本気で勉強をしたいとき、恋人の存在はプラスかマイナスか。

彼氏や彼女の存在は、勉強をするにあたってプラスになるのか、それともマイナスになるのか。

たとえば、受験期間は異性との交際を我慢してストイックに勉強に取り組むほうがいいのか、それとも恋人の存在がモチベーションになって勉強の効率が上がるのか、なかなか一概には言うのは難しいかもしれません。

ここでは、勉強法のカリスマ山田浩司さんの著書『受かる勉強33のルール』のコラムを参照に、本当のところはどうなのか探っていきましょう。

とくにアメリカでは
社会的な問題に…

70d2c9502d309b4f88df9cf18b652e0e2e56f981

これまで、科学的な研究の多くは「異性との交際は学校成績の低下につながる」という結論を導き出しています。

とくにアメリカにおいて、早すぎる異性との交際が、10代の妊娠率を上昇させて、宗教上の理由で中絶できないときに進学という選択肢を奪うという形で社会的な問題ともなっています。

では、性行為のないカジュアルな交際だったら?
本当に学習のデメリットにしかならないのでしょうか?

「適度な交際」は
勉強にもプラス?

Ab7050820bc1d9f64d76d2065df71edb40f5eadd

この問題に、暫定的な答えを出している研究があります。

それが、2013年の「Evaluating Impacts of Early Adolescent Romance in High School on Academic Outcomes(高等学校における早期青年期のロマンスが学術成果に及ぼす影響の評価)」。

この研究では、中学3年生の男女約3,000人に異性交際のありなしと、追跡調査による高校卒業率や大学、短大進学率を調べたもの。グループはまず3つに分類。

1:異性交際していない学生(デートに行かない)
2:適度に異性交際をしている学生(週1回以下、性行為なしのデート)
3:頻繁に異性交際をしている学生(週1回以上、もしくは性行為ありのデート)

結果は…?

・20歳までの高校卒業率が
1:85% 2:86% 3:73%

・大学 短大進学率が
1:66% 2:71% 3:59%

一見してわかるように、頻繁に異性交際している「3」の学生は、最低にランクになっています。ただ、適度に異性交際している「2」の学生が一番高い数値なのは注目したいところ。つまり「性行為」を排除した場合、むしろプラスになっているのです。

大切なのは
お互いに高め合うこと

Ffd36fb6c6767a2bb1a7c7ed93b60cf15f1f7732

学生でこの結果は当然のような気もしますが、中学生や高校生などでの早期性行為は、学力に大きな弊害をもたらすでしょう。

頻繁なデートや性行為は勉強の時間を奪うばかりではなく、感情のコントロールがまだうまくできない子どもたちをトラブルに巻き込む危険性が高いのです。子どもたちは、交際がうまくいかなかった場合にネガティブになりやすく、それは勉強に集中できない大きな原因になります。

一方で、週1回以下の適度なデートは、勉強の時間を損なわないうえに、社交性や対人知能を発達させるのに有益だと見られています。

デートを経験することで自分に自信がつけば、勉強のパフォーマンスも良くなるでしょう。またパートナーの存在は、落ち込んだときに精神的なサポートになるうえ、ふたりで一緒に勉強することで、効率が上がる可能性も秘めています。

「資格を取りたいけど、具体的にどんな勉強をしたらいいのか分からず困っている」という人は多いでしょう。人材系ベンチャー企業の執行役員やコンサルティング会社の...
今まで500個以上の資格を取得したという『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者、鈴木秀明さん。彼は、ビジネスの世界で生き残るためには「資格の試験勉強を活...
かっこいいのに頭が良くてモテモテで、社会に出てからも高収入で…なんて人、そうそうお目にかかれるものじゃありません。そもそも「ルックス」「学力」「収入」に相...
たしかに小学生の頃、頭のいい友だちの家に遊びに行くと、絵本や図鑑、伝記シリーズ、両親のものらしき本がズラッと並んでいたような記憶が残っています。本は僕たち...
日本ではよく、一番上は面倒見が良くて責任感が強い、末っ子は要領が良くて甘えんぼう、ひとりっ子はおっとしている、など出生順位による性格分析がありますが、学力...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
日々の業務に追われて、手をつけることができない…と、スキルアップのための勉強や資格の取得を諦めていないでしょうか。『10年後に生き残る最強の勉強術』の著者...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
「暗記なんてもう古い!だってGoogle先生に聞けばいいじゃないか!」そんなセリフを心の中で叫びつつ、多くの人がしぶしぶテストのためと暗記を続けているかも...
僕はこれまで、4,000人以上の人たちのビジネスコーチング、メンタルトレーニング、キャリアデザインのカウンセリング、英会話や資格試験などの学習トレーニング...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...