「肩出しトップス」で登校後、着替えた妹に姉がとった行動とは?

アメリカ・カンザス州に住む13歳の少女が、お気に入りの服を着て学校へ行きました。裾が広がりレースがついていて、肩が大きく開いたピンク色のトップス。「可愛い!」と思って着ていったのに、これが思わぬ展開に。

Medium 515a54a7bb0b10828fbd795735e1210f3284c0c7

 服を着替えた少女
姉が見せた「対処法」

学校へ行くと、「胸と肩が出すぎている」と指摘され、結局お気に入りの服を脱ぐことになってしまった少女。それを知った姉のイザベラさん(18)は妹に着替え用のTシャツを手作りしました。けれど、これはただのTシャツではなく、妹の着替えに抗議するイザベラさんの思いが書かれています。

Medium dc6b8328f3cdea41502dc2c96b2ea98c4e241a19

ドレスコード(服装規定)は:

ー若い人の体を性的な対象としてみることを促している
ー見る人がどんな考えを持ち行動をしても、それらの責任を
 着ている人に負わせることになってしまう
ーレイプカルチャーを続けさせてしまう
ーばかばかしい

イザベラさんは妹が着替えをしなければいけなかった事に対して、真っ白なTシャツを使って抗議。肩が大きく開いた服を着てきた少女の姿を見て、先生もハラハラし、異性から色目を向けられることを心配したのかもしれません。けれどイザベラさんは、服を変えなければいけない理由がそうだとしたら、それに従うという事は男性が女性をそのように見るのが当たり前で、女性がそれを受け入れて我慢するということ。そんなことは認められるべきじゃないと訴えたかったのです。

Twitterで反響も
意見は賛否両論

「よくやったわ!あのピンク色の服は妹さんにとっても似合ってる。不適切なことなんて何もない。良い手本ね!」

「ドレスコードには賛成しないけど、もし自分の娘が13歳だったら、あのような服は着ていないだろう。学校に任せておきなさい。あの服は襟ぐりが深いよ…」

イザベラさんの投稿には約6,000人が「いいね」をし、3,000人近くの人がリツイートしました。集まったコメントは、彼女を応援するものがほとんどでしたが、自分の娘だったらなどと言って、反対する意見もありました。しかし、そのようなコメントに対してもイザベラさんはこう答えます。

「あなたの娘さんのためにも考え直してみてください。肩が見えているから『襟ぐりが深い』と言って不適切だとみなすということは、娘の体を性的な観点から見ているということ。娘さんに教えてあげるとしたら不適切だと言う代わりに、もしこれが男の子たちの気を紛らわせることになっても、それはあなたのせいじゃないと教えるべきだわ

また、イザベラさんは、「女性をもっと敬うべき」とも訴えました。

普段、無意識のうちに行動したり発言していることは、社会問題にも繋がるということに気付かされる出来事でしたね。

Licensed material used with permission by Isabella Rossellini
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
「彼の姉妹と会う」というと、なんだかちょっと緊張しませんか?彼が子供のころからずっと一緒に暮らしてきた人だし、恋人のあなたが目の前にやってきたら、複雑な感...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
個性的で、自然と人々を惹きつける、とても魅力的な水瓶座の女性。「そんな彼女たちを姉妹に持つと、人生がもっとワクワクする」と語るのは、「Elite Dail...
人口およそ12.5億人のインド。国民の約8割がヒンドゥー教徒(外務省調べ)という信仰心の厚いこの国で、あるゴミの始末をめぐって人々が悩んでいた。日用品のパ...
姉の失敗を見ながら育つ妹は、言ってしまえばお得なポジション。そんなの不公平!と思うことも多いかもしれませんが「妹なしで、今のあなたはいない」と、ライターの...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
独メディア「ドイチェ・ヴェレ」が行ったダライ・ラマ14世への単独インタビューで、先のパリ同時多発テロを受けて、事件後初めて公の場で発言をしました。ここでは...
アメリカに住む12歳のエヴァは、妹がいじめにあってると知ったとき、ステキな招待状をいじめっ子に用意しました。その内容を、この姉妹のベビーシッターがTwit...
「LittleThings」にライターREBECCA ENDICOTTさんがまとめた記事には、「花」を使ったとある計算問題が。落ち着いて臨めば誰だって正解...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
あぁ、なんで男性ってこんなに女性のことわからないんだろう?男ってみんなこうなの?と思っている女性のみなさん。今度から理想の男性のチェック項目に「姉妹がいる...