とにかく山陰地方に行きたくなる「3分30秒」

日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。

これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかってくらいに凝縮された動画。

3分30秒の旅

44408d2e2a9e105f714c5b64fb71dcd71ec559ff

動画は、あまり見たことのないドローンで撮影した鳥取砂丘から始まります。こんなに海岸って近かったっけ?

Ca1c786232766a371ebe403fdd7c1995e617bcb0

浦富海岸。そこには日本海の荒波の迫力が。それにしても、海底まで見えるほどの透明度。

C4236f6c054f65933780fdc6a9645546090e435a

逆さ大山。ため池は、まるで鏡のよう。

F2d791a4f201d8fc9e118141ef2dc5b76ea88db4

魅力は自然だけではありません。

カニの水揚げ量日本一である境港。見学ツアーも行われていて、セリや入札場の様子も体験できるとか。美味しそう…。

5f5ef463c3915f2c01ecd12e3f4725c6fab929b9

今にも、太鼓と笛の音が聞こえてきそうな石見神楽。最近は、演目によって花火の使用もあるらしい。

03b92f01549386512dc2d9db8c6967190109cd3c

奥出雲たたらの様子。見ているだけでも、熱くなってくる。

0df6583ead307946c8d6e4770839713b4e0248ad

太皷谷稲成神社の千本鳥居。

ちなみに、「再生回数が山陰の人口よりも多い」なんてコメントも。確かに、山陰の人口は約141万人に対して、約270万回再生されています。

Licensed material used with permission by 山陰インバウンド機構
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...