うつに苦しんでいた頃、立ち直るきっかけをくれたのは「写真」でした

つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、それは「写真を撮ること」でした。

言葉にできないことを
写真で表現する

「私みたいな人、きっと他にもいるはず」。

写真に救われたDanielleさんは、「Broken Light Collective」というサイトを立ち上げました。心の病に悩む人たちのためのギャラリーです。 

B01adae74021c620f757f42fc928fc7e1b4b7a88
「電池切れ」
Diana Colapietro(NY在住の21歳、パニック障害)
誰かの「灯り」になりたいと思う。でも話しているといつも、パニックになっちゃうの。
E42fa7244b553b17a061a86a8332b97467f1d97e
「私の妹は、自閉症」
Ashley Hilgarth(アメリカ在住の大学生、自閉症の妹を持つ)
ドキュメンタリーの授業で、妹・アリアナを撮影しているの。本当に若いパワーが溢れていて美しいわ。
49947ebbb48f3424e45bfac4749649d4903a006c

「囚われの身」
Kira(大人になって初めて自閉症と診断された女性)
こんな偽の笑顔を浮かべること、誰だってあるんじゃないかしら。表向きは大丈夫そうでも、中身はぐちゃぐちゃってことって、往々にしてあるはず。

Fc5ac29c393f3f0ff88fa9f7e60ac4cc579afd7d

「失われたもの」
Street Wolf(32歳男性、自殺未遂や薬物中毒を経験)
パニックになったとき、この苦しみを写真として残そうと思ったんだ。本当につらいんだよ。症状が発症する度に、どうやったら二度と苦しまなくて済むのか、いつも考えている。

A0e75060d5636daac8c74fcafefaa61d12e23ea6

「安全な港」
Livonne(オーストラリア在住の55歳、ストレス障害)
安全地帯から離れて…探検、夢、発見。

17e21300653d123c697ae5915d3a45b184daefc5

「闘いの色」
Shannon Kane(20歳の大学生、不安神経症)
私たちに起こったことは、すべて「色」として残っていくの。

595c9c3dc4078ea221bb17ce60bf7714dac14d16

「泣きわめく橋」
Morgan(カリフォルニア在住の21歳女性、双極性障害)
1937〜2004年の間に、約1,600人がこのゴールデン・ゲート・ブリッジから自殺したんですって。だからかしら、この橋を見るたびに、何だか憂うつになっちゃうの。

2f8d18ce8143344650c5ee23beaa0434db6bce7d

「喪失」
Shelby Hall(3児の母、うつ病)
子どもができたとき、自分の中に絶対的な愛と喜びが生まれました。しかし同時に、迷子になったのような気分にもなりました。アイデンティティを失ってしまう感覚です。

004242c995d12d50e0f20aa031eef10cd7b186e6
Licensed material used with permission by Katie McLaughlin/Broken Light Collective

「本物の友だち」
Katie McLaughlin(コネチカットのティーンエイジャー、うつ病)
私の親友はこの子。Sageっていうの。悲しいときも嬉しいときも、いつでも一緒にいてくれる。最高のパートナーよ。

写真がセラピー
お互いに支え合う人々

ときには、撮影者のつらいエピソードとともに掲載される写真たち。作品を見ていると、彼らの言葉にならない思いが伝わってきます。

Ec40d3c09dd553ee0441487c21743a0bbbac9b57

「当時、心がぐちゃぐちゃになっていた私も、写真でなら、言葉では表現できない自分の気持ちや人生の側面を表現することができました。一種のセラピーのようなものだったんです。おかげでベッドから這い上がって、もう一度世界と繋がりを持つことができたんです。

このギャラリーを通して、みんなで支え合い、つらい時間を乗り越えていきたいです」

Licensed material used with permission by Broken Light Collective
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
不安障害、パニック発作、うつ。昔に比べると「心の病」についての理解が進んできたとはいえ、まだまだ見ためには分からない病気を抱えた人たちは、生活に苦労が絶え...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
一般的なうつ病は、季節と関係なく気持ちが塞ぎこんでしまうものですが、それとは別に決まった季節だけに発症するうつ病があります。正式名称は「季節性感情障害」と...
「うつ」になる理由は様々かもしれませんが、ケガのように外から見てすぐに気がつくものじゃないからこそ、周囲の理解を得るのが難しいことも…。ここで紹介するのは...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
James Friedmanさんは、30年以上にわたり母親の写真を撮り続けたフォトグラファー。でもそれは、愛のこもった温かな写真なんかじゃなかった。Pho...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...