「旅するように働き、生きる」。そんな人生に向いているのはどんな人?

本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「仕事・遊び・生活」に垣根がない状態での生き方を提案しています。

彼らはこういった生き方を「モバイルボヘミアン」と呼び、自分の時間を取り戻すきっかけになれば嬉しい、と言います。そういった暮らしに憧れる人も多いかもしれませんが、じつはこのスタイルには向き不向きがあるとのこと。本田直之さんがまとめた「○×形式」がとても参考になるので、自分が当てはまるかどうかチェックしてみてくださいね。

○クリエイティブに考えられる人
×自由が苦手な人

D6aa54917edd91d9b35d6f5ed1fb413ef7e7ddf0

モバイルボヘミアンとして生きるならば、自分の働き方や生き方に対して、常識に縛られない「自由で柔軟な発想」を持つことが大切です。

たとえば長い通勤時間が煩わしいのなら、週に1日はオフィスに行かなくても仕事ができるやり方をゼロベースで考えて会社に交渉してみるなど、クリエイティブに物事を考える習慣を持ちましょう。

既存の常識を鵜呑みにしたり、違和感をスルーするのではなく「どうやったらできるのか?」「今までと違うやり方はないか?」と考え続けることが重要です。もちろん大言壮語を吐くだけだと、周囲からは「何を言っているんだ?」と思われてしまいます。あなた自身のスキルや仕事で生み出した結果を周囲に見せることで、説得力は生まれるのです。そこを履き違えないようにしましょう。

一方で向いていない人の特徴は、自由が苦手ということ。

一見、自由というのは誰にとっても有益なものですが、実際はそうではありません。制限された自由の中でこそ、力を発揮しやすい人もいますし「このポジションで、こういう働き方で、こういう仕事をやってください」と決めてもらったほうが成果を残せる人もいます。それもまたひとつの生き方ではあります。

ただし、モバイルボヘミアンとして生きたいのなら「ルールとは守るものではなく変えていくもの」ということを念頭に入れて行動すべきでしょう。

○実験し続けることができる人
×変化を恐れる人

Fdda413f877d6a28cffaaba210ef9710cd080408

次に大切なことは、クリエイティブに考えたことを実験し続けるということです。

もし、クリエイティブなアイデアが浮かんでも、そのままにして何も行動しなければ、現状は何も変わらないまま。仮にやってみた結果がうまくいかなかったとしても、それはあくまでもひとつの実験の結果として、固執しなければいいだけの話ではないでしょうか。

それなりの準備をしていれば「うまくいくはず」と自信も生まれ変化に対応することができるものです。逆に、実績がないまま大きな挑戦をしても、うまくいくはずなんてありません。この記事を斜め読みしただけで、スキルも手にせず新しい世界に飛び込むことは、勝ち目のない、ただの無謀な実験です。

真っ白い紙に、自分の意思で絵を描いてみませんか?たくさん経験を積んで実験していけば、絵を描くことに恐れなんてなくなるはずです。

◯プロの個人として生きたいと思う人
×時間労働者のままでいたい人

326ac533b6d7b5c79f03f1cc9d1122f9abfb8e07

3つ目のポイントは「プロの個人」として生きることです。

ここでいうプロとは、ある分野で生きていくための技術があり、自信を持ってそれを提供することでお金を得られる状態のことを指します。

プロの個人は比較的なりやすいものです。銀行マンなら金融知識のプロ、営業マンならモノを売るプロといったように、だれもが「プロの個人」になれる可能性を秘めています。人数や年齢の制限もありません。自分で積み上げてきた実績があれば、年齢を重ねて体力が衰えたとしても仕事は続けられます。

プロスポーツ選手と比べてみても、これほど楽なことはありません。スポーツの世界でトップになれるのは1人しかいませんが、自分らしく生きようとする権利は、1人だけではなく万人に与えられるものなのです。

一方で、1つの組織に属して誰かに給料をもらうという依存型の仕事は、シンプルにいうと「時間給」です。時間給とは、自分の時間を切り売りするということ。自分で仕事を作り、自由に働くプロの個人と、誰かに仕事とお金の両方を与えてもらう時間労働者。あなたはどちらの生き方をしたいでしょうか?

モバイルボヘミアンとしての生き方を選ぶならば、当然前者を選ぶべきなのです。

○セルフマネジメントができる人
×お金にも時間にもだらしがない人

D370ab8112ba41e31bd8ab6ea588d8135e960b88

4つ目に必要なのは、自己管理力です。

これがない人は、プロの個人として生きることはできません。自由であることは極論、何もやらなくてもいいということですが、自分自身を厳しく管理できる能力が重要になってくることも覚えておきましょう。

対照的に、会社員はある意味でとても楽な生き方ができます。出社時間や退社時間、すべきことが決まっているし、管理者もいます。よって、セルフマネジメントがあまり得意ではない人でも仕事ができてしまう素晴らしい仕組みです。でも、あなたがもしモバイルボヘミアンを目指すのであれば、このすばらしい仕組みに甘えてはいけません。

セルフマネジメントにおいて見習うべき人物は、大リーガーのイチロー選手です。彼のルーティーンワークや自己管理を徹底する力は有名ですね。ネクストバッターズサークルに入る時には、ストレッチを徹底。打席に入るとバットを一度膝において屈伸し、足場を固め、バットを立てるポーズで打席に立つ。準備を万全にして、結果を出すのです。

人生もプロスポーツと同じで、難しく考えすぎないほうが良い結果は生まれます。彼のようなプロ選手が、普段どういう自己管理や習慣を身につけているかを調べて、自分に応用してみれば、自ずとセルフマネジメントは徹底されるでしょう。

本田 直之

日米のベンチャー企業への投資育成事業を行いながら、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅し、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。

四角 大輔

アーティスト及びブランドプロデュース、公式サイト〈4dsk.co〉、著書インスタグラム、〈Lifestyle Design Camp〉を通して表現活動を行い、ニュージーランドで半自給自足の森の生活を、年の半分は世界中で移動生活を送る。

生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
仕事のためではなく、自分の好きなことを中心に置いたライフスタイルを貫く、本田直之さんと四角大輔さん共著の『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには...
「自分の思うがままに生活したい」…そう思っても、会社勤めをしている限りどうしても、この願いを叶えることはできません。会社員を辞めて、海外を巡りながら仕事を...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
前回、・ITを使った業務の効率化で働く時間を減らすこと ・どんなことでもビジネスにできるビジネス脳を持つことで「好き」を仕事にすることができるようになると...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...