリを使って地図上に絵を描き、世界中のサイクリストの心を掴みました。

そのモチーフは、ヤギ。

「ヤギ、描きやすかったから」

Benさん(@jen.bonez)がシェアした投稿 -

パースは自転車専用のレーンが充実していたり、専用の信号機があったりと、サイクリストのための環境が整っています。また、自転車を持ったまま電車に乗ることができたり、駅の前にはバイクシェルターという鍵付きの自転車保管場所もあります。

レンタルサイクルが充実しているので、旅行者も気軽にサイクリングを楽しむことができる街、それがパース。

チームメンバーのベン・ジョーンズさんによると、パースに集う多くのサイクリストたちとは“ちょっと違う面白いこと”をしたかったのだとか。

「サイクリストたちは、川や丘などサイクリングにふさわしいルートを走っているけど、僕らはちょっと違うことに挑戦したほうが面白いと思ったのさ。ヤギは形も特徴的だし、描きやすかったんだ(笑)」

かわいい見た目と裏腹に
全行程200km以上!

Benさん(@jen.bonez)がシェアした投稿 -

「僕たちはまず、サイクリストに人気のあるパース郊外の町、リーダービルをヤギのヒゲの部分に決めてスタートしたんだ、そこから北上していってオズボーン・パークは頭、ノランダのあたりは目、角はミラブーカにしようっていう感じでルートを決めていったんだよ」

こうして決まった、ヤギを描くためのルートは総距離202km。8時間もかかった大作になったそうです。でも、パースの道は平らなので、丘越えなどはないそう。

「僕らはただ、休日を楽しく過ごしただけだよ」

と、ジョーンズさん。このコースはオンラインで公開されているので、誰でも同じようにヤギを描いて走れますよ。

次は、なに描く?

Benさん(@jen.bonez)がシェアした投稿 -

「次は、クアッカワラビーやフクロアリクイとか、西オーストラリアの象徴的な動物を描いてみようかと思ってるよ」

でも、次回作にはまだ少し時間がかかりそうです。

なぜなら、ジョーンズさんの奥さんは妊娠中。今回は出産を前に、何か楽しいことをやっておきたかったという想いもあったのだそう。

Licensed material used with permission by jen.bonez
人出が足りない小さな牧場が、産まれてくる「赤ちゃんヤギ」のお世話をしてくれるボランティアをネットで募集しました。4時間おきに赤ちゃんヤギを抱っこしながらミ...
イギリスのデザイナーのトーマスさんは、人間であることに疲れ果て、ヤギになることを決意。特注の義足や芝生を消化する人工胃の開発にまで挑戦したそう。「トランス...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。I:砂漠が何か関...
夜道を走る自転車って、結構危ないですよね。サイクリストもドライバーも、お互いドキッとするような怖い思いをした経験が少なくないはず。とくにドライバーから見る...
そもそもの見分けがつかないって人にヒントです。毛がモコモコしているのが「羊」で、角があるのが「ヤギ」という認識で探してみてください。1匹、2匹、3匹…と、...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
自転車に乗っておでかけをするとき、スマホで色々調べながら、という人も多いのではないでしょうか。でもいちいち立ち止まらなければいけなかったり、自転車に設置し...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
今や「コーヒー」のある日常は当たり前。起床後に、はたまた通勤や休憩の時に…などなど、多くのシーンで欠かせない存在となりました。でも、そうやって多くの人の暮...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
ブルックリンのクリエイター集団がデザインしたサドル「SEATY LOCK(シーティーロック)」は、サドルが強固なロックを兼ねるという画期的なアイデアを実現...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...
「エコノミスト」は、毎年「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表していますが、その上位10都市のうち6都市を、オーストラリアとカナダの2国が占めている...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...