人類は破滅へと向かうのか?「人口爆発」について考え直す。

現在、地球の人口は約74億人。このまま、人口は増え続けていくのでしょうか?それとも、減っていくのでしょうか。

資源を奪い合う戦争を起こさなければならないのか?
スラム街が増えるのか?
大気汚染がもっと進むのか?

その疑問は尽きません。

人口はどのように変化していくのでしょうか。どうやらそこには、4つのステージが存在するらしいのです。そして結論から言うと「人口爆発は落ち着く」とのこと。だからこそ、「私たちにはできることがある」とこの動画は提案しています。

では、人口の変化をステージごとに見ていきましょう。

01.
「多産多死」ステージ

C4c4acd23fedd100c4e71d31c1f8e75a3b99fd5e

ここで舞台となるのは、18世紀のイギリス。彼らが最初に人口転換を経験することになりました。この時期は、衛生・食品・医療に問題があり、多くの子どもが大人になることができませんでした。成人できたのは、6人中2人だけだったと言います。

その後、産業革命のおかげで、々の生活はより豊かになりました。さらに、科学技術が発展し、交通・通信・医薬品などの質も上がりました。

そして、ある変化が起きたのです。

02.
「多産少死」ステージ

67b0d2ec6fed8af9dd6e5b5f2c8c4a91bd7a3884

人々の生活が豊かになるにつれ、食品・衛生の質が上がり、幼い子どもが死んでしまうことが少なくなりました。その結果が「人口爆発」。たとえば、イギリスでは1750年から1850年の100年の間に人口は2倍に。

これまで、子どもをたくさん産む理由は、幼いうちに死んでしまうからでした。しかし、このように状況が変わると人口にも変化が。

03.
「少産少死」ステージ

1209d885ebedfd1046fe3dcf1276ed9b2da051b6

死亡率が下がると、出生率も下がりました。幼い子どもがしっかり大人になれるようになったからです。

この2つがバランスをとると、人口増加は減速し始めます。

04.
「停滞」ステージ

B5915bf28571b0ab433017b4317c3ebbce497853

そして第4ステージで、人口増加は落ち着くことになります。

現在、多くの国がすでにこの最終ステージにいます。でも、なぜ人口は増え続けているのでしょうか?

Ab4f927378284bf1d95833a9fd528d37fe399bf8

これは、「人口爆発の時期に産まれた人が大人になり、子どもを持ったこと」によるもの。そのため増え続けているのですが、この先は出生率が下がり、人口増加も緩やかになるとのこと。

さらに、先進国は出生率が6→3に下がるまで80年かかりましたが、その他の国はこのスピードがもっと早い。たとえば、バングラディッシュは20年、イランは10年。つまり「このスピードが早い分、減るスピードも早いだろう」ということ。

つまり、人口増加が落ち着き始めるのは少し先の話なのだとか。

「助け合い」の未来へ

097a61a15659f60f9457e9086df428ade09ac9e8

繰り返しになりますが、人口爆発はいずれ止まる、と言われています。国連の予測では「世界人口は120億人」は、超えないとのこと。

そうであるならば、人口爆発に対してネガティブになる必要もありません。一歩先に進んだ国が、その他の国をリードするべきなのです。たとえば、教育。識字率を上げることは、その国の発展にもつながります。そして、彼らが今度は助ける側になるのかもしれません。

私たちができることは「助け合うこと」。また、人が多ければ多いほど、助けてくれる人も多いということ。これからの未来、今まで以上に助け合って生きていくことができるかもしれません。

Licensed material used with permission by kurzgesagt.org
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
年々増え続ける世界人口は2012年に70億人を突破、今や72億人もの人々が地球上に居る。国連の調査では、2050年には約90億人になると推測されているが、...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
数世代前の人々にとって、現代の暮らしは夢のようなもの。そんなことを感じさせてくれるのが、人類史を簡単にまとめた動画『What Happened Befor...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
どんな動物よりも多く、人間を殺している。人間の死因としては、戦争よりも多い。これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...