「エジプト版ウォーリー」を探せたら誇りに思うべき理由

イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したいのは「エジプト版ウォーリー」。しかもただ探すだけではありません。深いメッセージも込められています。

なぜエジプト?メッセージ?考える前にまずはトライしてみてください。

以下3枚のイラストの中には、ウォーリーの代わりに「女性」がいるそうですが、あなたは見つけられますか?

ヒントは左上

Medium aaf15c0cadca3cc516bd9dc474c8b7bedd93df57

さあ次も。諦めないで!

Medium 319d6d6f1e580a884df9ff19eb6feab3f293ac0fMedium 3c0914d82118d3ef0c6dec52062de87ca4d265c7

そこまで
難しくあるべきではない

実はこれらのイラストは、海外の広告代理店が日本人イラストレーターと共に、UN Women Egyptの運動としてウォーリー風に作り上げたもの。エジプトでは女性が労働人口の23%しかいない、という事実を風刺しているのです。1枚目はテクノロジー業界、2枚目は政治、3枚目は科学分野の様子が描かれていて、これら3つは、将来的に特に状況が改善されそうな分野とのこと。

さらに、それぞれのイラストの右下を注視してみてください。こんなメッセージが書かれています。

テクノロジー/政治/科学で女性を見つけることは、そこまで難しくあるべきではない。 平等のため、皆で一丸となって取り組もう。

この運動に携わった広告代理店のFiras Medrows氏からもこのようなメッセージが。

「労働人口の中で女性の割合はとても低いですが、この問題は未だにほとんど注目されていません。このように時間を費やして見る広告を作ることで、この議題への関心を高めたいのです」

見つけられましたか?

Medium f24e15e2c217ec0b5d5dc3e0bcb7dd7835f4b1e9

(1枚目の答え)

どうでしょう。見つけられたあなたはもしかすると、男女が平等に働くということに対して理解が深いのかも?ちなみに私は答えを見ながらでも時間がかかりました…。

このプロジェクトには、絵本『迷路探偵ピエール』を出版した「IC4DESIGN」という日本のデザイン事務所も関わっています。4/1(土)〜4/14(金)の間、広島市中区袋町8-18「ref.(レフ)」にてイラスト展を開催中。

Licensed material used with permission by Salt & Water design studio, DDB DUBAI and IC4 DESIGN
みんな大好き『ウォーリーを探せ』。群衆に紛れた赤白ボーダーのメガネくんを探す。世界中の老若男女を虜にするそのシンプルすぎるミッションは、ときに我を忘れるほ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
昔に比べれば、「男だから」または「女なのに」といったジェンダー差別発言は少なくなってきたかもしれません。しかし、男女の見られ方は今もまだ随分違います。そも...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...
先進国では男女平等の意識が高まりつつあるかもしれませんが、世界にはまだまだ「女の子だから」という理由でつらい思いをしている子どもたちがたくさんいます。ガー...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
女性にとって「生理」は、切っても切れないものです。時に体調が左右されたり、時に理解を得られずに苦しんだり。ドラマ 『SUITS』などで女優として活躍する一...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...