「観た人の人生を変えたい」松居大悟を刺激する6つのコト

映画『アフロ田中』で監督デビューしたのち、Vineで注目された現役女子高生などを起用した映画『私たちのハァハァ』や、6人の名脇役が本人役を演じて話題になったドラマ『バイプレイヤーズ』などなど、斬新な発想の作品を次々と世に送り出し、若者を中心に絶大な人気を得ている松居大悟。

漫画家を目指した高校生時代に、作品を見せた編集者から「お笑い芸人がやっていることであり漫画でやることではない」と一蹴された彼が次に起こした行動は、お笑いコンビの結成と、M-1グランプリへの出場でした。

予選敗退したものの、敗因は演技力が足りなかったからであると考え、大学の演劇サークルに入団。そうして前進し続けてきたいま、彼は劇団ゴジゲンを主宰し、脚本制作や演出を手がけ、自身で出演もしながら、そのほか監督業などなど多岐にわたり活躍中。

数々の挫折を乗り越えながら、どんな視点や考えかたを培ってきたのでしょうか?そして、アイデアを生みだすために一体どんなことから日々刺激を得ているのか。詳しくお話を聞きました。

5cddc99b422503b69a45101a76e872208656ebc1

先日、予定していた舞台が中止になったと突然言われたんです。劇場が2週間も空いてしまったんですよ。一体どうするんだ!って思うでしょう?

でも、気持ちを度外視した理屈に直面したときにこそ、そのときの感情を作品に残したいと強く感じるんです。だから、舞台が突然中止になるストーリーの映画をつくろう、劇場に乗り込んでガラガラの客席の前で芝居をしようじゃないか、と撮影をはじめました。

落ち込んだときにこそ何かが生まれるもの。その瞬間の感情が、あとになってどこか別のところに行ってしまうと考えたら、いてもたってもいられなくなる。ワンカットでもいいから記録しておきたいって思ったんです。

岡本太郎は、“迷ったときは困難なほうを選んできた”と言い、北野武監督は、“どうせ死んで楽になるのだから、生きている間は苦しまなきゃ”と言いました。その考えかたに影響を受けています。

逃げる必要はなくて、それでもなんとかモノをつくっていくことが生きていくってことなのかなと思います。

939f89db273283fe55e63fed1267edd09d9e9d66

前と同じもの、想像できるもの、見えるもの、それらしいものをつくっても意味がないんです。これはドラマ?ドキュメンタリー?演劇?それとも映画?そういうものが好きです。

展開が読めないものでないと、面白がってもらえません。そのまま通り過ぎてしまうようではいけない。30代になってからどんどん幼くなってきていて、衝動的なものを大事にしたいという思いが強くなっています。言葉にできない感情を大切にしたい。

テンションが上がった状態を「歓び」と呼ぶことは必要かもしれません。でも、中高生みたいに、あの娘のことを好きで、話しかけたいけどできなくて、連絡したのに返信こなくて、アイツと話してて納得できない…みたいな、いろいろな気持ちが同時に起きてモヤモヤしているのがいい。

だから、“こういうものである”と定義してしまうような表面的なことは、現場で言わないようにしています。どんな作品も、まずはスタッフに思いを伝えることからはじめています。

965147802de30615bc020d4017c3e57ec9419b37

昔は自分のアイデアをどうしたら実現できるのかだけを考えていました。ひとりの想像力には限界があるんです。25歳の頃には、ついていけないと劇団員が辞めてしまったこともありました。

映画や演劇は総合芸術ですから、だれかと一緒に考えることで道が開けたんです。信頼することで肩の荷が軽くなるし、悩むのが楽しくなった。自分をどうよく見せるかより、作品がどうやったらよく見えるのかを本気で考えて、それぞれの視点から意見を話してくれる人がいれば、どんなことでもなんとかなります。

現場では思い通りにならないことがたくさんあります。『バイプレイヤーズ』の撮影初日は、6人の名脇役からいただいた提案に圧倒されて思考が停止しました。スケジュールを飛ばして話し合いの場をつくりました。そうすれば、みんな教えてくれるんです。それが面白い。

最初は6人が恋愛をする話になる予定だったんです。が、話をつくっていく中で本人役を演じてもらうことになっていったんですよね。脚本と提案は半々で、書いていたものをアレンジしたり、ピー音やモザイクが入るタブー回をつくったり、楽しくなりました。でも、過去作品でもそういうことは多い。

ぼくは、だれよりも不安で、だれよりも弱音をはく。だから演出家や監督らしくないんですけどね。

80bf2e9b26a43c2151c8a52facee53dc9a123f27

集まる人の数や予算の規模が大きくなればなるほど、やらなければいけないことのほうが大きくなり、ハードルが高くなります。作品もよく見えやすくなってしまう。 

だれだって楽なほうがいいし、いまだに毎回悩むし、ひとりで刺激のある道を選ぶのは不安だと思います。結果論でもありますし。

でも、企画が成立しやすいとか、予算があるとか、スケジュールがはまりそうとか、そういうことでは、いままで一緒にやってきた人たちに説明ができないんですよね。そういう責任を感じます。

人が好きだから、困難でも刺激的な道を選ぶのかもしれません。難しいことに挑戦するほうが、人と人は強く団結すると思うんです。みんなの力が必然的に必要になり、団結していいものが生まれる。

そういう仕事をともに経験した人のほうが長く付き合っていると思います。ひとりのカリスマより10人の凡人。それって、かっこいいじゃないですか。

6a3c4bf5f348b0f58c5cbd922013dbaba31db49f

脚本を書きはじめるときなど、仕事の入り口は一番しんどいんです。パソコンの前に向かえないんですよ。やらなきゃいけないってことはわかっているんですけどね。そんなときには、ぐぐっと炭酸水を飲んで、やるぞ!と気合を入れます。

甘くないので飲みくちがスッキリしているし、何かを求めているときのスイッチみたいな。この、カーっとこらえている感じ。なんというか、刺激や震えるような感覚が欲しいときに、げんをかつぐようにして飲めば、“行くぞ”という気持ちになれます。

48bd3f5f1713970b97eb5298b15b1edf05e0a01b

最初はカッコつけて飲んでいたんですが、気がつけばよく飲むようになっていました。

気合をいれる時に、炭酸水を飲むことが、ちょうどいい刺激になるんです。やる気を出したいときにコーヒーって気分でもないなあ…なんてときにもちょうどいいからか無意識に選んでいます。グラスにウイスキーと炭酸水を注いでハイボールをつくることもよくありますね。

心躍る刺激的な挑戦を求めているなら、「ウィルキンソン」の研ぎ澄まされた爽快感とキレの良い味わいはピッタリ。あまり飲んだことがないというあなたも、仕事に本腰を入れるときなどに、ぐぐっと一本試してみては?

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b04f5c6db3fe003209773e05db42b16698c98fdb3
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
中東の国イランにおいて、コーラよりも名の通った、老若男女に愛される飲み物があります。それが「ドゥーク」。例えるならヨーグルトをサイダーで割ったような味。ヨ...
踏ん張らなきゃーー。そう感じたときは、情熱に陰りが見えてきた頃。そう書いたのは、米・金融機関「LexION Capital」の創設者エレン・カプランCEO...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
ニューロサイエンス(神経科学)に基づくウェアラブルデバイスの開発が相次いでいます。情報化社会をフルスロットルで日々生活しているうちに、いつしか自分の思考が...
「生活にハリがない」と嘆く人がいるとします。もちろん、人それぞれ環境の違いはありますが、どんな状況でも自ら動くことで、それを解消することができるはず。そう...
主演と監督のクレジットには、アベル&ゴードン。何を隠そう2人は夫婦なのだ。夫は、ドミニク・アベル。妻は、フィオナ・ゴードン。また、2人のバックグラウンドが...
仕事も人間関係も順調なのに、何だか気分が上がらない。そんなときは、面倒くさいと思っても自分をハッピーな気持ちにしてくれる人やコトを、いま一度振り返ってみま...
“大人でも子どもでもない”17歳のAnnegienは、アメリカで平凡な毎日を過ごす女の子。一瞬一瞬を大切に生きる彼女は、他の人の目からは、ごくごく普通に見...
「女性が生まれ変わる、40日間プログラム」の創設者であり、講師や作家としても活動するTamara Star氏。そんな彼女が、自身のウェブサイト「Daily...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
美食のトレンドを牽引するレストランと、オーナーシェフの4年間を追ったドキュメンタリー映画『ノーマ、世界を変える料理』が、2016年GWより全国で順次公開さ...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
2016年は「VR元年」とも呼ばれ、一般家庭でも楽しめるようになったり、様々なイベントも開催されるなど、と一気に話題も増えました。現在のVRは視覚が中心で...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
ひとことで言うと、バイタリティ溢れるおひつじ座。Higher Perspectiveで紹介されている「おひつじ座」にまつわる記事を参考に、具体的な彼らの特...