ある「食物のゴミ」が、タイヤに最適な材料らしい。

これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられた思いがする。

ここで紹介する研究は、これまで使われていたカーボンブラックの代用として、農場から出る「ゴミ」を使おうというもの。

安定的に確保できる
サステナブルな材料

7bc4078bdfa71b49e7b66a50ff8a6250ed570e2f

Photo by Kenneth Chamberlain

では、そのゴミとは?

オハイオ州立大学」によると、「卵の殻」と「トマトの皮」を使ったタイヤが作れるようになるかもしれないらしい。

現在、タイヤの市場はグローバルで拡大しており、カーボンブラックの入手が難しくなっている状況とのこと。だから、より安定的に確保できるサステナブルな材料が必要と考え、この研究が始まったのだとか。

とはいえ、なぜこの2つが選ばれたのだろうか?

大量消費の「ムダ」に着目

B6d908367ccda2f84a51b90ad4993f5b2ed14b89

Photo by Kenneth Chamberlain

アメリカ農務省のリサーチによると、同国では年間1,000億個の卵と1,300万トンのトマトが消費されているらしい。

前者については、基本的にその分だけ「殻」がゴミとして出ることに。加えて、私たちの食卓に届けられる前に工場で割れてしまうものも相当数あるようだ。

後者はアメリカ国内で2番目に人気の野菜とのこと。もちろん皮ごと食べるケースも多いが、その大半が缶詰にされたり、ソースにされたりする。その際に、品種改良されたトマトの皮は消化に悪いという理由で取り除かれるらしい。

つまり、消費が続く限りこれらはゴミとして捨てられるだけなので、この研究が進められたというわけ。

意外に耐久性あり?

D7a203519160de5751e61216f2727a7020f8e016

Photo by Kenneth Chamberlain

気になるのが耐久性。正直、この2つに丈夫というイメージはない。

同大学研究者のCindy Barreraさんはこう言及している。

「カーボンブラックなどの従来の素材は、ゴムの耐久性を上げてはいたものの、柔軟性を落としていました。しかし、この卵の殻とトマトの皮でできた新素材は、耐久性と柔軟性の両方を兼ね備えているのです」

つまり、以前よりも優れた性能を発揮すると主張しているのだ。

サステナブルかつ高性能。すべてを信じるには時期尚早な気がするが、引き続き注視したい研究内容だ。

Licensed material used with permission by The Ohio State University
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
しかもこれ、“自転車に乗って走る”ことを動力源として機能するものなので、電気も要らないのです。もちろん空気圧も設定可能。つまり…、ゴムでできたタイヤチュー...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
ピットストップ1.92秒。これは、2016年6月に開催されたF1グランプリ第8戦(ヨーロッパGP)決勝、ウィリアムズのピット作業においてはじき出された、F...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
行きよりも、帰り道の方が短く感じる。そんなふうに思ったことはありませんか?実はこれまでにその謎を解明しようと、多くの科学者が調査を行っており、科学の世界で...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
卵、牛乳、そば、大豆、これらの食べ物に共通することといえば、食物アレルギーが出やすいという事実。もちろん、野菜やお肉でアレルギーを発症する人もいるため、一...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイ...
「緑や自然の中に身を置くと、なんだか穏やかな気持ちになるな〜」。そんな感覚は、多くの人が体験値として持っているでしょう。「HIGHER PERSPECTI...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
まだ相手のことがよく分かっていない、初デート。とくに向かい合って座る「食事」の時間はドキドキしますよね。好きなものはなんだろう?口の周りが汚れないものがい...
バースデーケーキのロウソクを消す「ふぅ〜っ」だって、少なからず撒き散らしているのでは?米・クレムゾン大学の食品安全研究チームは、それが本気で気になってしま...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...