アジアンスイーツなのに上品。拍子抜けする意外な甘さ。

フワフワもちもちの食感に、バナナの風味がやさしく香る蒸しケーキ。東南アジアのねっとりした暑さの中を旅していると、あの上品な甘さが恋しくなるんですよね。「上品な甘さ」、ここが今回のポイント。屋台の味「バイン・チュオイ・ハップ」です。

甘い…だけが
アジアのデザートではない

アジアンスイーツといえば、とにかく頭痛がするほど甘い!砂糖バシバシ!こんなイメージがこびりついて離れない人ほど、このスイーツで固定概念を捨てるチャンス。

砂糖控えめで、南国のバナナ本来の甘みを感じることができ、デザートでもペロリといけるはず。

540bd67011fe0b086dbbad9935b1f85c83ce465d

 <つくり方>

材料は、薄くスライスしたバナナ、米粉(なければ片栗粉)、ココナッツミルクのみ。まずは耐熱皿にバナナを並べ、ココナッツミルクで溶いた米粉を上からかけていきます。再びバナナをしいてから溶いた米粉を。こうして2層をつくり、あとは米粉に火が通るまで蒸し上げるだけ。食べるときは、甘いココナッツミルクソースをかけて。砕いたピーナッツを添えると、いいアクセントになりますよ。

ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
アメリカやイギリスを中心に、海外ではスイーツ感覚で食べられている「ライスプディング」。あれ苦手という声をよく耳にします。日本人からしてみれば、お米を牛乳で...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
辛く悲しい失恋。そんな苦い記憶も、ニューヨーク在住のデザイナーIsabella Giancarlo氏の手にかかれば“甘い思い出”に大変身!その方法は単純明...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...
米・ラトガース大学で、東アジアの歴史を研究するニック・カプール教授が、Google検索する時に表示される「予測変換」を用いて、各国のステレオタイプを調査!...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
人類の滅亡を予言した(と解釈される)ノストラダムス。この預言者には、医師としての顔もあったことを知っていますか?医師として彼が書いた本のなかに、ビックリす...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
甘い&塩っぱい組み合わせって、なぜか美味しい…その理由を、なんと科学が解明してくれたといいます!「Delish」の記事に紹介された理由を見てみましょう。甘...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
ハロウィンに使用するのは、オレンジ色をした西洋かぼちゃやペポかぼちゃ。ですが、こちらは私たちがよく知る東洋かぼちゃを使ったスイーツです。「カンボジア」が語...
上品な人は、特に意識をせずとも相手が心地よいと感じる立ち振る舞いや話し方ができています。上品な人に共通する10の特徴を具体的にまとめていますので、あなた自...
ここ数年で、電車やバスの乗務員に女性がぐんと増えた印象があります。消防士やパイロットや土木従事者など、マイノリティーではあるものの、はたらく女性のキャリア...