ロンドンの広場に現れた「光り輝く庭」の正体とは?

3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。

じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるのです。黄色く光り輝くこの花畑は「Garden of Light(光の庭)」と名付けられ、パターノスター広場だけでなく、イギリス国内をロンドンからエジンバラ、ベルファストへと転々としました。

光の庭に込められた
「願い」とは?

D26e477f074abcc7db1420500e64ee9e617fb811

このプロジェクトは、末期の病気と闘う人をサポートする「マリー・キュリー」という団体が制作したもので、キュリー研究所が「ガン撲滅運動のシンボル」として黄スイセンを使っていたこと、に由来しています。

ちなみに、この活動は「Great Daffodil Appeal」という募金活動の一環でもあるそうです。

マリー・キュリー大使のフランキー・ブリッジさんが、左胸に付けているスイセンのピンバッチを買うことによって寄付できます。こうして集められたお金は、この団体の9つのホスピスや、ご家庭で末期の病気と闘っている人々のために利用されるそうです。

627084b04b0885eadba4e257d63f3e4a7b78fe0f

また、花びらにメッセージを書き「Memory Wall」という壁に貼り付けることで、愛する人への思い出を残すことも。

75dfbf190bdea1970bbf4d796f060a25558ddd5c

2,000本の花は
2,000人の看護師を意味する

3edb2ef05523d9575b91791bcfbbefe4dfa25438

この造花を作成するのには、6ヶ月もかかったそう。花は全部で2,100本あり、団体で働く2,000人を超える看護師たちを表しています。

夜になりその花が輝くのは、看護師たちが患者たちにとっての暗い時間を、明るく照らす存在だから。

9bb23f9bfeb6b28cc00538ccde786a4dbfdbd115

光輝く綺麗なスイセンは、看護師たちにも患者たちにも癒しを与えてくれる存在になるでしょう。

Licensed material used with permission by Marie Curie
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
誰だってその国の首都のことは、知っているつもりになるものですよね。特にそこに住んでいれば尚のこと。たとえばロンドン。ウェストミンスター、バッキンガム宮殿、...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
現地時間で9月2日。炎が立ち上るロンドン・テムズ川周辺の様子を撮影した画像や動画がSNSに溢れた。投稿内容をいくつか見てみよう。「ロンドンが燃える姿を眺め...
ロンドンの中心地。テムズ川沿いのナイン・エルムズ上空に世界初となるガラス製の透明なプールが建設されるそうだ。25mプールが2棟の高級マンションの屋上を結ぶ...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
地球儀をつくる職人、と聞いてもあまりピンとこないかもしれません。でも、ロンドンの老舗地球儀メーカー「Bellerby & Co」は、一つひとつをハ...
ロンドンに対する印象は「東京の少し先にある街」。2002年から2005年までロンドンに住んでいたのですが、その時に「ああ、これが日本にもあったらいいなあ」...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
ロンドンで美食が集まるエリアとして、ここ数年で急激にホットスポット化したモルトビー・ストリート・マーケット(Maltby Street Market)。こ...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
電話ボックス…、ではありません。ここはポップアップのサラダ屋さんなんです。ロンドン中心部にある、大英博物館から約100メートルほどに位置する公園、ブルーム...
蛍光グリーンのブルゾンに、作業用の保護メガネ、胸元にはゴールドのブリンブリン。どこからどう見てもラッパー風情のこの男(Ian Solomon-Kawall...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...