色も柄も大満足の手づくりブックカバー。ただひとつだけ気に入らなかった部分が、今では大好きに。

自分の名前とはとても大切なもののはずです。

子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか消しゴムとか、ありとあらゆる自分の持ち物に名前を書いていました。

大人になってから名前を書くものといえば、役所への各種届出とか、スマホの契約とか、宅配便の受け取りとか、タイムカードとか始末書とか……。

社会的には重要なものかもしれませんが、個人的に本当に大切かというと、そうでもないような気もします。

学生だった頃、染色家である母に、ブックカバーを染めてほしいと頼みました。

単行本用と、文庫本用の2冊です。

色と柄は自分で考えていたとおり、見事に出来上がっていたのですが、裏表紙には、何と自分の名前が勝手に入れられていて、「こんなの恥ずかしくて使えないぞ」と思ったのを覚えています。

でも、学生時代から今日まで、これらのブックカバーを使って、いろんな本を読みました。いろんなところに行きました。満員電車の通勤時にも、長期の出張にも、やっと休みが取れて出かけた短い旅行にも。

それらはすべて、個人的にとても大切なことでした。本を読むことは、僕にとっては、いろいろな自分に戻れる時間であり、場です。

名前入りブックカバーは、その印のようになっています。

0f3a41546fc20863f134477cff2ea4d5cad522866c3162ca01b7f012c638feedc808938a0fd83f50E1bdc597b574957aa0d0e9104d63e131e58023951016ceadd1edeee27cee79e2f73a51c0973ad350

空閑理/編集者
1983年、福岡市生まれ。武蔵野美術大学 油絵学科卒業。2010年、D&DEPARTMENTに入社。47都道府県それぞれに1冊ずつの発行をめざすトラベルガイド「d design travel」の編集・執筆などを手がけ、2013年から2016年は同誌の編集長を務めた。現在は休養中。

Photo by 元家健吾

いろんな人がモバイルしているモノを紹介していくプロジェクト『ビー』の記事です。TABI LABOで毎日1本ずつ記事を公開していきます。 

ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
枕カバーって、どれくらいの頻度で交換していますか?お風呂に入ってサッパリきれいになった顔が触れている枕には、死んだ皮膚や細菌、バクテリアが……、なんて考え...
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
2年連続でグラミー賞を受賞しているアメリカのアカペラグループ「ペンタトニックス」って知っていますか?ダンサブルな曲をカバーすることで知られていて、ライブで...
もうお気づきの人も多いでしょう。1月14日、フェイスブックの「いいね!」ボタンが進化しました。え、まだ知らない?試しにボタンを長押ししてみて!フェイスブッ...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
MILANはスペインの総合的なステーショナリーメーカー。なんですが、それは今現在の話。もともとは手作り消しゴムの専業メーカーだそうです。靴でもカバンでも専...
今、キャンプ場でテントを張らずにハンモックで寝ることが多くなってきているらしい。これには様々な理由があって、スペースをあまり取らないために場所を選ばないし...
手のひらにすっぽりおさまる、小さなソーイングセットです。これは、仲良しの友人が「これ、ゆみさんにいいと思って」って、プレゼントしてくれたんですよね。この友...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
電卓って、いいよね。でも、なかなかいいのがなくてね。それで、めっちゃ探して、海外から輸入している文房具屋さんの通販で見つけたのが、これ。カバーをパカッと取...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その...