医学博士が教える。オトナ女子が取り入れるべき「4つの習慣」

テレビやインターネットでは「この食材が体に良い!」と様々な野菜や果物が紹介されています。同じものだけを食べて健康になるならこんなに簡単なことはありませんし、継続して摂取できるかも微妙なところです。

医学博士、小池弘人先生監修の書籍『オトナ女子の不調をなくす カラダにいいこと大全』には、健康法(体はもちろん、心も含む)に唯一の正解はなく、体内環境を整え、ストレスをなくすことが基本だと書かれています。

ここでは、小池先生が推奨する「習慣にしたい健康のコツ」のなかから、4つを厳選して紹介します。きっと、あなたの体と心の「自然治癒力」を高めてくれるはず。

01.
睡眠は「量より質」

83cff27fc26782a620684df2936f56e783113748

ある調査で、毎日6時間未満の睡眠を続けた場合、6時間以上睡眠をとっている人と比べて、脳卒中や心臓発作などのリスクが2倍近く上昇することが分かりました。この調査では、6~8時間の睡眠がベストという結果が出ましたが、忘れてはいけないのが睡眠の質です。

たとえ6時間寝ていても、浅い眠りでは疲れがとれません。それならば、深い眠りを4時間続けほうがマシです。深い睡眠をとるためには、就寝前にリラックスタイムを設けることが大切。

・床に入る前にパソコンを開かない
・半身浴をして体を温める
・ホットミルクを飲む
・おだやかな音楽を聴く

など、自分なりのリラックス法を実践することが重要です。

02.
「呼吸」を意識する

Ef548c9c8a23c9346adf662ab8fddb701d49f185

イライラや緊張は、誰にでも起こるもの。ただ、この状態が続くと過剰なストレスになってしまいます。こうした心の乱れを整えるには「呼吸」を意識するのが一番です。

ここで紹介するのは「マインドフルネス」と呼ばれる瞑想の一種で、パニック障害やうつ病などの治療にも取り入れられている心のトレーニング法です。緊張すると交感神経が刺激されて、呼吸が浅くなります。そこで鼻呼吸をすることで心身を安定させるのです。

鼻呼吸のやり方は簡単。目は軽く閉じ、あごを軽く引いて肩の力を抜きます。背筋を伸ばして手はラクな状態にしてください。そして鼻から息を吸い、鼻から吐く。これをゆっくりと呼吸を味わうように3分間続ければOKです。

この呼吸方法は、場所と時間を選ばないのがメリット。イライラを感じたり、緊張したりする場合は、呼吸に意識を向けてみましょう。

「頑張れ! 自分!」

と鼓舞しなくても、自然と心が整ってきます。

03.
IT機器やテレビから
離れる時間を作る

「日本人はスマホやパソコンに1日7時間を費やしている」というデータがあります。

普段から隙間時間にSNSやメールのチェックをしている人も多いと思いますが、人間が一度中断したことを再び始めるのには、約25分かかるそうです。つまりその都度、集中力を分断しているということ…。当然、仕事の効率にも影響します。

長時間、インターネットから情報を受け取っていると、自分自身で物事を決める決断力や思考力が鈍り、結論ばかりを求める傾向に。日々の生活の中で、IT機器から意識的に距離をとってみてください。もし「社会からとり残される」と思ったり、寂しい気持ちになってしまったりしたら、それは「情報依存」の証拠。もっと直感を大切にして、内なる声に耳をすませてみましょう。

こうして意識的に情報を遮断するだけでも、たくさんのメリットがあります。

・メールなど、メッセージの返信がないことにイライラ、ソワソワしなくなる
・物理的に離れることで、他のことに集中できる
・情報に振り回されないから、自分に余裕が生まれる

スマホやパソコンから離れる時間を作ることで、あなたの仕事や家事が、もっと効率良く進められるかもしれません。

04.
過剰な洗浄が
肌の調子を悪くする

Cef4ecbcf64a56b765efeb246d5877d50486df2a

乾燥肌で悩んでいる人もいるでしょう。そんなあなたに有益な情報をひとつ。

それは、体の洗い方についてです。

肌の表面には善玉菌がいて、酸性膜を作り、肌を守ってくれています。ところが、ボディーソープなどを使ってゴシゴシ洗うと、善玉菌や皮脂まで流してしまうのです。肌に善玉菌がなくなると、バリア機能が低下して、乾燥や肌荒れを招くことも…。

毎日体を洗わないと不衛生だと思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。湯船に使って優しく肌をなでるだけでも、たいていの汚れは落とせます。

そうはいっても、汗や匂いの気になる季節にはボディーソープを使って洗いたくなるもの。特に耳や首の後ろ、脇の下、デリケートゾーンは清潔にしておきたいところです。そんな時はボディーソープを、よーく泡立てて優しく洗うようにしましょう。泡立てネットを使うと簡単に泡を作れます。

肌がかゆい、乾燥気味…というのであれば、洗い過ぎが原因かもしれません。コンディションを整えるためにもお風呂の入り方を変えてみてください。

「体が冷えるということは血流の悪いところがある。つまり、体内のバランスが崩れている証拠。女性がよく生理痛や、頭痛、肌のトラブルなどに悩んでいるのは、冷えに...
「どうも最近よく寝つけない」「仕事をしていると肩がこってツラい」「毎日イライラしている」。他人からするとちょっとしたことかもしれませんが、本人からすれば大...
独立心があり、負けん気が強く、自分をもっている大人な女性には、どうも「付き合いにくい」というイメージが付いて回る。異性からも同性からも。いわゆるデキる女性...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
「めちゃくちゃ簡単すぎて嘘だと思った。でも、試してみたら1分もかからずノックアウト。いつの間にか寝落ちしてた…」ホントなの?と思ってしまっても仕方がないほ...
「歯磨き粉、ブラシ、磨き方を変えるだけでは、歯の健康を保つことができません」。そう語るのは、歯学博士である滝澤聡明さん。彼の著書『顎がゆるめば、不調は改善...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
最近、モテる女子のキーワードになっている「うさぎ系女子」。うさぎみたいにキュートでもふもふ・ふわふわとしたイメージを持つ女性を指す言葉であり、見ているだけ...
女子力という言葉が使われ始めて、しばらく経ちますね。当初の使い方と比べると、最近の女子力という言葉の使われ方や認識に疑問をもつ女性もいるようです。「女子の...
女子と男子の間での「可愛い」の認識の違いは、よく耳にする話題のひとつですよね。たとえば、自分がすごく可愛いと思っている大切な女友達を男子に紹介したら、「期...
女子力が高い!と言われる人は男性だけではなく、女性からも支持されることが多く、華やかな印象です。が、どんな人が女子力が低いと見られてしまうのか、共通点する...
見た目は草食系なのに、中身は肉食系な女の子。つまりは「ロールキャベツ」みたいな女性を指して、ロールキャベツ系女子。おしとやかな見た目とのギャップにドキッと...
女子力が高い人は男性からだけでなく、女性からも人気がありますよね。羨ましい限り…。ここでは、そんな女子力の高さに隠されたヒミツを探ってみましょう。たとえば...
動物の「○○系女子」の中でもポピュラーな「猫系女子」。猫といえば気まぐれで、でもときには甘えてくる愛らしいイメージがあります。マイペースな小悪魔女子とも評...
子犬のように人懐こいとされる犬系女子ですが、どのような特徴があって、どんな恋愛をするのでしょうか。犬といえば、飼い主に忠実とされる動物です。犬系女子と上手...
アボカドの高い栄養価は、もはや誰も疑いようのないところ。だけど、「体にいいから食べる」なんて漠然とした効果を期待しているだけではありませんか?医学博士のF...
恋愛はもちろん、仕事や趣味など自分がやりたいことに積極的な肉食系女子。「私もそうなれたらいいな」なんて、憧れの気持ちを抱きながら見ている人も多いかもしれま...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...