嫉妬するくらいなら、マイペースに生きてみませんか?

どうせ「嫉妬する」と分かっているけれど、どうしても他人が気になって比べてしまう人も多いはず。たとえば、いい車や広い家、高い給料など…。

そこで「becomingminimalist」のライターJOSHUA BECKERさんは「比べることをやめて、自分だけの人生を生きよう」と提案。どうやら、比べることが癖になっている人は「6つの考え」が存在するとのこと。

また、どうやったら自分らしく生きられるのかという「6つの方法」も紹介しましょう。

考え方.1
本当は必要のない「贅沢品」で
比べている

5d040fdc1cfc40242f4df04de023343980760b7b

普段、比べるものって人生に必要のないものがほとんど。どこかで、人の所有物を見てその人を判断するのが癖になっていませんか?

オシャレな洋服や乗っている車、住んでいる家、稼いでるお金、その人の見た目、SNSのフォロワー。挙げれば切りがありません。でも実際、外見や所有物から判断するのって間違っていると思いませんか?

結局、これらは本質的に「人生には必要のない贅沢品」。資産って、自分自身の価値を正しくは表せないんです。

考え方.2
「最悪なモノ」で比べている

だって、そういう人たちは「いかに外見で魅せるのか」ということに慣れているし、うまいから。

結局「自分の最悪なモノ」と「あなたのイメージが作り上げた相手のモノ」を比べてしまっているんです。大丈夫。あなたが思っているほど、彼らの人生は完璧ではありません。

考え方.3
比べ始めたらキリがない

この世の中に比べられるモノは、数え切れないほどあります。さらに言えば、比べられる人も数え切れないほどいます。

一旦、その道に足を踏み入れてしまったら、二度と戻ることができなくなります。

考え方.4
人生は他人の評価じゃない

98bd567f4cb3a0a3182a393f18940b5db5a16406

どれだけ他人と比べても、じつはあなたの人生にとってそれほど「重要ではない」ことです。たとえ良い思いをしたとしても、その瞬間の欲を満たすだけで、長くは続かないもの。

人生の本当のゴールは、自分に正直に、自分ができることを精一杯やること

考え方.5
関係ない人にまで
目を向けてしまう

あなたの人生はあなたにしか決められません。もしも比べ続けてしまったら、せっかくの貴重な時間を他人のために無駄にしていることになります。

考え方.6
あなたの幸せを奪う

比べることは「自分は誰なのか」や「自分がどんな人間か」を知れるワケではありません。大抵の場合「自分がしてこなかったこと」や「自分にないもの」を後悔するだけです。

結局あなたの幸せを奪い、あなたに“ないもの”を思い知らせるだけ。

じゃ、どうしようか?

ここまでみてきたように、比べることは「あなたの幸せ・喜び・達成感」を壊してしまうだけ。その行く先は、人生を台無しにしてしまうでしょう

では、どのようなことができるのでしょうか?「6つの方法」を見ていきましょう。

方法.1
自分を見つめ直す

8ac3a8609f5bd77d2bc226323efd2434a2d2821c

どうせ気分が悪くなると分かっているなら、なぜ比べる必要があるのでしょう?もっと嫉妬したい?きっとそうではないはず。時には、自分の悪い癖を見直すことも重要です。

方法.2
自分を褒めてあげる

たくさんの「誇れること」があなたにもあるはず。それは、アーティストであることかもしれないし、よく話を聞いてあげることかもしれない。

あなたはあなたなのだから、人と比べることに意味などないのです。それは、たとえるならリンゴとオレンジを比べているようなもの。もともと違うモノ同士なんです。

方法.3
自分の内側の声に
耳をすませる

「寛容さ」「人間性」「優しさ」「愛」といったものに価値を見出すことが大切です。自分の内側にもっと意識を向けましょう

そのうち、外見には興味がなくなるはず。それが早ければ早いほど、自分の中に本当の「美」を見つけることができるでしょう。

方法.4
自分のペースで歩く

確かに、競争が必要な時もあるでしょう。でも、人生すべてが競争というわけではありません。

一人ひとりの人生があり、それぞれが正解なのです。一歩立ち止まって、他人と競うことをやめてみましょう。

方法.5
「自分らしさ」にゴールはない。
追い続けること

Fc1cc0ca3ab7dcb8203a5d52ad9b2b390a7c8204

私たちは、「完璧こそ素晴らしい」と思い込みながら社会を生きています。だから雑誌には、たくさんの“完璧”なモデルの写真が載っているのです。本当は彼女たちにもネガティブなところはたくさんにも関わらず、それは雑誌からは見えてきません。

覚えていてほしいのは、写真がすべてを語るわけではないということ。結局のところ、誰ひとりとして完璧ではないのです。

方法.6
自分としっかり向き合う

多くの人が、目的や意図をしっかり持って行動しているようには思えません。あなたは、集中できる場所で「自分と対話する時間」をとっていますか?考える暇もなく反射的に行動していませんか?もし、目的や意図を持っているならば、他人と比較することへの興味が薄れるはず。

もちろん、人間だから比較してしまうのは仕方のないこと。

でも、そこから得られるものは、じつは何もないのです。他人の人生を生きるわけではないし、嫉妬をしている時間も無駄になってしまいます。「あなたにしかできないこと」があるはずです。

Licensed material used with permission by becomingminimalist
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
ホワチャー!と聞けば思い出す。華麗なヌンチャクさばきをマネしたことがある人も多いかもしれない。俳優であり、武道家であり、脚本家でもあったブルース・リー。生...
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
仕事に没頭して、気がついたら今日も深夜…。やりがいを感じることもあるけど「私の人生ってこのままで良いのかな?」と思うことだってありますよね。そんな「クオー...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...