憂鬱な「月曜日」を、少しでも生産的にする5つのステップ

「月曜日だ!会社に行きたくない!」

週末も終わりが見えてくると憂鬱になるのは仕方がないことですが、そうは言っても「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、生産的に月曜日を過ごすことに全力を傾けてみませんか?

Elite Daily」のライターAlex Jasinは、そんな前向きな月曜日の過ごし方を提案しています。一年の計は元旦にあり、一週間の計は月曜にあり。何事も、始めが良ければうまくいくもの。

01.
グズグズせずに
あえて「早起き」

0c2223d581f0ab4f1764b1204b82a9bf476c5a23

月曜日の朝は、どうしても気分が優れずグズグズしがち。でも、そんなことでは仕事に行きたくないという気持ちがつのるだけ。そんなときは逆転の発想で、思い切って早起きしてしまいましょう。頑張って月曜日に早起きをして、一週間何をするべきかをきちんと確認しておけば、仕事のプレッシャーも少しは和らぐはず。

そして、早起きをするためには、前の日に早く就寝することが不可欠です。一週間を占う月曜日の朝に睡眠不足で疲れを残していては、うまくいくものも崩れてしまいます。

やってくる月曜日に振り回されるのではなく、あえて自分から“迎え”に行ってあげましょう。

02.
月曜の朝から
30分ほど運動を

決してハードなものではなく、少し体を動かすだけでも、血行が改善され、頭が冴えて、ドーパミンが分泌され、気分が良くなってきます。生産的な一日を過ごすためにも「必要不可欠」と言えるでしょう。

ポイントは、最低でも30分は時間をかけること。長距離のジョギングではなくてもいいのですが、心拍数がある程度上がった状態を30分ほど維持さえてみてください。

無理矢理コーヒーを流し込んで仕事に向かっていた今までよりも、ずっと健康的に、かつ前向きに月曜日を過ごすことができるはず。

03.
仕事をはじめる前に
「1週間」を整理

Bbd0641ad7d97cb7b16a979c84790ff3a750fbd3

月曜の朝オフィスに着いたら、いきなり仕事をはじめるのではなく、今週やらなければならないことを書き出してみましょう。何を目標にして、どのように達成するのか。できるだけ具体的にイメージを。

月曜は、なんだか休日の間に溜まった仕事が山積みのような気がしてくるものです。そのままだと憂鬱な気持ちになってしまいますが、何をどうやるのかをきちんと整理してみると、意外とたいした量じゃなかったりすることも…。

04.
最も重要な最優先タスクを
3つ選ぶ

黙っていても、仕事はどんどんやってきます。途中で割り込んできた仕事に優先度を混乱させられてしまうと、どうでもいいことに長々と時間をかけ、本当に必要なことを後回しにしかねません。

何事も優先度をつけることが、スムーズな仕事運びの鍵です。

まずは、最も重要なタスクを3つ選んで設定しておきましょう。その3つのタスクを終わらせることを最優先にして、その他は終わって余裕ができたら考えましょう。

真っ先にやるべきことを事前に決めておけば、効率的にこなすことができます。

05.
月曜日が憂鬱なワケを
根本的に解決する

746ca4697b264493d89a5fdcac4c7f1bf902cff9

そもそも、なぜ月曜日が憂鬱なのでしょうか。

今の仕事に満足していないから?
忙しすぎてストレスが多いから?
上司や同僚との人間関係がうまくいってないから?

それらを解決するためには、まず問題が何なのかをきちんと整理しなくてはなりません。憂鬱な気分になってしまう理由をきちんと分析して、可能であれば対策を立てましょう。

ひょっとしたら、別の部署に異動の希望を出したほうがいいのかもしれませんし、周りの人ときちんと話し合ったほうがいいのかもしれません。

対症療法ではなく、根本的な解決を目指すことが大切です。

忙しいだけの人なら、たくさんいます。本当に大変なのは「生産的であること」。考えてみてください。生産性の高い人はテキパキと仕事をこなし、To-doリストを消...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
「Inc.com」に掲載された、仕事の生産性に関するこの記事は、社会人なら読んでおいて損はないはず。個人的には、特に01.を重点的に試してみたいと思いまし...
過労は生産性も落ち、ミスも増える上に健康にもわるいというのはよく耳にする話。労働時間を増やしたからって生産性が上がるわけではないという話自体、200年も前...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
働く場所に縛られない「リモートワーク」は、企業側の心配をよそに、とても効率的だという研究結果があるそうです。「mental floss」の記事によれば、社...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
職場における生産性の向上は、社会人にとって大きな課題のひとつ。「気づけばもう夕方なのに、まったく仕事が終わっていない…」と途方に暮れるような日もあるのでは...
日々仕事をしていく中で、非効率的なことや無駄なことに時間や労力を費やしている人は意外と多いと思います。自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
オレゴン州立大学の研究者らが、セックスに関する興味深い調査結果が発表。なんでも、プライベートにおける積極的なセックスライフが、仕事に対するモチベーションや...
となりの席の同僚が、いつもイライラしてるせいで、こっちまでなぜか腹が立ってきた…。一緒に働くメンバーって大事ですが、一方で選ぶことができないという事情も。...
「成功は目標ではなく、考え方と習慣」。こう表現するのは、人気コラムニストのNicola Cole氏。「Forbes」はじめ「TIME」や「THE HUFF...