大西洋を渡ってアレンジされた「アルゼンチンの餃子」

世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつくるのですが、これがじつにエキゾチック。

餃子とパイのハイブリッド
「エンパナーダ」

D697c3a99905447d7bbbb97b05d8d3e70487827a

中東料理やインドのサモサに起源があるなど、エンパナーダがアルゼンチン料理として広まった理由には諸説あります。少なくとも、スペインにはパイ生地を使ったエンパナーダがあり、それがアルゼンチンに伝わり、パイ生地ではなく小麦粉のみの餃子ライクな「皮に包む」ものが浸透したようです。

コース料理の一品として、もしくはパーティーやお祝いごとの時に食べられるのだとか。

では、餃子の皮をつかって再現にトライ。

〈材料:10個分〉

餃子の皮:10枚
玉ねぎ:1/2個
牛ひき肉:100g
塩:小さじ1/4
ゆで卵:1個
とき卵:1個分

A 干しぶどう:10g
A パン粉:大さじ2
A クミンシード:小さじ1/2
A パプリカパウダー:小さじ1/3
A こしょう:小さじ1/6

〈つくり方〉

まずはあんから。玉ねぎはみじん切り、ゆで卵は粗みじんぎりにします。ボウルに牛ひき肉、塩を入れて粘りが出るまでこねたら、玉ねぎとAを加えてよく混ぜてからゆで卵を加えてさっと混ぜ合わせます。

餃子の皮にあんをのせて半分に折りたたみ、フォークで淵に跡をつけるようにしながら包んでいきます。クッキングシートをしいた天板にならべて、とき卵を塗り、180℃に予熱したオーブンで15分焼いて完成です。

世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂...
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
001 大陸:南米002 国名:アルゼンチン003 地名:パタゴニア、フィッツロイ山004 日付:2012.04.04「この景色、ずっと見ていたい」Abo...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
餃子といったら「焼き餃子」や「水餃子」、「揚げ餃子」なんて選択肢も。これら基本的にはしょう油ベースのタレをつけて食べるのが一般的。ですが東欧では、ひき肉を...
料理名に「パイ」と付いただけで、とたんに難しく感じてしまう人がいます。それは小麦粉を練った生地でつくる料理のイメージから。でも、アイルランドには「コテージ...
移民の国アメリカには、バラエティに富んだ多様な料理が、独自にアレンジされて誕生した歴史があります。たとえばよく知るジャンバラヤも、フランス系カナダ人の食文...
北アフリカ・チュニジアの代表的な料理に「ブリック」というものがあります。これは、好みの具材を小麦粉の皮で包み、パリパリに揚げた大きな揚げ餃子のようなもの。...
どうです、このはみ出んばかりのキャベツ。これでもか!とばかりに大量の千切りキャベツを挟んだご存知「沼サン」。最近話題ですよね。アレンジ自在の手作りボリュー...
オーストラリア・シドニー発祥のパイ専門店「パイフェイス」が日本に初上陸し、話題沸騰中。この可愛い顔した“ニクい”ヤツ、決して侮ることなかれ。全16種類!日...
薄く切った大根でお肉をはさんで焼くだけ。カンタン・ヘルシー・美味しいの三拍子が揃った「大根餃子」を紹介します!特徴は、ひと口しゃくっとかじると、じゅわあ〜...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。羽根つき餃子と言えば片栗粉...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
環境先進国のスウェーデン、国民生活の意識のなかにも「食材をムダにしない」は、浸透しているようです。そんな彼らのアイデンティティをまさに体現しているレシピが...
一見すると、だし汁に浸して食べる兵庫県の郷土料理「明石焼」に見えなくもない。けれどこれ、オーストリア・チロル地方の家庭料理として親しまれている「シュペック...
家庭的で素朴な味わいを求めて、多くのハリウッドスターもお忍びでやってくるという、ロサンゼルスで人気のパイとオーガニックコーヒーの専門店「The Pie H...