天職を掴みとるために知っておきたい「6つのこと」

起きて活動している時間のうち、じつに30%以上の時間を私たちは職場で過ごします。そんな風に人生の大半を捧げるのであれば、自分が納得した職場で働きたいものです。

Elite Daily」のライター、Dan Scalcoさんはそんな「天職」を掴むための秘訣を紹介しています。

01.
本当に自分が「好きなこと」
知ってる?

5967dff34f9a2fdf4dc8366f8d7f2101b8586bdf

まずは「自分が何をしたいか」を見つけないことには始まらない。あなたの一番の関心事は何だろう?

もちろん仕事だけじゃなく、プライベートに関することも大切だ。それが君のやりたい仕事に繋がってくるからね。自分は人と話すことが好きなのか、それとも、ひとりでものづくりをすることが好きなのか。

もし自分のことがよくわからないのなら、パーソナリティ診断を受けて自分の性格や適性を知るところから始めてみては?

02.
自分にしかできないことを
見つける

他の人と比べて、自分だけが持っている「ユニークなところ」は何だろう。

仕事を見つけるためには、最終的には競争相手に勝たなければならない。そのときに役に立つのが「独自性」だ。

得意なこと、自分の性格、そしてライフスタイルを振り返って「これだけは誰にも負けない」と言えるものを見つけてみよう。

03.
誰よりも目を引く
魅力的な履歴書をつくる

65e14496ffb52710eed4cd66429ddac878fcf7f7

履歴書は、あなたの「第一印象」を担っている。

たくさんの履歴書のなかから抜きん出るためには「戦略」が必要だ。就きたい仕事に関連する経験を最優先にして、その仕事に役立つスキルをしっかりとアピールしよう。

04.
ネットワークを
広げること

人脈は、君の夢を叶えるための貴重なものだ。就きたい仕事の関係者と親交があれば、わざわざ就職活動をしなくても仕事がもらえるかもしれない。

関係者の中に身を置き、あなたの夢や目標を知ってもらおう。そしてあなた自身に興味を持ってもらうことが大切だ。

SNSや知り合いのつてを当たって、ネットワークをどんどん広げていこう。

05.
お金よりも
「経験」に焦点を当てる

0bc2a4cbf161255f3cf9ecc4b96140ffb33b27b0

生活するために仕事をするのだから、当然「給料」も無視できないポイントだ。でも、少し立ち止まって考えてみてほしい。

お金を稼ぐことが、あなたにとって本当の幸せだろうか?

一度給料のことは横に置いて、キャリアアップを目指して生き生きと働ける仕事を探すことに集中してほしい。

06.
粘り強く
諦めないこと

夢を叶えるためには、ある程度の粘り強さが必要だ。失敗しても諦めずに就職活動を続けてほしい。

すぐに結果が出なくても人脈を広げ、夢のためにスキルを磨くことには大きな価値がある。そして、その活動はやがて素晴らしい成果に繋がるだろう。何があっても集中して、前を向いて、自分の夢に向かうこと。その努力はきっと報われるはずだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
新卒で入社した企業に一生勤めるのは当たり前、なんて考え方は大げさではなく過去のもの。もちろん転職するのが正というわけでは決してないけれど、常に新たなキャリ...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
なかなか理想的な相手に出会えない…。恋愛と同じ、時には、それ以上に困難なのが、就職や転職ではないでしょうか。面接で一生懸命アピールしてもうまく伝わらない。...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
現代において、キャリアへの憧れは男女問わないものとなりました。女性の職場がまだ少なかった時代から長年トップCAとしてキャリアを形成してきた私ですが、いわゆ...