花嫁がバージンロードを歩くとき、新郎はこんなことを考えているらしい。

会場のドアが開き、花嫁がバージンロードをゆっくりと歩き始める。この日ばかりは、女性は誰でもお姫様になる。

そんな、人生に1度の感動的な瞬間を目の当たりにした新郎の頭には、どんな言葉が浮かんでいるのでしょう。18人の新郎が「Elite Daily」の記事にぶっちゃけたようです。

01.
「だめだっ!涙は堪えないと」

A1475e098f33ea869cf481f1342e4c93f1ed3855

結婚するまでの4年間、妻の前で泣いたことなんて1度もなかったんだ。でも、教会のドアが開いて彼女が歩いてくる姿を見たら、つい目が潤んできてしまって…。堪えられていたかどうかも、よくわからないよ。(ジョン・M, 28歳)

02.
「頼むよ、どうか転ばないで…」

妻は少しそそっかしいところがあって、結婚式の日に一番心配していたのは、何より「つまずくことなくバージンロードを歩ききれるか」ということだった。祈りながらずっとヒヤヒヤしていたのを覚えているよ。(ミッチェル・H, 29歳)

03.
「それより…ご飯まだかな?」

花嫁がバージンロードを歩いている間「いつになったら食事をとってもいいのかな?」と考えていたこと…どうか非難しないでほしい。朝から長い写真撮影に、挙式の準備。それに、もうすでに花嫁姿は見ているし…。夜の7時頃ともなれば極限状態。

まだ挙式が終わらないのか…ということと、どうにかして何か食べようということしか考えられなかったよ。(クリストファー・S, 33歳)

04.
「あぁ、先に見ておいてよかった〜!」

229e51f34f9bdae88fbabee000b3cd0ddec000dc

挙式の数時間前、先に花嫁姿を見ておいて本当によかった。もし見ていなかったら、公衆の面前で狂ったように泣いてしまっていたと思うから。緊張で倒れていたかもしれないけど、2人きりのときに初めて花嫁姿を見て、すでに涙を流していたから落ち着いて挙式ができたんだ。ふう…危ない。(ジェイソン・S, 26歳)

05.
「なんて窮屈なんだ…」

結婚式で新郎になるということは、映画の中の俳優になっているような気分だ。かなり見せかけだし、隅々まで計画されている。役を務めることで精一杯だった。仕方ないと思わないか?(セス・J, 31歳)

06.
「頼むから気づかないでくれよ、この汗」

僕は、緊張で汗をかいてしまうタイプ。彼女がバージンロードを歩き始めたとき、自分のシャツがじんわり濡れていくのを感じたよ。もし誰かが、僕の汗が額や手を流れているのに気が付いたら、とにかく気が気ではない。(ジョー・D, 27歳)

07.
「わかっているのに、頬に力が入らない!」

7e0cf959fd904200fc844b1d59e56ce65edfab57

幸せすぎて、緊張しすぎて、笑顔がとまらなかったんだ(笑)。大きな笑い声じゃないけど、終始笑っていた。周りの人たちに変な人だなと思われていないか心配だったよ。ただ単に、とても嬉しかっただけなんだけどね。(サム・H, 31歳)

08.
「よかった〜、本当に来てくれた」

僕の場合は、事前に花嫁姿を見ていなかったから、本当に彼女がバージンロードを歩いてくる瞬間まで、ずっと心配だったんだ。疑ってはいなかったけど、それでも緊張しすぎて、夢なんじゃないか、って思ったりして。(マシュー・D, 33歳)

09.
「ああ、暑すぎて意識が…」

未来の新郎となるみなさんへ伝えておきたいのは、教会によってはエアコンがない、ということ。夏に挙式をするとなると暑くて死にそうになる。

花嫁がバージンロードを歩いてくる姿を見ているときでさえも、体がしんどすぎて熱でもあるんじゃないかと考えていたくらいさ。(ジョシュア・S, 35歳)

10.
「なんで、僕を選んでくれたんだろう?」

671b55cd37f9c74192a53791d7732504c7b9f747

心底、自分は世界で最もラッキーな男だと思ったよ。バカっぽく聞こえるかもしれないけど、本当にその瞬間、なぜ自分を選んでくれたのか、分からなかったんです。(クラー・S, 28歳)

11.
「ここで待つんだっけ?
やばい、迎えにいくんだっけ?」

とにかく、頭の中が真っ白になる結婚式。これから何をするのかも忘れてしまう。そして自分も歩いていき、通路の半分くらいのところで落ち合おうとしたら、牧師に肩をつかまれ、小声で教えてもらうのでした。あぁ、あの恥ずかしさといったらもう…(マイク・J, 33歳)

12.
「緊張で、そろそろ気絶するかも」

E2c48466b468dfe1ff298cce08e729ce693b3e9c

その日は何も口にしていなくて、暑かった。そのうえ、極度の緊張。花嫁がバージンロードを歩いてくるときには、今だけは気絶しませんように、他には何が起きてもいいから、気絶だけはしませんようにって。(ジャスティンK, 24歳)

13.
「本当に、夢じゃないんだよな?」

恥ずかしいんだけど、彼女がバージンロードを歩いてくるとき、自分の頬をつねらずにはいられなかったよ。それくらい、本当に素晴らしい出来事だったんだ。(ジミー・P, 31歳)

14.
「彼女は、一生そばにいてくれるのかな」

A1302bb8e5d464dbd5639bf236574d4b88a3cd3a

いつも「きれいだな」と思っていたけれど、あのとき以上に輝いて見えたことはない。あの瞬間の彼女の姿を忘れたくない!と思って、数秒目を閉じて、心の中でシャッターを切ったんだ。(スチュワート・L, 36歳)

15.
「うまく呼吸ができない」

どうしよう、どうしよう、と思い続けていた。もし、誰かにスピーチをしろとでも言われていたら、緊張してまるで2歳児のような話し方しかできなかったと思う。(ティム・W, 25歳)

16.
「みんな見てくれ!あれが俺の花嫁だ!」

周りの目が自分に向いているのを感じて「花嫁を見てくれよ!」と叫びたくなったんだ。彼女が完璧な姿を披露しているときに、僕のことなんてどうでもいいだろ? 今思えば、緊張で意識がおかしくなっていたのかもしれない。(ティム・S, 35歳)

17.
「本当に、あのとき出会えてよかった」

9d6af5a1b835ccd3b9f70a45e5d35cc9c51988c2

初めて彼女に会ったときのことを思い出さずにはいられませんでした。そのときのことを思い出していたら、つい笑顔になってしまったよ。(ハーヴィー・K, 33歳)

18.
「目を奪われるって、こういうことか…」

数秒間、息の仕方を忘れていた。心臓がバクバクして、汗をかいて。緊張していたと言われればそれまでだけど、幸せなあまり、息の仕方を忘れてしまったんだ。(ポール・Y, 23歳)

Licensed material used with permission by Elite Daily
米オハイオ州、ロレイン郡で行われたある結婚式が話題になっています。花嫁のブリタニー・ペックさんには、育ての父親と生みの父親であるトッドさんの2人の父親がい...
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
今日は結婚式。会場はカリブ海のまんなか。主役である花嫁はまるで人魚のよう…。まわりのゲストたちも水をかけて祝福しています。そんな夢のような結婚式を挙げたの...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
結婚を報告すると、お祝いの言葉をたくさんもらって、友達が式に足を運んでくれて、まるで自分のことのように喜んでくれる。でもね、新婦Brittneyと新郎Ko...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
結婚式は、人生で一番ハッピーな瞬間。でもそんな式を夢見ていたはずなのに、突然中止になったら…。一生一緒に歩んでいこうと思っていた相手が、じつはウソをついて...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
この動画は、いわゆる結婚式の一日を映したものですが、ちょっと普通じゃないウェディング・ムービーに仕上がっています。なぜかと言えば、全編に渡って犬の視線で捉...
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
素敵なウェディングカードを見つけました。初めは、そのデザインに惹かれたのだと思いました。でもしばらくして、そっと込められた意味に気付いた時、もっと魅力を感...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...