学校の常識を変える「オルタネイティブ・スクール」の魅力

週に5回、同じ学年の子どもたちがクラスメイトと一緒に、国語や算数といった教科を学習するのが当たり前な日本の小・中学校。私も、かれこれウン十年前になりますが、学期末にグッドな成績表を持ち帰れるようにと幼いながら奮闘していた記憶がうっすら蘇ります。

でも、もし学校に通うのが週3、4回でよかったり、同じクラスに年上の子がいたり、テストがなかったりする学校が選択肢としてあったらーー。

そんな、独自の教育方針をもつ学校形態「Alternative school(オルタネイティブ・スクール)」が欧米で拡がりを見せています。

オーガニックレストランが
学び舎の中心

F5aad5d1851c55770f2c938b466f3380abb420a8

私の住むテキサス州の首都オースティン市内にも、20か所以上のオルタネイティブ・スクールがあります。その中のひとつ、3~17歳と幅広い年齢層の生徒が通う「Integrity Academy」は、オーガニックレストランが学び舎の中心というユニークなコンセプト。

というのも、26年前に創業したレストラン「CASA DE LUZ」のオーナーが長年の夢だった教育施設を、レストランと同じ敷地内にオープン(2014年)。パートタイムモデルを採用し、生徒は週4回、1日6時間学校に通います。

一般的な公立・私立の小・中学校よりも学校滞在時間を短くすることで家族と過ごす時間を増やし、ゆとりのある家族内コミュニケーションをもってほしい、という学校側の想いが込められています。

24e88c35abd154ec94c72229105b8612b1c92fdf0e29cbf74a62cbb74fb1150df4f2cdd02971e120

生徒たちは、ランチタイムにレストランのテーブルで他の食事客と一緒に、100%オーガニックメニューを楽しみます。

野菜のカラーによるビタミンやミネラルなどの栄養素の違いを知ることで、いろいろな野菜をバランスよく食べることの大切さを学んだり、スナックタイムには有機野菜スティックやフルーツを屋外でぽりぽり。

栄養たっぷりの安心食材で、丈夫な身体の基礎をつくるのです。

10a5354a8a70f8d490b3dfee6791cb2e357385365fdc4bc38c46c784aa456211ba391855f035089d6407776f9999d712bad1d3731180759dd86b4692

クッキングやガーデニングのカリキュラムなどを通じて、食育やそのバックグラウンドにあるサイエンスを学びます。

「理科」や「家庭科」といった科目制ではなく、自然に触れて感じる、机上ではない体験型アクティビティを通じて、総合的に学んでいきます。

Ba56f7b46959a9441277e6780fda2c44fe02edc0F7bec1ae050f452c6f89d9f3085cccc74384010c

1クラスに
年上と年下がいる3学年

06cb72f4bc1ee1c79d0cc0852eb02a3d4c44daf7

「Integrity Academy」では、1クラスを3学年ごとに分割。同校のエグゼクティブディレクターAli Ronderさんはこう話します。

「ひとたび社会に出れば、同じ年齢の人だけとのコミュニティで活動することは滅多にありません。様々な年齢や性別、バッググラウンドを持った人々と連携し協業する必要があります。ひとつのクラスに年上と年下がいることで社会的役割を学び、思いやりの心を養うことができます」

家族と協働する
ロングベースなプロジェクト

7f55c3294a7b894aba7935ab885c75268092e35b

このアカデミーでは、親や家族といったコミュニティのメンバーと一緒に協働するプロジェクトを積極的に立ち上げ、長期的なスパンで取り組むことで社会とのネットワークづくりやコラボレーション、コミュニケーションの大切さを学びます。

5〜7歳のクラスではガーデンの脇に小川を作るプロジェクトを実施。岩の収集から設置、水ひき、チューリップやスイセンなどの植栽まで、大人と協力しながら完成させる過程で、子どもたちは失敗を繰り返しながらもゼロから1を創り出す喜びを経験します。

大人たちも子どもたちの成長を学期末の成績表ではなく、リアルな形で継続して感じることができるのです。

また、学校で何を学んでいるのか、何を学んでほしいのかという親の疑問や意見を持ち寄る場を2か月おきに設定することで、子どもたちを学校と家庭の両参加型でしっかりとサポートする体制を整えています。

オルタネイティブスクール
という第3の選択肢

オルタネイティブスクールは、州ごとによって定められた教育方針やガイドラインに沿った主流または伝統とは異なる教授・学習方法をとる学校形態で、アメリカでは1990年代から徐々に社会にその存在が知られるようになってきました。

産業革命以降、良い企業に入りキャリアを積んでいくことが大切という考えのもと、そのための人材教育がなされてきましたが、社会構造が大きく変化するいま、教育の民主化が必要ではないか、という動きがオルタネイティブスクールの誕生へとつながっています。

公立や私立の小・中学校との違いは、通学スケジュールが週2,3日と少なかったり、学年違いの生徒が1クラスで一緒に学んだりと、学校によってさまざま。独自の教育方針を持ち、少人数制で子どもたち一人ひとりの才能や個性を伸ばすためのカリキュラムを組んでいます。

法的にも認められる
ホームスクーリング

アメリカでは義務教育制度が各州にゆだねられていて、州憲法や教育法によってそのあり方を定めています。テキサス州では6歳〜18歳までが義務教育期間。

ただし、学校に通学せず、家庭に拠点を置いて保護者が子どもの教育の全責任を負う「ホームスクーリング」が法的に認められており、この方式で学ぶ子どもたちも一定数存在します。

ホームスクーリングで学ぶ子どもたちのなかに、週の半分やサマーキャンプなどの一定期間、オルタネイティブ・スクールに通うという選択があるのです。

A2a586102f5eeea61ab314300912821015f2c393

私の訪れた「Integrity Academy」では、子どもたちに

「Who they are, What they are doing in this world
(自分は何者なのか、この世界で何をするのか)」

を学び、自分の才能や価値に気付いてほしいという教育方針のもと、年齢関係なく家族も一緒になってみんなで学んでいる姿が印象的でした。

ここでは、0歳からウェイティングリストが存在するというから、その人気の高さがうかがえます。人生の成功や幸せの基準が多様化するなか、多感な子ども時代をどこでどうやって過ごすのかを選択できるという「教育の民主化」は、選択肢があるという意味で、とても魅力的に感じたのです。

Licensed material used with permission by INTEGRITY ACADEMY
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
浄土真宗本願寺派が開く、これから社会に出ようとする10〜20代のための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」。そう聞くと、なんだか荘厳で、参加するにはかな...
あなたは「自分探し」をした経験がありますか?私は、新卒で入社した大好きだった会社を、一年半で退職しました。ただただ、社会人というキラキラした世界に憧れ「本...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
アメリカでは、校内の安全のために警察官が駐在していることがあります。カリフォルニア州にあるヘリテージ・ハイスクールのミッチ巡査も、そんな駐在警察官のひとり...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
成績が最悪だった。授業がよくわからない。部活がうまくいかない。友達とケンカしちゃった…いろいろな理由で学校に行きたくなくなったこと、誰でも一度はあるのでは...
子育てをしていると、子供が学校からいろいろなお手紙を持って帰ってきます。7歳のネイサンくんも、ある日「学校から」と言ってお母さんに手紙を渡しました。でもこ...
学校では多くの物事を学ぶことができる。そこであなたが培った知識や経験は、その後の人生の糧となっていくはずだ。だが人生には、実際に生きてみないと、どうしても...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
と話題になっているのは、群馬県利根郡みなかみ町にある、猿ケ京小学校をリニューアルした宿泊施設です。2008年に惜しまれつつ廃校となりましたが、2012年に...
わたしたちが暮らす現代社会は、いま大転換期を迎えています。そんな新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投...
マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。必要な講習を受ければ、なんと人...
「魔法学校に入学したい!」映画、ハリー・ポッターシリーズを見てそう叫ぶ子どもたちも多いかもしれませんが、ホグワーツ魔法魔術学校って、入学するのに結構お金が...