NASAの「火星探索ロボット」は、可愛さとは裏腹に超絶タフ!

先日、NASAは「PUFFER」の試作機を発表。この調査ロボット、パタっと折り畳まれたり開かれたりと、自由自在に変型可能。

実はこれ、日本の「折り紙」にインスパイアされているそうです。

見ていて
クセになる動き

036b7fd387062a7d5268621765997276d272bc05

折り紙みたいに形を変えて、狭いところに潜り込んだり。

43bcf7eb17b2e3821b03c3e75905590abda0a068

傾斜45度の険しい道のりを、力強く駆け上がったり。

9710f19c45d9ac81e267fcd95109d10d4515fad3

方向転換だって、華麗にこの通り。

822974bae8c9cf5d9793fb15a85227e9adc3b4bc

3mの高さから落ちたくらいじゃへこたれない強さだって、持ち合わせています。

砂漠も南極も
耐えられる強さ

「PUFFER」をデザインした研究者Karras氏は、カルフォルニア大学バークレー校のラボにいた頃から、動物や昆虫など「自然界に存在する動き」を元に設計を行っていました。そのひとつとして、自在にパタパタと形を変えられる「折り紙」を参考に、このロボットを作ったんだそう。

ちなみにユニークな長い「尻尾」は、機体を安定させる役割で、うまく使えば高い段差も登れるとか。

35e48e027608bb4eea139d31eebfed8d366e629f
Photo by Dylan Taylor

また、軽くて丈夫なのも魅力。「Nomex(ノーメックス)」という、消防士のユニフォームにも採用されている燃えにくい素材が使われていて、他の惑星の厳しい環境でも耐えることができます。

実際、この約1年半の間に、カリフォルニアのモハーヴェ砂漠から南極の極寒地まで、地球上のあらゆる過酷な場所で走行実験に成功。

目標は「火星探査」

この「PUFFER」は、メイン機に付き添うサブ機としての活用を想定。急斜面や砂丘など、大きな探査機では入り込めないようなシチュエーションでの活躍が期待されています。

今後は外のスペックだけでなく、「中身」の開発にも力を入れていくそう。例えば、今はBluetoothでの遠隔操作なのですが、今後は自動走行機能もつける予定だとか。

このロボットが、有人探査が困難だと言われている火星から新発見を持ち帰ってきたら…と思うと、ワクワクしてきますね。

Licensed material used with permission by NASA
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
2016年2月19日「AFP」は、NASAによる火星環境を想定したジャガイモの栽培実験の結果が翌月明らかになる、ことを報じました。ペルーの首都リマにあるイ...
2030年の火星移住プロジェクトにむけ、NASAが「火星での植物栽培」を本格的に考えている、というニュースは何度か見かけたことがあるかもしれません。地球以...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
火星の表面──。そう言われなければ、これが地球のどこかとも思えれば、マクロ撮影した鉱物にも思えてしまいます。「Red Planet」に形容される、赤く荒涼...
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...
2020年代に人類が火星に移住する計画があることは、多くのメディアが伝えています。ここで紹介する「Asap Science」の動画は、それにまつわる様々な...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
史上初の試みです。日本時間4月27日(木)午前2時30分頃より、地球から250マイル(約400キロメートル)離れた国際宇宙ステーションから、4Kの最高画質...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
2015年7月14日、NASAの惑星探査機「ニューホライズン」が冥王星へとたどり着いた。地球からの距離はおよそ48億km。途方もない距離だが、探査機は20...
NASAが惑星保護官を募集しましたが、その名前から「エイリアンの襲撃から地球を守る仕事」だと勘違いした小学4年生のJackくん。地球を守りたいという想いを...
「綺麗な写真が撮れたので、みなさんとシェアしますね」そんな言葉と共に写真をアップしたのは、NASAの宇宙飛行士と研究者たち。シェアしてくれたのは、闇夜に光...
2015年10月21日にNASAがYouTubeにアップした映像は、3機のX線観測衛星「チャンドラ」「スウィフト」「XMM-ニュートン」が2014年の11...