拒食症の問題は「体重」だけじゃない。イラストに見る患者のリアル。

何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラストにした取り組みです。

以下は全て実際の闘病者の経験をもとに描かれたもの。病気に支配され、自分の行動が思うようにコントロールできない恐怖が生々しく刻まれています。

まるで呪い
逃れられない苦しさを表現

E72a86909d4189510ccf639d39bf1dae59220ab0

「ちょっと、ちょっと!あんた、自分がどれだけ太ってるか分かってんの?ねぇ、分かってんの?」。

Cadf78c3b99cc231217f015f6524d4e0aa91c47d

まるで、首を絞められているみたい。

D4e980887b8cb67d580b1b1d8b39f4b22c7a8b9b

「二度と食べるな」「お前には価値がない」「だから誰もお前を愛してくれないんだ」「死んでしまえ」「胸糞悪い豚め」。

Ffcbe938cf03c0cade1f224ccdec5fa3661b69bc

「食べる」だけ。でもその恐怖は、本物。

3afddc9418e9e7180da8f7a1c513eee5818335c0

歪んだ価値観に囚われる。

683ff649445816a8c17ca4c0145758a157b05a2d

もっと痩せなきゃダメだ。終わりは決して無い。

3901650a02f2856bb7582f3cc0c6c74d1ad9db34

拒食症に悩む男の人だっているんです。

08c8d079ba47729463d8a3aeb81e16686c544889

体重に関係なく、拒食症は様々。

9a34311ff729dda032cc78c78e3e904d08ee2d7b

治療は「体重を増やすこと」だけじゃない。

「自然界では不合理な病」を
どう理解してもらうか

26d69618597bf758097377d47ed344cb1979a5a3

オフィシャルサイトでは、拒食症を人間の生まれつきの欲求である「食欲」に適わない、「自然の理に合わない病」と説明しています。だからこそ、絵と文字でわかりやすく伝える必要があるのだと。

また、拒食症は「体重が戻ればいい」わけではありません。この取り組みを始めたChristie Begnellさんも、自身の闘病経験をこう振り返ります。

「私は病院のスタッフからしても、ただの『イカれた』患者でしかなかった。理解できないから、接し方もわからない。私は道に迷ったようで、寂しくて、気が滅入って…。

拒食症が私の人生を支配してた。でも彼らは、私のことをそれほど重い病気じゃないと思ってたの」。

体の仕組みは皆同じですが、心は人それぞれ。だから「共感すること」は、思っているよりもはるかに難しい。彼らは見たところ別に「元気」そうだから、「大丈夫」なはずだと心のどこかで思い込んでしまうのです。そんな人たちが少しでも拒食症の真情を知り、そっと寄り添えるようにと、イラストは描かれ続けています

Licensed material used with permission by Me and My ED
「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
Kate FennerさんがInstagramに投稿を続けているのは、コメント付きの虫たちのイラスト。実は、自分の幻覚や幻聴をそのまま表したものだという。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
アーティストのフェデリコ・バビーナさんが公開した「Archiatric」という新しいプロジェクト。これは、心配性やうつ症状などの心の病気を、それぞれ異なっ...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
SNSが一般的になってから、英語に新しく登場した「Phubbing(ファビング)」という単語があります。これは、親しい相手が目の前にいるのにスマホが気にな...
自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲もうとすると、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
今日も体重計とにらめっこしてませんか?そんなあなたに、大切なのは重さじゃない!と体を張って説明してくれたのは、ケルシー・ウェールズさん。自身の体重と体型の...
この動画の主人公95歳の元ピアニストは、認知症を患い介護施設での生活を続けています。「もう一度ピアノを弾かせたい」介護スタッフの働きかけに、イギリス全土か...
厚労省の発表によれば2012年時点での認知症患者数は、全国でおよそ462万人。2025年には65歳以上の高齢者、5人に1人が認知症になるとの予測がある。こ...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
もし愛犬がぐったりして体調が悪そうなら、熱中症になっている可能性があります。対策と症状を「Little Things」より紹介するので、快適に夏を過ごせる...
残暑がまだまだ続きます。熱中症対策、万全ですか?東ヨーロッパから中東にかけて、多くの国で親しまれているヨーグルトドリンクがあります。ヨーグルトに水と塩を混...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
認知症の一種である「アルツハイマー病」は、記憶や思考力が徐々に失われ、最終的には日常生活に必要な作業すら困難になっていく病気。私たちが忘れられない瞬間、忘...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...