ドキドキ?ガッカリ?『T2 トレインスポッティング』は同窓会ノリで出かけよう

同窓会のノリだった。

レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビー。愛すべきロクデナシたちと20年ぶりに再会した。本当なら、その年月の長さなんて微塵も感じなかった。と書きたいところだが、ぶっちゃけ、20年前の疾走感はなかった。

テーマ曲とも言えるアンダーワールドの「ボーン・スリッピー」にしても、テンポを落とした「スロー・スリッピー」になっていた。

でも、あたり前だよな。僕だって、20年前に比べれば、確実に体力も落ちたし、肌にはツヤがないし、腹も出た。そう、誰だって歳をとるのはしょうがない。それにしても、皆、フケたよなー。それでも、1人も欠けることなく4人勢揃いしてくれたことは喜ばしい限り。

何よりも嬉しかったのは、オヤジになった全員が自分の生き方を貫いていたこと。見た目は変わったけど、生き方はちっとも変わっていなかったのだ。そんな時の流れを感じつつ、いつまでも大人になれない(言わずもがな、僕もその1人だ)仲間と旅へと出かけた。 

「未来を選べ」
そのコトバの裏側にある意味

90f184f2745aa720e6499adddee001173a428af8

彼らが選んだー20年後の「未来」。

『T2 トレインスポッティング』のキャッチ・フレーズは、1作目のキャッチ・フレーズだった「未来を選べ」に応えたもの。そう、人生は選択の連続。僕たちは、いつも未来を選ばなければならないのだ。ただ、こうも言える。どんな未来も自由に選べるのだ、と。

しかしながら、未来を自由に選ぶことは、往々にして代償を伴うものだ。一方で、代償を必要以上に恐れていては、本当に自分自身にとって意味のある人生を手に入れることはできない。誰もが、その狭間にいると言えるだろう。

さて、レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーの4人は、一体、どんな未来を選んだのか?それを目撃するのは本作品のハイライトの1つだ。しかし、彼らの生き様を通しながら、同時に、自分自身の人生を振り返ることもできるに違いない。

あなたは、どんな未来を選んできたのか?

そう尋ねられた際、僕なら、夢中になってやってきたこと心に決めて貫いてきたこと、そして、自分自身が心から誇れることについて答えたい。そのためには、もっと能動的に生きなければならないと感じた。たった一度の人生。年齢を重ねる度に、僕たちは、もっと「生きる」ことにアディクトであるべきじゃないだろうか。

奴らとの再会は、そんなことを僕に気づかせてくれた。

Fc097000b815ffef1b08b10e9817348b71def8a52251167e43d73e5a624a20bb0081c65705f27a6d5eec3d480bf1e223ea5ff9a8b430af56353131638829a5caa360d21e1e7479b0ed42b7b082056017F843f5bc4fea8eebf90d31b5bf3605cac669286f

『T2 トレインスポッティング』
2017年4月8日(土)より、全国ロードショー。公式サイトは、コチラ

Licensed material used with permission by T2 トレインスポッティング
せっかく飲み会に誘ってもらったのに、どうしても参加できない。「なんだか、断るの申し訳ないなぁ…」なんて状況はよくあることですよね。でも、これくらいウィット...
誰もが一度くらいは、路上ライブなどでアコースティックギターを弾きながら歌うミュージシャンを目にしたことがあるのではないでしょうか。右手を上下にジャカジャカ...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
95年のヒット作『スモーク』が、デジタル・リマスター版で蘇った!と話題になっていますよね。でも、知らなかった人も多いはず。80年代後半から90年代に起きた...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
「軍隊にいるボーイフレンドのプロムに行ってきたよ!」モデルとしても活躍するMax EmersonさんがInstagramに投稿した恋人とのツーショット写真...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
2016年4月30日(土)を皮切りに、『おそ松くん』、『天才バカボン』、『ひみつのアッコちゃん』などで知られる漫画家・赤塚不二夫の人生を追ったドキュメンタ...
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
仕事もプライベートも順風満帆。何をやってもうまくいくみたいだし、なんだかいつでも楽しそう。もちろんそれぞれに努力や苦労もあるでしょうが、世渡りの上手さで乗...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
2011年に結成したお茶目なロサンゼルスのバンド「Vulfpeck(ヴルフペック)」が、3月2日にアルバム『The Beautiful Game』の日本盤...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
テキサス州ローレットに暮らす2歳のベクスリー・ノーベルちゃん。今年7月、彼女はお母さんに用意を手伝ってもらい、ティーパーティーを企画しました。ゲストはたっ...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...