店員「このお人形、あなたとは違うみたいだけどいいの?」娘「うん、私はこの子みたいなお医者さんになりたいの!」

私たちは、色々な「違い」を持って生きています。ただその「個性」についての発言は、時に人を傷つけてしまうこともあります。たとえ、そのつもりはなくとも、です。

先日、「肌の色の違い」に関する大人の何気ない発言に、無邪気に切り返した少女の言葉が話題になりました。

本当に
そのお人形さんでいいの?

トイレトレーニングを頑張ったソフィアちゃんは、パパとママからごほうびを買ってもらえることになりました。「新しいお人形がいい!」と、ソフィアちゃん。彼女が選んだのは、この子。

Fc9fb0dd5aebcdf28039dca555c36912a3976cb2

レジに持っていくと、年配の店員さんが彼女にこう尋ねました。

「お誕生会にでも行くの?そのお人形さんはプレゼントかしら?」

一瞬何を聞かれたのか分からず、ポカンとするソフィアちゃん。すると店員さんは続けます。

その子は、あなたとは似ていないみたい。他にもいっぱいお人形さんがいるから、探してみたら?」

怒り出しそうになるお母さんでしたが、ソフィアちゃんのほうが先に答えました。

「ううん、この子とソフィアは一緒だよ。私もね、この子みたいにお医者さんになりたいの。それにね、ソフィアもこの子もかわいい女の子でしょ。髪の毛も聴診器も、すてきなの!」

店員さんは、「そうね、素敵ね」と返答したそうです。

どの色もすてきでしょ?

6af0399c2771f532893a26ae700e42e82da33943

「髪や目みたいに、肌の色も違って生まれてくるけど、どの色だってすてきだもの」と語る彼女のママの気持ちは、ちゃんとソフィアちゃんに受け継がれているようです。

「あの年配の店員さんも、悪意があったわけじゃないと思います。ソフィアのことを可愛がって、おしゃべりをしようとしてくれただけじゃないかしら。でも、ちょっと発言に気が回っていなかっただけ。いずれにせよ、娘の対応は素晴らしかったと思っています」

笑顔が素敵なソフィアちゃん。素直な心のまま、「お医者さん」という将来の夢を叶えてほしいものです。

Licensed material used with permission by Brandi Benner(Facebook), (Instagram)
アメリカに住む黒人たちにとって、毎年2月は大きな意味がある。「Black History Month(黒人歴史月間)」または「African-Americ...
ここ数週間、毎日のように流れるイスラム教徒に対する米入国制限のニュース。アメリカ国内でも賛否が分かれ、その様子は多くの人が肌で感じていることでしょう。ここ...
人形と一緒に写真に写る男性ーー。ちょっと不思議な光景ですが、これにはかわいい理由と、それに応える愛がありました。彼の名前はTrent McCainさん。カ...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
多くのメディアに取り上げられ、一躍脚光を浴びた白斑のモデル、ウィニー・ハーロウ。彼女にインスパイアされたというKay Blackさんは、白斑の人形を作った...
この人形を作っているのは「Eyes of Things」というプロジェクトチーム。帽子についているカメラを使い、喋っている人の表情から8種類の感情を認識す...
チェコを訪れた際に人形劇やマリオネット専門店に並ぶ人形、それに職人たちの影響でマリオネットを作り始めたkinokosupa。一つひとつに名前をつけ、心を与...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
アメリカでは、2月は「黒人歴史月間」に制定されています。毎年、アフリカ系アメリカ人が成し遂げた偉業を振り返ったり、彼らがアメリカの歴史に与えた影響を称えた...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
アメリカの女性向け雑誌「O, The Oprah Magazine」。この5月号では、フォトグラファーのChris Buck氏による、3枚の写真が掲載され...
リディア・スティス・ローズブッシュさんがFacebookに投稿した、5歳の息子ジャックスくんとのエピソード。あまりにピュアすぎて、大人は一瞬その意味を考え...
2017年は、1960年代の公民権運動の原型ともいえる、最初の反人種差別を訴えたデモから、ちょうど100年目。そこで、ライターEmily Beckerはこ...
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
海外旅行に行った先で「日本人?韓国人?中国人?」とたずねられたこと、一度はあるのではないでしょうか。「だから何?」という気持ちでモヤッとするし、中には不愉...