あなたのアイデアが「クリエイティブ」になる、ちょっとした7つのコツ

あなたの周りにもきっといる、クリエイティブで斬新なアイデアをどんどん生み出す人。

彼らのように仕事をするためには、キレのある頭脳と集中力が必要ですが、それ以外にもいくつかの秘密があると言います。

Elite Daily」の人気ライター、Paul Hudsonさんがまとめた、7つの特徴を紹介しましょう。

01.
すぐに「ダメなアイデア」だと
切り捨てない

2915c64ce2240d893012fe0ce6f5a69114363b73

私たちは、それが何なのかも分からないうちから決めつけてしまうことがよくあります。初めて会った瞬間から、その人のことを決めつけてしまったり、食べる前から見た目やにおいで決めつけてしまったり。巡り合うものすべてを、だいたい1分以内で決めつけてしまうのです。

それは、自分に置き換えても同じ。アイデアが浮かんだとき、自動的に決めつけてしまいがち。アイデアなんて、だいたいどれも「良い」「ダメ」「くだらない」「アホらしい」「バカげてる」のいずれか。

最高のアイデアだって、一見「ダメなアイデア」に見えることだってありますから。

02.
でも、実際にダメなアイデアは
ダメだと受け入れる

アイデアというのは、すべてが同等に生み出されるわけではありません。どんなに可能性を見出そうとしても、ダメなアイデアはたくさんあります。さすがにそれは切り捨てなければなりません。

ただ、何度試しても結局ダメだった、というものもあります。でもそれはアイデアがダメなのであって、あなた自身がダメなわけではありません。自分に自信を持つようにしましょう。

03.
ノートに書き留めるクセを

6b65f912532674c5344308d9c81571de5d5a6a57

今や、紙とペンを持ち歩く人はとても少なくなりました。スマホでメモを取るのもありですが、アイデアをまとめたり、ビジュアルで覚えておくにはノートがおすすめです。

アイデアを無駄にしてしまうのは、とてももったいないこと。だから、メモ帳に書いておきましょう。「いいアイデアなら忘れない!」と思うかもしれませんが、きっとたくさんのアイデアが抜け落ちているはず。

04.
他人の意見を
受け入れる

クリエイティブな斬新さ、あるいは斬新なクリエイティブさ。それを持ち合わせる人は、どこで誰がどう言ったとしても「良いアイデアは良いアイデアだ」と理解しています。

つくりたいものがアートでもビジネスでも、最終的にあなたのアイデアによって「生まれたもの」を買うのは、自分ではなく他人です。

だからこそ、他人の意見を聞くことは大切。もちろん、すべてが良い意見だというわけではありませんが、人に意見を求めることは恥ずかしいことではありません。もしかしたら鋭い意見を聞けるかもしれませんし、たとえダメな意見でも、そこから素晴らしいアイデアにつながることだってあります。その可能性は、誰にもわからないのですから。

05.
いつでも自分の勘を
信じている

4227bb296246121f5d6ea844e9baab66745be32a

結局のところ「完成品」とは、自分が費やした努力の結果であり、選んだ選択肢を示すもの。ただ、自分がこれだと信じるものを選び、決断しなければならないときもあります。

たとえ他の人が賛同しなくても、あなたが舵を握っているのなら、行きたい方向へと進めていくべきなのです。自分の勘を信じることは、時として最も影響のある選択となり得ます。

たとえばアイデアにピンときて、それが必ずうまくいくという確信が持てるとき、あるいはうまくいかないと確信が持てるまで、突き進むのみです。

06.
全体像を見失うことなく
細部まで気を払う

大切なのは細部ですが、まず大枠がなければその細部は意味をなしません。細かい詳細にまで目を向けることはとても大切で、それこそが「美と完璧さ」をいちから作り上げてくれるものだからです。

しかしプロジェクトが大きくなり、層が増し、工数が多くなると、物事を整理することは大変になってきます。最高の仕事は、細部までこだわったものに息づくのです。

07.
リラックスした精神が
クリエイティビティを生む

7041b6ab6151821a5a517132f8db4687d84417a8

これが一番難しいことかもしれません。自由にアイデアが生み出されるようにするにはどうすればいいのでしょうか?

私たちの生活は、とかく余計なものに邪魔されがちだから、まずは心がアイデアを生み出せるような状態にすることが大切です。とくに、良いアイデアを生み出せる人は、心を落ち着かせて目の前にある仕事に集中する方法を知っています。

そういう落ち着いて集中できる環境にならなければ、クリエイティブな可能性を引き出すことはできません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ノースウェスタン大学で行われた調査の結果、クリエイティブな人ほど、注意力散漫な人が多いことがわかったそう。同大学のHPによれば、生理学的には初めての証拠と...
「I Heart Intelligence」において、ライターのEevee G氏が、クリエイティブな人の19の特徴について書いています。人とは違った視点で...
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...
才能に溢れ、枠にとらわれずに生きるクリエイティブな人。とても魅力的な彼らですが、こと恋愛となるとなかなか大変。何を考えているのかわからず、振り回されること...
足の踏み場がないくらい部屋に物が溢れてます。というあなたに朗報!天才の部屋は散らかっているなんて話をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、どうやら散ら...
会議が煮詰まってきたとき……「何かいいアイデアはないか?」と聞かれても、なかなか難しいものですよね。部屋全体に「うーん」という重い空気が充満していくシチュ...
「クリエイティブでイノベーティブな発想とは、生まれ持った特性ではない」そう書いているのは、心理学業界で精神の成熟度を測れる指標として知られている「EQ(心...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
安定感のある、午前9時から夕方17時までの仕事。多くの人は、時間に余裕ができるし、安定していて将来に備えられるという理由で選ぶかもしれませんが、もっと自由...
優秀なスポーツ選手に名コーチがつきもののように、人がより良く生きるためには自分のメンターになってくれる人の存在が必要です。「Inc.」に寄稿するライターの...
天才肌の人には、無計画な人が多い。どうやらこれは、イメージだけではないようです。実際にそういうタイプのほうが、クリエイティビティに富んでいることが多いので...
無意識に「泣くこと」を、我慢したり避けたりしていませんか?「Elite Daily」の女性ライター、Candice Jaliliさんも、そんな涙を見せるの...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
旅こそひとりの人間として成長するための良き師であり、インスピレーションの源だ。そして旅という最良のツールとリソースを、より多くの方々に活用してほしい。自著...
今日こそ、仕事終わりにはなにか普段できないクリエイティブなことをしよう。あれ?飲み会の予定が入っちゃった。そしたらまた明日かな...なんて、あなたの才能を...
「クリエイティブ」と聞くと、はるか遠くの、難しいことのように感じる人もいるかも知れません。しかし、それぞれのジャンルで結果を残してきた偉人たちも、同じ課題...
2017年4月25日、女性ライターErin Chackさんに待望の赤ちゃん(?)が生まれました。出産のまさにその瞬間をTwitterで投稿(のちにInst...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...