「完璧を求める」ことが、あなたの人生を貧しくさせているとしたら…

いま、アメリカでは「理想の人生像」を求めるあまり、命に関わる問題にまで発展する事象が起きているそうです。その原因の発端にあるものを一言で表現すれば「完璧さ」。

この問題に警鐘を鳴らす作家Joshua Beckerが、「becoming minimalist」にまとめた記事を紹介します。よその国のことと傍観してもいられない、こう感じるのはJoshuaがセルフチェックに挙げた以下の項目が、日本人にも当てはまるものだから。どこかで「なりたい自分」とつねに葛藤している人、要注意かもしれません。

756406735fb26fbdf33b90ce4b3e8d7a9f403b07

01.
すぐに仕事を変えてしまう

ようやく就職しても、いざ働きはじめると(内情を知って)期待はずれ。求めるキャリアはこの会社では不十分な気がして、自分にふさわしい場所を探して、すぐまた転職してしまう。どうしてもひとつの職場で仕事が長続きしない、それは危険なサインかも。変えるべきは、会社ではなく自分の考え方なのかもしれません。

02.
自分の心をさらけ出せる人がいない

出会ったばかりの人の良し悪しをすぐ決めつけて、関係を一方的に断ち切ってしまうことはありませんか。心から信じあえる人間関係を築くためには、利己的になって他人を判断しないこと。お互いに理解し合うための歩み寄りと、忍耐のないところに、「人間愛」は決して生まれません。

03.
いらないモノがどんどん増えていく

E41e9f56a9d0ef9357a70da9438d298c7d18a6c9

いつでもハイテクで、最新のモノに目がなくて、家電やインテリアに無駄にお金をかけてしまう…。気がつけば、目新しさに負けて手に入れたものたちが、自宅で山のようになっていたり。過剰な財産は、時間とエネルギーを奪い去っていきます。

04.
「すごい人」と繋がろうとする

興味関心ごとは、あなたが認めるすごい人や、尊敬する人にのみ向けられるようになっていませんか。なぜそうなるのか?その人を身近に置いておくことで、他人の目に映る自分の評価を上げたいと思うから。自己欲求のために、有能な人を探そうとするのは不毛なこと。

05.
失敗を「恥ずかしいこと」だと思う

また、他人から高く評価されたいと思うほど、人は失敗に臆病になります。間違いを認めなくてはいけない状況は、あなたが最も屈辱的に感じる状況のひとつ。けれど、ほとんどのプロフェッショナルは、人一倍、失敗をくり返して成長してきたのです。

完璧主義が引き起こした
アメリカの社会問題

0e11fce35a08a048f880efb34cdab68f05054f99

さて、最初にチェックリストに目を通してもらったのは、こうした完璧主義による功罪がアメリカで問題視されているからなのです。万全を期すために努力をしたり、自分への厳しさが、逆に精神状態を追い詰め、気づかぬうちに心が病んでいるといった事例は少なくありません。

こんな一例があります。スタンフォード大学の精神医学教授Keith Humphreys氏の発表によると、アメリカ人は「体が衰えていくことを認めたくない」という思いから、ヒドロコドンや、オピオイドと呼ばれる強い鎮痛剤の使用率が、異常に高いと言います。世界で供給されている量のじつに99%以上がアメリカへと流れ、分かっているだけでも約33,000人に処方されているんだとか。

これは、薬に頼り痛みから目をそらし、無理に体を動かしたり、さも若々しい肉体を維持できているかのような、人々の欲望がもたらしたもの。当然ながら、過剰摂取は中毒症状を引き起こし、やがては生命の危機に関わることに。これらの薬物乱用によって死亡した人数は、昨年(2016年)銃犯罪による被害者をも上回っているそうです

このような現実を前にJoshuaは、あえて誰もが分かりきったはずのメッセージに、強調をこめて結びとしたんじゃないでしょうか。

「完璧な人生なんて存在しない。不完全であることのほうが、むしろ喜ばしいこと。なぜならそれは人生を豊かにし、自由を手にしている、ということの証でもあるのだから」。

Licensed material used with permission by becoming minimalist
優秀なあなたこそ必読!完璧主義を克服するための5つの方法なんでも完璧でなくては気がすまない。そんな「完璧主義な人」っていませんか?完璧主義は必ずしも悪いも...
完璧を求める人はあなたの周りにもきっといるはず。その考えを押し付けられると…。話は変わってくるかもしれません。The School of Lifeの動画は...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
突然ですが、好きな人はいますか?もし答えがYES!なら、この記事に出会えたあなたはラッキーかもしれません。「Mic」でライターのNicolas DiDom...
「もっと素敵な女性になりたい」と自分磨きに余念がない女性は山ほどいます。けれどその終わりはいつ来るのでしょう。もしかしたら、今日がそのタイミングなのかもし...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
心理学者エレイン・アロン氏の研究によれば、神経質な人は、“考えすぎる”ことで悪循環に陥りやすいようです。しかしながら彼らは、EQ(心の知能指数)が高く、自...
努力をすれば報われる。それは正しいことかもしれないけれど、きっと現実はそれだけじゃないはず。誰にでもチャンスがある世界にするためには、何が必要なのか?そん...
今までの人生を振り返ってみて、「すべてに満足している」と自信を持って答えられる人のほうが少ないでしょう。生きていれば悩むことも、立ち止まることもあります。...
多くの人は、自分の人生で何か大きなことを成し遂げたいと思っているはず。確かにそれは大切なことですが、そればかりに囚われていると、もしも何も成し遂げることが...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
人間は、自分自身を過小評価する傾向にあるとか。けれども、それは周りからの評価とは多分に異なります。それが最愛の人からの場合は尚更。「A Plus」が実施し...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
作家兼ブロガーとして活躍中のBen Irwin氏が、金持ちの人は気にもしない、貧しい人の20の真実をまとめています。確かに、述べられているのはあくまでもア...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
〈NuAns®(ニュアンス)〉の「BANDWIRE」は、純来のライトニングケーブルの不満を解消してくれるアイテムです。長さわずか160mmでキーホルダーの...
自分を信じて何事にも立ち向かう。そんな前向きな姿勢でいると、人生はみるみる昇り調子になっていくでしょう。しかし、その過程でつらく過酷なできごとを経験するこ...
「もっとキレイなりたい」というのは、女の子なら誰もが持っている欲望。でも、彼女たちが求めている美しさって、なんでしょう?そんな定義の難しさについて綴ってい...
「幸せになりたい」。それは、多くの人が持つ共通の願い。でも幸せを手に入れる前に、私たちを邪魔するたくさんの壁があるのも事実。そんなとき、物事を複雑に考える...