景色が暗くなるどころか、むしろ「色鮮やかに見える」サングラス

普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分をちょっとだけ背伸びさせるのかもしれない。

でも、同時にジレンマもある。当然のことながら、サングラスをかけると、せっかくの異国の風景から「色」が奪われてしまうのだ

そんな悩みを解決し得るのが、この「Tens」。視界が暗くなってしまうどころか、むしろ通常よりも色鮮やかに見えるようになるという。

見えるのは
「インスタ」の世界?

636902546f6f683ea579f93ea7ab4ead837bb9a4D90a7d86bd690007c6a2952b956c6b20dbfa02c2

仕組みは単純明快。レンズに特殊な加工を施すことで、景色をより鮮やかに見せるそうだ。上のイメージ画像を見るかぎりは、その差は一目瞭然。

E76cfc10d90b9dd07a6ec71142cb9fcddcfd1826

通常の景色とTensをかけたときとの違いがコレ。後者の「海と山の色鮮やかさ」は、まるでInstagramで加工処理をしたかのよう。このイメージ画像通りの世界が待っているのなら、大袈裟だけど、かなりエポックメイキングな出来事だと思う。

ちなみに、採用するレンズはUV400とのことなので、本来の「紫外線カット」の役割はちゃんと全うする模様。ただし、偏光レンズではないので、少し眩しいと感じることはあるかもしれない。

好みに合わせて選べる
豊富なデザイン

4a6dfe769f93ff3bcd084ea7301bd314eb1e8eb4Ba4d5f7eeb6f793c68154fa94342a8bb678f48e9E9a8ffa8839f9a0ee577aef1e572b68f39cd942c67e582cd5fb561aa5884d364cfe278f291fc8a9a38dc34ed86ff1b3bd7d285f33189c3c9d3d2896c

現在「Kickstarter」でクラウドファンディング中。期限まで約2週間を残しながら、目標の約6倍となる金額を集めている。価格は60ポンド(約8,300円)〜と意外に手頃な印象。同サイトで注文できるのは上の5種類だが、公式HPを見る限りは、まだ別のデザインもありそうだ。

それにしても、資金調達中にもかかわらず、LOOK BOOKやプロモーションムービーを作り込んでいることに、同ブランドの本気度を感じずにはいられない。いま注文すると、GWには間に合わないが、夏休み前には届く見込み。航空券とあわせてチェックしてみては?

3827a0ca23d997680b8c98c93ae715adff00090eD3b55ae86a08f163911f2c5c6f8e5d8b9752739479ab321dcbd26184e2825213aa1efe87a4d60b6f57c99c7cb0cc4e28833ea0260e933761b5839929
Licensed material used with permission by Tens
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
サングラスといえば、金属とプラスチックでできている。そんな常識を覆す、まったく新しい素材で作られたサングラスがスコットランドで誕生しました。その素材は、な...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
プロスノーボーダーが作った〈DANG SHADES(ダン・シェイディーズ)〉のサングラスは、価格が3,000円代〜5,000円代が中心。コスパ、最高です。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
ファッショングラスが、完全にスタイルに浸透している欧米。かたや日本では、まだまだトレンド感覚が拭いきれていない状況。だってほら、これくらいメガネがアイコン...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
矯正器具でありながら、ファッションアイテムとしても愛用されるメガネの魅力はどこにあるのか?自らも外山氏のデザインしたメガネを愛用するTABILABO代表、...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
「ロレアル パリ」が制作した、この動画。主人公は、夫が色覚異常の悩みを抱えている3組の夫婦です。物語は、妻たちの不満の声から始まります。仕方のないことだと...