つい追いかけたくなる女性、10のサイン。

謎めいていて、なかなか本音が読みづらい彼女は「勝ち組女子」。

Elite Daily」のMargaret Makrouhiさんは、この世には必ず恋に勝つ女性がいると語ります。この記事を読むと、男性はいまの彼女に「なぜ惚れてしまったのか」を知ることができ、女性ならば「こうなりたい!」と目指すことでしょう。

やはり勝ち組であるからには、つい追いかけたくなる魅力を秘めているのです。

01.
周りと自分を比べない
「自信家」

37d4607e2656809cfd16b4df24ab69729ffc11ea

ブレない自信があるのは、勝ち組の特徴。決して、自分の見た目や経歴、年齢やステータスをほかの女性と比べたりしません。この世には35億人も女性がいるけど、自分自身はひとりしかいないことを理解しているのです。

たとえ、彼の元カノがモデルやCEOだとしても、怖じ気づくことはありません。

02.
自分を大切に
できる

彼や旦那さんが浮気をしたり、自分を悪く扱うようなら潔く別れられるのが、この手の女性。

うまくいってなければ、無駄に関係を長続きさせようとはしません。

03.
追いかけず
もらった愛を返すだけ

基本的に、最初の一歩を自分から動くことはありません。たとえば、仕事中の午後2時に彼女からメールがくることはないでしょう。彼女が学生なら、試験の期間に電話を期待するのは無駄です。さらに、金曜と土曜は友だちと飲んだくれて楽しんでいるから、連絡はこないと思ったほうがいいです。

男性を追いかける必要なんてないってことを、彼女は知っているんです。好きであれば、相手から行動を起こしてくれるとわかっているから。

04.
電話やメールはマメじゃなくても
デートの誘いはOK

4f83fe494d99ed636cbb1870d98d3c494a120615

会ったばかりの人に、長く時間を注いだりはしません。「自分の番号を聞き出してきた、魅力的な男性がいる」。彼女にとってはそれだけの話。

でも、彼女は基本的に男性からのアプローチは拒まないので、本気で気を引きたいなら、行動するのみ。毎日メールを返信したり、すぐに電話を返してくれることはなくても、デートに誘えば「Yes」をもらえるはず。

05.
完璧に心を開かず
謎めいている

とくに始めのうちは、彼女を「なかなか掴みどころがない」と感じる男性も多いはず。質問には答えてくれても、そこまで多くを語らないからです。

たとえば「都心でおいしいフレンチを食べた」と言っても、誰と行ったかまでは教えてくれない。数年前にロスに引っ越したことは教えてくれても、その理由は教えてくれない。絵描きであることは教えてくれても、どこで展示しているかまでは秘密…。

そんな彼女は、まるでマトリョーシカのよう。性格やキャリア、家族のことや交流関係は、ときを重ねるごとに見えてくるのです。

06.
何を考えているのか
わからない

一緒に時間は過ごしてくれるものの、「私はあなたのもの」というステップまでなかなか漕ぎ着けない…。どうしても、彼女が柵の向こうにいるように感じてしまう。

だって、メールや電話が彼女のほうからくるわけでもないし、デートに誘われるワケでもないから。

つまり、彼女があなたのことをどう思っているかは、「直接聞かないといけない」ということ。

07.
じつは優しい心の持ち主

彼女の恋愛の「遊び方」には、きっと「品」があるでしょう。魅力的かつ優しい彼女は、タダ飯に乗せられてあなたに会いに来ているワケではありませんし、どこまで貢いでくれるかを試しているワケでもありません。

彼女は、そもそも「もっと知りたい」と思える男性にしか時間を割かないのです。ただし、彼のことを知っていく中でも、自分の基準は大事にします。

愛に飢えているように見えたり、押しが強めと思われるのは、ちょっと勘弁。価値のある恋愛なら発展させたいと思うものです。だからこそ、変な印象は与えたくないのです。

08.
色っぽさに
無理がない

02a695af5a44939980cdf6bb8847abc67c8c0c33

ヒールをカツカツ鳴らして歩く姿や透けた黒いタイツ、キレイにまとめられた髪、赤く塗られた爪、そして謎めいた茶目っ気のある笑み。

彼女は、自分の強みをあなたが思う以上に把握しています。そしてあなたをパラダイスへ連れ去ってくれるかも。でもまずは、彼女に自分をうまくプレゼンしてみて。

09.
ちょうどいい距離感を
とるのが上手

「恋は盲目」といいますが、勝ち組女子は恋愛に流されません。もちろん彼に時間や愛は注ぎますが、必要以上に自分を捧げることはないでしょう。そのため「じぶんの幸せはじぶんで作り出す」という価値観は、恋愛をしても揺るぎません。

バレエの公演に興味を持ってくれなければ、別の友達を見つけて行くでしょう。UFCのチャンピオンシップに誘われても、自分が行きたくなければ行きません。

いつだってフェアな関係を望んでいるので、「No」と口にすることに後ろめたさは感じないのです。

10.
別れたあとは
決して連絡をとらない

恋愛をする上で最も難しいのは、失恋したあとの対処。ここまでマスターしている女性は、勝ち組同然。だって、大好きだった人に関係を断ちたいと言われるのは、とてもつらいことだから。

でも、そんな時だって彼女たちは「Silence is Golden(沈黙は金)」 という言葉を心に留め、別れてからは決して連絡をとらないよう自制します。「会いたい」なんてメッセージがきても無視。お酒の力を借りて、彼に「寄りを戻したい」とねだったり、自分を見失うことはありません。

もちろん、仲のいい友だちに泣きつくことはあるかもしれません。哀しい気持ちに覆われるつらい時期だって過ごすはず。でも、あなたにはそれがバレないようにやり過ごすでしょう。

そうして感情をうまくコントロールしながら這い上がり、あなたのいない人生を突き進んでいくのです。そうやって、さらにいい人と一緒に「ゲームを遊ぶ」準備を整えるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
大好きな人と付き合い始めたら、ついつい盲目になってしまって彼氏のことしか見えなくなってしまいますよね。彼氏のことを大好きすぎるがあまり、とんでもない行動を...
ここに紹介するのは、恋愛カウンセラーDave Elliott氏があぶりだした、恋愛ベタな女性の特徴。男性視点がいささか強めではありますが、フムフム納得でき...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
隣りの花は赤く見える。他人のものは何でも良く見えてしまうことのたとえですが、日々の生活のなかでよくありますよね。たとえば誰かが着ている洋服が気になって仕方...
素直に行動に気持ちが現れがちな男性に比べると、女性心理はなかなか複雑。気になる女性と仲良くはしていても、自分に好意があるかどうかが判断できず、ヤキモキして...
なぜか最近彼女にイライラしてしまう。一緒にいても楽しめない…という時期はどのカップルにもあることだと思いますが、原因が一体何なのか探ることでよりよい関係が...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
女性の中には、努力して美貌を保つ人や年を重ねるごとにもっと美しくなる人がいます。しかし、多くの人の外見的な美しさは薄れていくのが現実かもしれません。それな...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
気になる彼女と距離を縮めたいけれど、どうしたらいいか分からないという男性のみなさん。まずは相手の血液型を聞くところから始めてみませんか?ここでは、日本人の...
「Elite Daily」でいくつもの恋愛記事を執筆し、多くの共感を集めているライターPaul Hudson氏。ここで紹介する「男性が絶対に手放したくない...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...