たまごでもウサギでもない、イタリアの「イースター」の主役がこれ

今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョコレートばかりではないようです。

たとえば、写真はイタリアのイースターに欠かせないお菓子「コロンバ」。じつはこれ、よ〜く見るとある生き物の形をしているのが分かりますか?

正解は、鳩(ハト)

8cb9e21f71cc83bd2229851cc4da67454192e948

ちょっと説明がないと見えてこないでしょうが、両サイドの楕円形が羽をイメージしていて、ちゃんと顔にはくちばしもあるパンケーキなんですよ。

では、なぜイタリアのイースターでは鳩が登場するのか?それはこんな言い伝えからのよう。

聖人の祈りから生まれた
キセキのお菓子

サン・コロンバーノという聖人がある国を訪問した際、ごうせいな料理でもてなされました。けれど、コロンバーノは肉を食べることを断ったそうです。もてなした側がひどく気分を害しているのを目にした聖人は、こう伝えたそうです。

「神の祝福を受けたあとの肉ならば食べることができる」と十字を切りました。すると、料理の一品だった「鳩のロースト」が、たちまち鳩の形をしたお菓子に変身したんだとか。

でそのコロンバですが、オレンジピールやドライフルーツ、小麦粉、砂糖をねった生地を発酵させて、鳩の形の型に入れてオーブンで焼き上げるというもの。つまり、ほとんどパンと一緒。

イタリア風にイースターをお祝いしてみてはいかがでしょう。

いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
友達を呼ぶホームパーティでの飾り付けや、自分へのご褒美としてちょっとエレガントに過ごしたい時。Kickstarterで紹介されている、たまご型のポータブル...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
イタリアにはたくさんのピザ専門店「ピッツェリア」があります。この記事で紹介する地図「Best Pizzas in Italy」には、イタリア版ミシュラン「...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。4...
「シチリアを見ずしてイタリアに行ったことがあるとは言えない。シチリアにこそ、すべてに対する鍵があるのだから」
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
コロッセオにトレビの泉、スペイン広場…。ローマに観光名所は数あれど、ここで紹介する小さな教会を訪れる人は、そう多くはないかもしれません。サンタマリア・デッ...