コンビニで缶ビールを買うくらいなら、この「ハイネケンの樽生」を買うべき。

だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物の生を自宅で味わいたい。

そんな人にオススメなのが、この5リットルの「ハイネケンの樽生」です。

ハイネケン好きには
たまらない

Cd672e255c2b55a0516c606eb9ae04e73e9c8977

オランダのお馴染みビール、ハイネケン。日本でも瓶や缶のものが販売されていますが、この樽では本場さながらの「生ビール」が楽しめます。

必要な準備は、飲む前に10時間ほど冷蔵庫で冷やすことだけ。樽から直接、自分で注いで飲むことができます。

ワンタッチで簡単に
キレイに注げる

電源や機材は一切不要。専用パーツを取り付けるだけで、ワンタッチで簡単に、キレイにビールが注げます。

電源不要なのでアウトドアにも最適。この樽ひとつでどこででもパーティーができちゃいます。これからの季節、ピクニックやバーベキューにも大活躍。お店でもなかなか味わえない「生のハイネケン」が楽しめるので、盛り上がること間違いなしです。

冷蔵庫で保存できる
サイズ感

また、一度に全部飲みきれなくても大丈夫。残ったものは冷蔵庫に入れて保存できます。開封後30日間は、新鮮な風味そのままに保存が可能。

高さ約28センチと、見た目の迫力の割りには小ぶりなので、家庭用の冷蔵庫にも意外と入るようです。しかも開封後に横にしてもこぼれないので、縦で入らなければ倒して入れちゃいましょう。

E9f91fd5a2b0f88b29e7176267d828ff301a1a9a

カワイイ見た目なので、飲み終わった樽はオシャレなインテリアとして部屋に飾っても。

今すぐ欲しいハイネケンの樽生は、5,800円(税込)で販売中です。270mlのビアグラスに約18杯分の量なので、グラス1杯で考えると約330円。そう考えると、とってもお手頃な気がするのは私だけでしょうか。

Licensed material used with permission by DRAFT KEG JAPAN
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
ビールのCMというと、芸能人がグビッと飲んで「うまい!」といったイメージがある。でも、オランダのビールメーカー「Heineken(ハイネケン)」の映像には...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビ...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...