ニュース記事の「荒らしコメント」に、ノルウェーのテレビ局がナイスな方法で対抗

インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向のコミュニケーションができるようになったことは、大きい変化でしょう。

でも、ニュース記事のコメントは、時に「荒らし」が入ってしまうことも。かといって、コメントを閉じてしまうのもはばかられる。そんな状況を、ノルウェーのテレビ局が意外な方法で解決しました。コメントを書く前に、クイズに答えなければならないようにしたのです。

3つの質問に答えた人だけが
コメントできる仕組み

Medium f1c6f4b5c23ddef61dcd8a578b7d05c2ff7063cc

コメントしようとすると、記事の内容についての3つの質問が表示されます。正しい答えを選ばないと、書き込めないというわけ。質問はとっても簡単で、ちゃんと記事を読みさえすれば楽々答えられるものになっています。

例えば、こんな感じ。

コメントを記入したい人は、次の3つのクイズに答えてください。

①次のうち、記事内で言及されていないのはどれ?
a) 経済的な理由 b)イデオロギーの理由 c)政治的な理由

②偽のニュースをシェアしてしまったグループの数は?
a)2 b)7 c)4

③真実をぼやかして伝えるのがうまかったのは、誰?
a)アメリカの科学者 b)ヒトラー c)KGB(ソ連の秘密警察)

荒らしや炎上を引き起こすようなコメントをする人は、記事をきちんと読んでいないこともしばしば。そんな人たちの書き込みを防ぐことができます。またひと手間かけなくては書き込めなくすることで、本当にコメントしたいと思う人だけがコメントするようになる効果もありそうです。

実際に良い効果が

Medium 31d6c343fa6006f0ba3c029084d161ec4d87e41e

具体的なデータは現在収集しているとのことですが、実際「荒らしコメント」は減っており、うまくいっているとのこと。この質問を表示するプラグインは、オープンソースとして公開されています。この試みが広がって、インターネットのジャーナリズムがもっと前向きなものになるといいですね。

Licensed material used with permission by NRKbeta
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
「雄大な自然を目の前にすると、自分の悩みがちっぽけに感じる」なんて常套句があります。とはいえ、正直に告白すると、そんな経験は今までにありません。もしかした...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
これは、自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。スケボーと言えば、街中を颯爽と駆け抜けたり、階段を使いトリックをしたり...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
ノルウェーの壮大な自然を撮る、写真家のTomasz Furmanek氏。彼はフィヨルドや湖の絶景を、カヤックに乗りながら撮影しています。まるで鏡のように水...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
アメリカ国防総省の高等技術計画局「DARPA」が、火星の環境を地球に近づける方法についてコメントを行った。同局の生物学研究室、アリシア・ジャクソン次長が発...
2016年5月15日にFacebookに投稿された後、2万シェアを超え、コメントが殺到したのがコチラのポスト。テキサスのバーガーショップで起きた、ある事件...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...