059:「このハンドルが便利」とスタイリストが愛用する、ペグバッグ。

〈Kirkham's(カーカムス)〉は、コットンテントで知られるソルトレイクシティのアウトドアメーカーです。

これ、本来の用途はペグバッグなんですが、僕は普段からバッグインバッグとして使ってます。

ポイントはいろいろあるんですが、まずは配色。ボディとハンドル部分の色の合わせがかわいいな〜と。

また、このハンドルがあることで、単品で持ち歩くにも便利だし、バッグの中からも取り出しやすい。アウトドアのギアらしくとても軽量だし、バッグインバッグとしてのサイズ感もバッチリ。価格もたしか1,000円代で、コスパもいい。

じつは色違いでもうひとつ持っているぐらい。

カーカムスのペグバッグ、かなり使い勝手がイイです。 

93511e04ae9eb4e569b089dc8e155d526b67988874f3f4c72f33fda48cac4214ba1578b68e5dfacf444ad4db9287a33ee370eda41c7001f69c6321e3

池田尚輝/スタイリスト
'05年渡米。帰国後現在はファッションを中心として様々なフィールドで活動。最近、仕事の成果メインのインスタも始動。@works_by_naoki.ikeda

Photo by 元家健吾

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

せっかくのキャンプでアウトドアを楽しみにきたはずなのに、テントの設営に四苦八苦しているうちに、貴重な時間を取られてしまうことって結構あるもの。それもあって...
物の本で読んだか、人に聞いたか。情報源は忘れてしまったんですが、爪楊枝って古代エジプトから存在しているエチケット用品だそうです。意外な歴史を知ったからって...
スタイリストの仕事は、撮影現場でタグを切るとか、細々した作業がいろいろあって、こういったマルチツールは必須なんです。で、〈VICTORINOX(ヴィクトリ...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
レインコートってずっと持ってなかったんですが、これは気に入りました。透湿、防水、撥水と三拍子そろった素材。ダブルZIPにサイドスリットと、動きやすさもバッ...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
あえて誤解を恐れずに言うならば、近ごろ流行りのグランピングとは“対極”にあるテント。そう言い切ってしまえるのは、この「クレイジーエックス」が、野外で快適に...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
普通のキャンプでは、もはや満足できないキャンパー、アウトドア好きの人たちにおすすめしたい宿泊施設がこちら。まるで“エクストリームスポーツ”のようなこのテン...
岡山県の海沿いの街に暮らしている私たちの家族は、よくビーチに出かけます。でも、ビーチで使う敷物でなかなか気にいるものがなくって、自分がディレクションを担当...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
僕は常日頃から“もっとみんなメガネストラップを使えばいいのに!”と思っています。それぐらい便利。例えば、フェスやキャンプなど、アウトドアでサングラスをかけ...
ひとり暮らしでもしていない限り、自分ひとりの時間って取りづらいものですよね。それでも、ときには誰の目も気にせず「ひとりだけ」の時間を楽しみたいもの。そんな...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...