洗濯するたびに、私たちは「繊維」を食べていた?でもこのボールがあれば大丈夫

洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手のひらサイズの「Cora Ball」を。

洗濯機の中に放り込むだけで、洗濯から出るマイクロファイバーをごっそり取り除いてくれるというアイテム。使い方はとてもカンタン。

97718e90a10ab56d5a203e29c19c6d681d59224d

こんな風にポ〜イって洗濯機に入れて、

5837814dd517213e2109f46c2ca9ab1f3d204402

衣類と一緒にお洗濯。

De622793fece8aa404b380c7ca04c4e68d2780fd

終わったら、絡みついた繊維を取るだけ。

日々「繊維」を
食べている私たち

Medium 557854a9ca176fb2df85c11ea2b7895c5691ba39

洗濯するたびに、洋服から出るマイクロファイバー。とても小さく、洗濯機から流され、排水処理施設を通り運河に流れていき、それを魚が食べていく

ということは、服を着て洗濯している私たち全員に責任があるということだし、長い目で見ると自分たちにも影響してしまうというから、人ごとではいられない。

インスパイアされたのは
「サンゴ」

Medium a559a687344d131e975aed63f852487d20827d48

プロジェクトチーム「Rozalia Project」の設立者ミラーさんは、ボールを作る際に、小さなものでもキャッチしてしまうサンゴからアイデアをもらった、とか。それを聞くと、あのボールのデザインにも納得がいく。

Rozalia Projectは、もしアメリカの世帯の10%がCora Ballを使った場合、3,000万本ものボトルに相当するプラスチックを水路から取り除くことができると想定。そしてそれが、海や湖、川を守ることに繋がるということ。

現在、マーケットに出すためにクラウドファンディングで資金集めをしていて、1個20ドル(約2,200円)からとのことだ。

Licensed material used with permission by Cora Ball
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
以前、TABILABOでも紹介した、全自動洗濯物折り畳みマシーン。見るからに便利そうなこの家電が、多くの人の熱い支持と長い開発期間を経て、とうとう2017...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
みなさん「エクササイズ」してますか?定期的な運動はカラダにもいいし、ストレス発散にもなります。ただ、運動が大事ってことは分かってるんだけど、仕事は忙しいし...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
オレンジから作られた新しい繊維「Orange Fiber(オレンジファイバー)」が、お手入れいらずで、しっとりやわらかお肌を手に入れられると注目されていま...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
「プラスチックが海の生物にとってどれだけ有害か。そして、ストローがプラスチックを使った製品の中でもどれだけ無駄なものか」テキサスA&M大学で海洋生...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...