料理名は「空と大地」です。

これはドイツ西部ラインラントの名物料理、直訳すれば「空と大地」。まるで歌のタイトルのようなネーミングですよね。空、大地がそれぞれ表すものが、木の上にたわわに実った「りんご」、そして地中で育つ「じゃがいも」なんだそう。

リンゴ、ソーセージ、
ときどきマッシュポテト

この地に暮らす農民たちが、リンゴ入りマッシュポテトをつくったのが始まりとされています。脂多めの肉料理やソーセージとよく合う理由は、りんごのフルーティーな風味。それを称して「空」と意味づけたんだとしたら、かなりロジカルな料理ということになりますね。

F290940bbf0d5692918a28b80256f262b44a7af3

〈材料〉

玉ねぎ:1/4個
りんご:1/4個
じゃがいも:2個
ソーセージ:適量

牛乳:50ml
バター:10g
塩こしょう:適量

 〈つくり方〉

玉ねぎを薄切りにし、りんごは皮付きのまま4等分のくし切りに。じゃがいもを丸ごと鍋に入れて、ひたひたの水を加えて強火で熱し、沸騰したら弱火で30分ほど茹でて火を通します。

フライパンにバター(分量外)をひいて中火で熱し、透き通るくらいまで玉ねぎを炒めたら取り出し、今度はりんごをソテー。ソーセージは表面を軽く焼く程度に。

鍋にじゃがいもを戻し入れてつぶしたら、牛乳を加えて混ぜながら中火で加熱。なめらかになるまで練り混ぜ、バターを加えてまた混ぜ、塩こしょうで味をととのえます。器にりんご、マッシュされたじゃがいも、ソーセージを盛り付けて、お好みで黒こしょうを。

パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。フィクシーというのはFixed Gearの...
さぞかし情熱的な一皿をイメージしてしまいそうな料理名ですが、これはデンマークのおふくろの味「ブランデ・キャルリフ」を和訳したもの。つまり、情熱的な“燃える...
ふかしたじゃがいもに乗せるものといえば…。テックスメックスならばチリビーンズにチーズ、イギリスならばハムやベーコンの細切りと、さまざまな料理スタイルが世界...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
地中海の食事として、2010年にユネスコ無形文化遺産に登録されたスペイン料理。和食同様、素材の持ち味を活かすのが特徴ですが、そのなかで異色の「ごちゃまぜ」...
カフェやレストランでウェイトレスに向かって、「熱い愛をください!」と言っても目をまん丸くされないのは、もしかしたらドイツくらいかも。こんなラブコメのセリフ...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
イングランドの空に変わった虹が出たと言うから、どんな形をしているのだろうと調べてみたら、変わっているのは形じゃなくて色。見ての通り、夕空を背景にした淡い紅...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
突然ですが、「よくねたいも」という商品を知っていますか? 期間限定のじゃがいもで、北海道のホクレンから発売されています。「こんなに甘くてねっとりしたじゃが...
ここに紹介する動画には、ハロン湾の豪華クルージングの様子も、世界遺産ホイアンのランタン祭りも、カイランの水上マーケットも、コロニアル様式の美しいホーチミン...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
空港ってなぜかワクワクする。そこにしかないお土産や食べ物などがあるから。「空弁」もその1つ。たくさんありすぎて、選ぶだけで迷っちゃう。海の幸づくしの王道も...