史上最年少で最優秀女優賞を受賞!チベットの天才少女が出演する『草原の河』

チベットと聞いて思い出すのは、頭痛だ。

僕が滞在したのは一週間。映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』にかけて“セブン・デイズ”の滞在だったのだが、毎朝ひどい頭痛に悩まされた。いわゆる高山病。何しろ、首都であるラサの標高は3,358m、飛行機のタラップを降りて歩きはじめたとたん、息苦しくなったのを昨日のことのように覚えている。

でも、それは序の口だった。

平均標高が4,000mともいわれるチベット。標高4,500mのヤムドゥク湖を目指した僕は、一晩中、頭が割れるような痛みに耐えなければならなかった。しかも、滞在した年の瀬は、チベットで一番寒い時期にあたる。なのに、ラサ以外のホテルでは暖房は一切なく、バスタブにお湯をためても5分もしないうちに冷水になってしまうほど。

頭痛に加えて、凍てつく寒さ。重ね着をして持参した寝袋にくるまりながら、修行僧の気持ちを味わっていた。

しかしながら、考えてみればチベットを唯一無二にしているのは、この大気中の酸素量が平地の半分以下、冬は気温が−20℃以下といった厳しい自然環境といえる。それによって、チベット族は外界から隔てられて、独特の文化も育くまれてきたのだ。

29b4fffc411bea601dae544f57fed464f22f993c

©GARUDA FILM

160057b83c2e3763d6fedcb8bbe85859fa6ae00b

©GARUDA FILM

102e09bc610587071b247ce3473d4de30e34a5fd

©GARUDA FILM

896968483e8641ce746a54d6c95a50335f1879c3

©GARUDA FILM

28aa62cabb0c0348f60e7aa953e6ab40dae94fab

©GARUDA FILM

80890d85d63d524db12e17f06d92de3b3eec3cc3

©GARUDA FILM

これまでにも、チベットを舞台にした映画は日本で数多く公開されてきたが、チベット人の監督作は皆無。日本初の劇場公開となるのが本作『草原の河』だ。

物語の舞台になったチベット・アムド地区の牧草地帯は、本作でメガホンをとったソンタルジャ監督の故郷。乾いた大地、世界のどこよりも蒼い空、そして、ストーリーの軸となる名もなき河。どの景色も圧倒的な映像美へと昇華しているのは、チベット人であり牧畜民の中で育ったというアイデンティティにほかならない。

物語は、過酷な自然環境と向き合いながら、力強く生きる家族が描かれている。なかでもひときわ目を引くのが、一人娘役を演じたヤンチェン・ラモだ。これまで演技経験がなかった彼女だが、撮影はほぼ1テイクOKだったとか。監督にも「天賦の才能を持っている」と言わしめたほど。その無垢な演技は、上海国際映画祭でアジア新人賞と最優秀女優賞を最年少で射止めたことでも、大きな話題となっている。

また、およそ1年の撮影期間を通じて、チベットの四季折々のリアルな表情を垣間見ることができるのも、この映画の大きな魅力。劇場のスクリーンから、チベットへとトリップできることは間違いない。

『草原の河』
2017年4月29日(土・祝)より、岩波ホールにてロードショーほか全国順次公開。公式サイトは、コチラ
配給:ムヴィオラ 監督・脚本:ソンタルジャ 撮影:王 猛 出演:ヤンチェン・ラモ、ルンゼン・ドルマ、グル・ツェテンほか

Licensed material used with permission by ©GARUDA FILM
第58回目のグラミー賞授賞式で、テイラー・スウィフトが2度目の「年間最優秀アルバム」を受賞しました。女性アーティストとして史上初の快挙となります。そのほか...
バクテリア、昆虫、ウシ、ヤギ、植物、星、そして銀河。この世に存在するありとあらゆるものになれるシミュレーションゲーム「Everything」。その予告編映...
2015年9月18日。日本人医師、木俣肇氏がイグノーベル賞を受賞した。この賞は「笑える」「考えさせられる」研究が対象に選ばれるノーベル賞のパロディ版。一部...
5月27日(水)ReTHINK Ambassadorを開催!今回ご参加いただいたのは、50人近くのアンバサダーの皆さん。佐々木俊尚×久志尚太郎のトークショ...
2016年2月16日(日本時間)に発表された、第58回グラミー賞の「ベスト・オペラ・レコーディング」に、小澤征爾が指揮を担当したサイトウ・キネン・オーケス...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
このたび、トロント・ブルージェイズからフリーエージェントとなった川崎宗則が「ムネノリ・カワサキ賞」を受賞しました!…と言われてもピンとこない人がほとんどの...
4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
インド北部の町ダラムサラから、チベット人の「焼身抗議」をブログで発信し続けている一人の日本人がいる。建築家、NGO代表という二つの顔を持つ中原一博氏だ。彼...
激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を...
ノーベル賞受賞者本人に連絡がとれない!そんなことあるの?って感じがするけど、ミュージシャンである彼を知っている人たちからすると、“らしさ”を感じたり、今回...
英サマセット州ヨービルで、毎年開催されるチーズの祭典「The Yeovil Show」。去る7月15日に開催されたコンテストにおいて、最もおいしいチェダー...
2015年10月6日に発表されたノーベル賞のプレスリリースで、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞したことがわかりました。岐阜県にあ...
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
弱冠9歳のアスリート少女、ミラ・スターが成し遂げた偉業に注目が集まっています。アメリカ海軍の特殊部隊「ネイビーシールズ」がプロデュースする24時間耐久のエ...
【速報】TABI LABO、可愛すぎる「天才指揮者」を発見!キルギス共和国のとある教会。聖歌を歌っている合唱団の後ろで見事に指揮を執る女の子。感情の高ぶり...
骨の成長を阻む病(モルキオ症候群)を抱え、四肢が細く低身長のBellaちゃん11歳。松葉杖を使って歩くこともままならなかった少女が、あるキッカケで再び自分...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...