紅茶界の常識を打ち破ったお店が提案する「正しいティータイム」って?

どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。短時間で茶葉の成分を効率よく抽出するために、茶葉を最初から細かく砕いておくという、忙しい現代人のニーズに応えたもの。

これはティービジネスではもはや常識らしく、関係者の中には「CTCは必須。質より量だ」と唱え続けてきた人も多いんだとか。しかし、その常識を疑い、「美味しいティーを届けたい」という思いに忠実に理想を追求したお店がこちら。

味からパッケージデザインまで
「正しい一杯」に妥協はない

Af48a1b3d1ddf881e5facdcbb0c0c6e0560bf593

北青山にある「Brew Tea Co.」は、イギリス・リバプール発のティーショップ。「正しいティータイム」を理念に掲げ、「CTC?そんなの必要ない」と独自のアプローチでお茶を販売している。

3年かけて理想の味を求め、テイスティング、ブレンド、パッキング、ティーバッグのバッグ製作までのプロセスを自分たちで実行。リーフの大きさもティーバッグの中身の量(通常は一律2.5gになっていることが多い)も、それぞれの茶葉により合ったものに変えているのだそう。

0958441a4df589931e86372abd3fbdaee972fd58

理想は味の良さだけでなく、「ティーのある時間」の幸せを分かち合うこと。パッケージもシンプルながらカラフルでカワイイ。

よく見るとワンポイントのデザインも様々。チャイにインド象、フルーツパンチにパンチグローブ、イングリッシュ・ブレックファーストに目覚まし時計のマークなどが施してあり、芸の細かさに感心する。何個でも揃えたくなってしまいそう。

99ce51e3f0b38835a1268dd5cfbdabbddb9296eb

家でも「正しいティータイム」を

D76be8226c45cdfd3bf13b6c0277e30f080eb40b

しかも、オフィシャルHPでは、「正しい一杯」を自宅で再現するため、お湯の温度や蒸らす時間、味の傾向、一緒に食べたいものまで茶葉ごとに紹介してくれている。手取り足取り私たちを導いてくれる親切心がたまらない。

ちなみに、各種ティーバッグだけじゃなく、リーフタイプも購入可能。

C3cd8ffe02aaafcd88d4b316f415b2b6abf45010

お店の茶葉をアレンジした飲み物レシピもHPでチェックできる。家カフェに最適なこれらのメニューはイギリスの本社からの提案で、種類はチャイからレモネードまで様々。ここまでしっかり「正しい一杯」をプロデュースしてくれるのなら、いっそカフェも経営してほしいと思ってしまうのは私だけ?

お店では試飲やテイクアウトができるので、お茶通もそうでない人も、この機会に足を運んでみては?

0b123f5c3acaa11b23f09931844c04f113b91c56C2adec09479c1039749795ea6390af5ab4a79be8

【店舗情報】
ブリューティーカンパニー北青山店
・住所:東京都港区北青山3-14-1 1F
・営業時間:10:00~18:00
・電話番号:03-6712-6895
・休:火曜日

Licensed material used with permission by Brew Tea Co. Japan
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
美味しい紅茶やコーヒーでほっと一息。ティータイムをより優雅にしてくれるのが、ウクライナ出身のLena Staceyさんによる、食べられるレースのお砂糖「D...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
「2016年は、紅茶の年だった」そう言ってしまいたくなるほど、この1年で目覚ましい活躍を見せた紅茶。中でも、スターバックスが展開する専門店「TEAVANA...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
女性に例えると、きっと「あざとい」タイプ。フリルをたくさん纏った、いかにもぶりっ子って様子ではないのだけど、しっかり"胸きゅんポイント"を捉えていて、絶妙...
そらが少し高くなり、頰をすぎる風もちょっとずつ冷たさを増してきました。そろそろ風邪や冷えの予防をはじめる時季。体をあたためる食材にショウガがあります。これ...
ハリウッドの西側に位置し、ビバリーヒルズのお隣にあるウエスト・ハリウッド。この地で紅茶を販売する『Pearl’s Finest Teas』から、青、紫、黄...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
カナダ生まれの「ロンドン・フォグ」は、今や欧米でも大人気のドリンク。アールグレイティーにバニラシロップ、温めたミルクを合わせ、ふわふわのフォームミルクをの...
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
『bills(ビルズ)』と言えば、あのふっくらまあるいパンケーキ。それから、口のなかでとろけるなめらかなスクランブルエッグ。世界一の朝食が食べられると謳わ...
ひと口にティーバッグといっても、いろんなタイプがあります。御守り型の平べったいもの、円形、ピラミッド型、お団子タイプなど。でも、これは斬新。何よりカワイイ...
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
7月30日(土)にオープンしたばかりの「GRAIN BREAD AND BREW」は、世界中で食べ歩きをしてきた“サンドウィッチギーク”が開いた「クラフト...
イギリス・ロンドンのカフェ、ティーテラスは「Phonetentiary(フォーンテンシアリィ)」という一風変わったサービスを行なっています。それは「ティー...
このところ紅茶をとりまく話題がおもしろい。水出しによる淹れかたが評価されたり、コーヒー専門店がわざわざ新ブランドを展開したり。それは、アフタヌーンティーの...