こんな男は対象外!女性と話すときに気をつけるべきコト4つ

第一印象は3秒で決まる──、なんて表現もありますが、女性の場合はとくにそれが顕著。見た目だけに限らず、話し方に嫌悪感を抱くコトも。

そんなのごめんだ!とばかりに、「Elite Daily」の男性ライターWalter Yeates記事のなかで、初対面の女性と話すときのポイントを4つ挙げ、NGカテゴリ行きを避ける方法を示しています。見れば、どれもコミュニケーションマナーとして、ビジネスの場でも必須条件。どちらにせよ、意識するだけで即好感度アップの予感。

なにごとも「会話」がキホン

2b003136a688446fcdc0d6449d3bb0543e589c16

あなたがどんなにイイ男でも、会話がつまらなければ、その素敵さは十分に伝わりません。

どうしたら、相手が心地よくいられるかを学ぶことは、相手のためでもあり、自分のためでもあるのです。

喜ばれるメールの文章がつくれるのも、実際の対話のなかで気遣いができるから。コミュニケーションのツールは変わっても、会話を楽しませることができる力は、何にでも応用することが出来ます。

01.
まずは「聞く姿勢」から

初対面で自分の話ばかりする人は、うっとおしいと思われることがほとんど。沈黙を破るために、自分の趣味、人生の抱負、興味のあることを話し始めるのではなく、まずは相手の話を聞くことを意識しましょう。

心地いいと思われる人は、会話の主導権を奪うのではなく、相手に委ねることができる人。ゆったりと、それでいてにこやかに耳を傾けてくれる姿を見て、女性たちが嫌悪感を抱くことはほとんどありません。よく聞いて自分にも当てはまるところを探し、共感のコメントができれば、あなたとの会話をもっと楽しいと感じてくれるはず。

02.
スマホはカバンの奥底へ

E3394075d96b3baf8b6eb0d4c0d9814464b703c0

今後も良い関係を築き上げていきたいと思うのであれば、着信音で会話をさえぎるのはNG。マナーモードに設定し、見えないところにしまっておくのがベスト。机の上やポケットの中はバイブ音が伝わりやすく、意味がありません。

どうしても確認しなければいけないのであれば、トイレに行くか、相手が席を外しているときに。

03.
適度な「問いかけ」を忘れない

ジャーナリストレベルの質問をしろ、と言っているわけではありません。場のトーンに合わせて自分の話をしたあとは、必ず「あなたはどう思う?」とバトンを渡すように心がけましょう。共通点を見つけるために、タイミングよく相手の話に質問をしてみるのです。そうして似ているところを見つけられれば、会話はさらに弾んで、居心地が良くなっていきます。

イイ男というのは、こういった気遣いをスマートにできる人のことだと、覚えておきましょう。

04.
“うんちクン”にならない

Bff18c33a0ac7106a50949a37bbb7816de24d517

うんちくばかり話す人のことを、最近では「うんちクン」と呼びます。名前の通り、これは最低

また会って話すことができるのであれば、初回での会話をよく覚えておき、話題の準備をしておくことが肝心。ただし、これはリサーチしたことを得意げにベラベラ話すということではありません。それでは本末転倒、3度目の再会は望めないかもしれません。

楽しく話せるトピックを探し、会話のバトンは相手からスタートさせる、これがポイント。プライドが邪魔して知ったかぶりをするのはNG。とくに女性は「嘘」に敏感だから、なるべく等身大で素直な反応を!

Licensed material used with permission by Elite Daily
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
第一印象がすべて! というわけでは決してありませんが、第一印象が悪ければそれを拭うのに苦労することがありますよね。初対面の相手に好印象を与えるための方法は...
社会に出ると、たくさんの出会いがあります。しかし「続く関係性」を育むのはなかなか難しいものです。そんななか相手に「今後も会いたい」と思ってもらうために必要...
人を外見だけで判断するのはよくないといいますが、初対面においての判断基準は外見だけ。身だしなみが整っていないと、「そういう人」だと思われても仕方ありません...
私たちは、毎日たくさんの人に会います。そして、その出会った人たちはあなたのことをどれくらい覚えているでしょうか?出会った人に記憶されるということは、マーケ...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
「mindbodygreen」が選ぶ、“愛の伝道師100人”に選出された結婚セラピストShelly Bullard氏。恋愛の切り口も独特。例えばこの表現、...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
あなたが好印象を持つ人にはどんな特徴があるだろうか。イイ車に乗っている人、広い家に住んでいる人、高級ブランドを身につけている人?でも、「残念なことに所有物...
初めて会った時の印象ってかなり大事。いいな〜って思った人に、勇気を持って話しかけているのに、つれない態度を取られたり、全く笑ってくれなかったりしたら、気持...
男性のみなさん、「男らしくしろ」と言われた時どう思うでしょうか。また、女性のみなさんは、男性にどんな答えを望んでいるのでしょう。以下の動画は、5歳から50...
・男性の前だけ「頼りない女」を演じる・陰口や噂話など、他人を貶める話が好き・裏表があるこれらはいわゆる「これだから女は…」と言われるような、女性のネガティ...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
普通に会話をしているのに、何故か場をしらけさせてしまう。自分が入ると会話が続かない。そんなふうに悩んではいませんか?でも、コツを掴めば自然とつながっていく...
海外に住んだ経験があると、必ず聞かれるのが「現地の人と付き合ったこと、ある?」。最近は日本にいながらも外国人と付き合ったことがあるという人は増えた印象があ...
「私のコトを好きなのかどうか、彼の気持ちが知りたい……」残念ながらエスパーじゃない私たちには、彼の心をそのまま読むことはできません。でも、男性がしてしまう...
あの人の話はいつまで聞いていていも飽きない、あの人と話しているとなんだか気持ちが軽くなるという人が周りにいませんか?そういう人は自然と人に好かれる話し方を...
束縛男、つまり隠れモラハラ系男性とは、人間的な器が小さく、独りよがり。自分の価値観を女性に押し付けるタイプのことです。自著『ブラック彼氏』から、彼らの具体...
世の中には「話しやすい人」と「話しにくい人」がいますよね。話しやすい人と会話していれば、自然と盛り上り、また会って話したくなるもの。話しにくい人は会話がな...