「タトゥー界のピカソ」によるキュビズムの入れ墨

20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。

ルネサンス以来、定説だった一点透視図法(単一焦点による遠近法)を放棄して、複数の視点から見たモノの形を1つの画面に収めるこの手法は、「立体派」とも呼ばれている。

そんな西洋画からインスピレーションを得て、というキャンパスにユニークな入れ墨を描き続けているのが、ロンドン在住のタトゥー・アーティストMike Boyd。ここに紹介するタトゥーを見れば分かるように、どれもが異彩を放っている。

アートをまとう。
タトゥー界に新たな潮流

60272a6bbe20206379ede527781ca25e283a219a28a55248b822db119738e7103300b83215643cecC114ec1a7632360c6ead5b7b5f4f31715f8cc3856fa814a14ba7bd67b41edc32c2d8ce90755c3767Ff972da6dc3561eba8d7c35fe7c2bc6dfcd33059A6de564a6543ba17008b6db6fa19e30d1f9d7936122aa89d2c49a049d65cb7f7fa136686d4779957622be0974f180dd6bc4a714ab3880ce5291224ed63d4f7198afa1da6bffbe334545f60455984d891C13e6d1f46a1c5331ac45ec479ff9eb81aa2ddab8e1e078515e6b7efb9d0281eb1d198fe58f5254fE7065fd93cf41d95925f67f1fb839f44ab4a93dd32cef48bb9e6326ace60de3aff4eea168c61b818

Mikeのモットーは、旅に出かけて出来るだけ多くのことを見聞して作品に昇華させること。タトゥーのモチーフが、世界のどこからピックアップされたものかを想像する、という楽しみも見る側に与えてくれる。

ではもう一度、トップに戻って。 芸術は一度見たくらいじゃ理解できないからね。

Licensed material used with permission by Mike Boyd, (Instagram)
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
ある日、ピカソがマーケットを歩いていると、手に一枚の紙を持った見知らぬ女性がこう話しかけてきたそうです。「ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
明るい場所から、暗い場所へと移動すると発光するタトゥー。暗闇でブラックライトに反応するUVインクで彫ったタトゥーは、海外で最先端のスタイルとして確立されつ...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
天才と呼ばれる偉人たちのワークスペースが、どんな場所だったのかが一目で分かる。イギリスのブラインドメーカー「Made to Masure Blinds U...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...