コスプレで 「人種差別」の壁をぶち壊す黒人女性インスタグラマー

アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。

「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-American History Month(アフリカ系アメリカ人月間)」と呼ばれ、アメリカ政府がオフィシャルに指定する記念月間として広く浸透している。

目的としては、黒人の民族的なルーツを見直すこと。黒人同士を尊重する気持ちを強めること。そして、人種偏見の弊害を明らかにすることが挙げられる。

3年ほど前からこの2月を記念して、InstagramやFacebookなどのSNSでは、28日間連続でコスプレをするというプロジェクト「#28 Days of Black Cosplay」がはじまった。黒人や混血などの人種がコスプレを楽しむことで、人種差別の壁を打ち砕くという狙いがあるようだ。

現在、アニメや映画のキャラクターのそっくり度で注目を集めているのは、バージニア州出身のKiera Brownさん。変幻自在の黒人女性コスプレーヤーとしてInstagramで37万5千人ものフォロワーがいる。

多くの人々を惹きつけるKiaraさんの七変化。日本でもお馴染みのキャラから、マニアックなキャラクターまで紹介しよう。 

左がKieraさん、右が元ネタ
ディテールまで本物そっくり!

#1 プリンセス・キーダ
『アトランティス 失われた帝国』

#2 ハーマイオニー
『ハリー・ポッターシリーズ』

#3 メルポメネ
『ヘラクレス』

#4 チェル
『エル・ドラド 黄金の都』

#5 ガーネット
『スティーブン・ユニバース』 

#6 ステボニー
『スティーブン・ユニバース』

#7 カナシミ
『インサイド・ヘッド』

#8 Korra
『The Legend of Korra』

#9 ツィッポラ
『プリンス・オブ・エジプト』

#10 Beret Girl
『An Extremely
 Goofy Movie』

#11 チップ
『ホーム 宇宙人ブーヴの
ゆかいな大冒険』

#12 ミチコ・マランドロ
『ミチコとハッチン』

#13 キム・ポッシブル
『キム・ポッシブル』

#14 レジー
『ロケット・パワー』

#15 ペニー・プラウド
『ザ・プラウド・ファミリー』

ちなみに、#14は、コスプレを始めた時の写真。そして、#15は、Kiaraさんの叔母がこのアニメの大ファンで、彼女がこのコスプレをした時には、大喜びだったそうだ。

日本発のオタク文化が、人種差別の壁を打ち砕く一翼を担う。マーティン・ルーサー・キング牧師やマルコムXが、この事実を知ったらどういう反応を示すだろうか。Kiaraさんは、現在、21歳。SNSを通じた新世代の黒人たちによる、まったく新しいタイプの人種差別反対運動のムーブメントが加速しようとしている。

Licensed material used with permission by Kiera Brown
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
米シアトル、ボーイング社の工場で特別仕様にペインティングされたANAの飛行機「R2-D2 ANA JET」が、2015年10月2日、ついに羽田空港に着陸し...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
こんなにクールな卒論、聞いたことない。小説や詩集、脚本など、様々な創作品を論文として提出できるという、ハーバードの英文学科。ここに所属する学生Obasi ...
会場には完成度の高いコスプレを披露するために、多くのコスプレイヤーが集まります。彼らと写真を撮るために目指してくる人もいるそう。その中でも、ひときわ目を引...
今年もハロウィンがやってくる。いつの頃からか、日本人にとってのハロウィンは仮装やコスプレをして街を練り歩くことになってしまった。もちろん、それはそれで楽し...
5歳のBarbaraちゃんは、プロのキッズモデルではなく、ごくごく普通の家庭で育った女の子。ただ、ちょっと普通の家庭と違うのは、中学校の先生をする母親のA...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
1864年、アメリカではそれまで奴隷として扱われていた黒人たちが、リンカーンの奴隷解放宣言により長年の奴隷生活から解放され、自由を手にしました。ショーン・...
僕がキューバに訪れた時には、よく中国語で話しかけられた。また、アメリカでは韓国人に間違えられることが多かった。見た目が似ているからだろう。その度に、どこの...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
世の中には、変わったアートもあるもので…。ここで紹介するのは、海外で使われている硬貨に大胆にもペインティングしてしまった変わり種。日本円だと罰せられる可能...