【朝8時開店】おいしいコーヒーと朝食で気持ちよく朝を迎えられる「世界基準のカフェ」

誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても心地いい雰囲気が充満していたり。

ではそのお気に入りの場所へ、朝いちばんで訪れることはできるだろうか?

世界のコーヒータウンは
朝イチから人で賑わう

ポートランド、メルボルン、レイキャビク、イーストロンドン…世界のコーヒータウンの朝はどこも早い。それに比べて東京はどうだろう。スタンドやカフェで飽和状態だというのに…。その実、朝イチから気持ちよく過ごせるカフェは意外と少ない。

4ad4ee2beb113c4a0abc143d5403ed1327e81ac9

たとえばこれは、メルボルンの朝の風景。毎年コーヒー・エキスポが開催され、今や「世界一カフェのある町」としても有名になった当地には、2つとない個性を放つカフェが点在し、仕事に向かう前のビジネスマンやランニングを終えたジョガーたちが、思い思いに朝のひとときを楽しんでいる。

もちろん朝に限ったことではないが、この町の人たちは1日のなかのカフェで過ごす時間をとても大切にしているようだ。それも、自分のお気に入りの店で。

メルボルンのカフェ文化を継承
「LATTE GRAPHIC」

地域の人たちの生活に根付いたカフェのあり方、そこに感銘を受け、オセアニアスタイルのカフェ「LATTE GRAPHIC」が東京郊外の町田市に誕生したのは、2013年1月のこと。オープンは朝7時。チェーン店やコンビニで済ませたくない地元のコーヒーギークたちから高い支持を得ていたこの店が、3月末、満を持して都心(目黒区自由が丘)に上陸した。 

駅から徒歩1分の好立地で、朝8時開店。ビジネスタウンとは縁遠い自由が丘、それでも(いや、だからこそか)職種も、年齢も、ライフスタイルも違う人たちが、開店と同時に好きな場所に席をとり、それぞれの一日をスタートさせている。愛犬の散歩ついで(犬の同伴OK)にコーヒーだけの人もいれば、朝ごはんを楽しみにやってくる人も。

濃厚な口当たりを楽しむ
オセアニアスタイルのコーヒー

D8d6dabc0e35b7f8b2d4ba5574faa92dc8cf4051

さて、まずはコーヒーだ。

メルボルンで親しまれているコーヒーの飲み方が「フラットホワイト(Flat White)」。きめ細やかに泡立てたスチームミルクをエスプレッソに注ぎ入れたものだが、オセアニアスタイルの特徴は、この濃厚なミルクの口当たりにある。

これをLATTE GRAPHICオリジナルの「バリスタ育成プログラム」で、トレーニングを積んだバリスタたちが、丹精こめてドリップしていく。お客のコーヒーの好みをコミュニケーションの中から見つけ出し、自分だけの1杯に仕上げてくれるのもうれしい。こういった心配りひとつあるだけで、毎日だって通いたくなる“フェイバリット感”は、ぐんと増すものだ。

199653a6cd2ba32314ba6ac69f5cf9eff0a1d53c

水を使ってゆっくりと8時間かけて抽出する、限定10杯の「水出しコーヒー」は、これからのシーズンぜひトライしてみたい。柔らかく、すっきりとした味わいながら、良質な甘みと、まろやかな苦味が同時に楽しめる。

おいしいコーヒーがあることは大前提。でも、世界基準のカフェの魅力はそれだけじゃない。ヘルシー派にも朝食からガッツリ行きたい人にも、どんなニーズにもおいしく応えてくれるフードあってこそ。じつはこの部分こそ、LATTE GRAPHICの大きなセールスポイントだと、あえて強調したい。

自由な発想が
「朝食」に反映されている

Ff931a4264638e1fdd150ca0fdb09bf8b720d345

メルボルンの人たちは、一日のはじまりである朝食を大切にする習慣がある。とはいえ、朝からボリュームあるものをお腹いっぱいに食べる…であれば、よその都市でもできること。この町の人々は、食材の鮮やかさを重視する。タマゴやベーコン、トマト、アボカド、ケール…、すなわち栄養のバランスに気を配りながらおいしく食べようという意識が強いらしい。

21dc6456a89b5c02468f5623b23d522a91d0a739

こう書いておきながら上の画像を見ると、鮮やかさに欠ける印象を持つに違いない。それもそのはず、エッグウィズトーストにミニヨーグルトとドリンクがセットになった、あくまでこれは基本のモーニングプレートだから。

エクストラメニュー(100円〜200円)とはなるが、ここにベーコンやサーモン、ハーブソーセージ、アボカドなどを自分好みに追加してカスタマイズしていくのがメルボルン流。

このほか、定番の「アサイーボウル」や、アボカドのディップをたっぷりパンの上にのせたオープンサンド「スマッシュアボカド」など、体調に合わせて朝食を選ぶ楽しさは事欠かない。

多国籍タウンの食文化を日本でも

7b83deab077adbb3fe9f5e078c1e973c68cae4c7

メルボルンが位置するビクトリア州は、外国からの移民が最も多い州として知られている。カフェにも色濃く表れる多様な食文化の背景まで、忠実に再現したLATTE GRAPHIC。ランチにもディナーにも、シーンに合わせた豊富なメニューも◎。

A5aae876b4e8dd78625f5ba7e60011a48bdcedf0

鉄分豊富なビーツにアーモンドミルクを加えてつくる「ビーツのフムス」を付け合わせのビスケットにのせて。

2b2bd02def4b734f0b4219debb1fc06568c97d37

オーストラリア発祥スイーツの「ラミントン」は、スポンジケーキをホワイトチョコとラズベリーのソースでコーティングし、ドライココナッツをまぶしたもの。

ベビーカー置き場に
さらには授乳室も完備

1383b4a708cc3a775a1f0b6848b56d8508b8a607

フリーWi-Fi、電源コンセントはもちろんのこと、自由が丘という土地柄だろう、多様な利用客を見込んで、ベビーカー置き場、さらには授乳室まで完備。では、子連れ客ばかりでガヤガヤしているか?どうやらその心配は無用。こちらもオセアニアスタイルの広々した店内の好みの場所に陣取ればいい。 

メルボルンをそのまま東京にもってくると、つまりはこういうこと。世界基準をカフェでのひとときを通して体感してほしい。いつどんなとき訪れても、人生を豊かに彩る、そうした雰囲気を提供してくれる場所だから。

レコード盤に針を落とすように、一日のうちのほんの数時間をカフェに流れる時間に重ね合わせてみてはいかがだろう。朝イチからがおすすめなのは言うまでもなく。

【店舗概要】
LATTE GRAPHIC Jiyugaoka
・所在地:東京都目黒区自由が丘1-8-18 2F
・営業時間:8:00 ~ 23:30(L.O.23:00)
・席数:70席
・アクセス:東急線自由が丘駅南口出口徒歩1分
・電話:03-6421-2242

Licensed material used with permission by LATTE GRAPHIC
窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。ワーキン...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
シアトルで「I Love Coffee」(こちら日本語版)というサイトを始めて、もうすぐ5年が経ちます。コーヒーのサイトを運営していると、やっぱりコーヒー...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
18世紀オーストリアにおいて絶大な政治力をもった女帝マリア・テレジア。あのマリー・アントワネットの母親です。大のコーヒー好きだったとされるマリアを、この国...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...