自閉症の人と話す時に、心がけてほしい3つのこと(イギリス・支援協会)

自閉症の人には、世界がどんな風に見えているのでしょう?私たちが親切のつもりで声をかけいても、本人にとってはそれが負担になっているかもしれません。

イギリスで50年以上にわたり自閉症の人たちの学校を運営してきた「The National Autistic Society (NAS)」が、彼らの脳内で起きていることを、動画で表現しました。

情報が多すぎる…

F45d18d2300978f249efe8bfb448a50135ceaa64

動画は12歳の自閉症の女の子、ホーリーがバスに乗るところから始まります。

バスの運転手が「やぁ、元気かい?」と声をかけてくれますが、すぐに返事をすることができません。さらに「大丈夫?」と心配してくれる言葉すら、うまく整理ができず、むしろ負担になってしまいます。

704e490d929d78877d2f055aa6d90334691120a0

次にバスの中で声をかけてきた少年にも、返事をすることができません。彼女の脳内ではまだ、バスの運転手の言葉を理解しようとしているのです。

B615a23e2c001616569d3e2d689d300e8520892d

運転手と少年の言葉は、バスを降りたあとも彼女の脳内で響き続けます。

1744f74f84fb1ac6d9a17924e9a1cb11defe12e8

そんな時に、犬に吠えられたりしたら大変。冷静さを失いかけてしまいます。

Bfdecdccc3c282cf091ae6526bd299a28fae2370

周りが見えなくなって、バイクとぶつかりそうに。

「なにやってんだ、危ないだろう!」

こんな風に男の人に怒鳴られたら、誰だって萎縮してしまいます。

Ae74fd9d7f152d614b59e682256b715dc9fd415f

次第に、頭の中で色んな人の声が混ざり合い、ホーリーは混乱してしまいます。

穏やかに
時間をかけて接して欲しい

動画の最後は、ホーリーの言葉で締めくくられます。

「私は自閉症で、ときどき、情報が多すぎて分からなくなってしまうのです」

NASはこれまでも「Too Much Information(多すぎる情報)」キャンペーンと称して、いくつかの動画を公開し、自閉症への理解を広めようとしてきました。

彼らが混乱しているときには

「勝手に判断しないこと」
「辛抱強く、穏やかに接すること」
「回復する時間と空間を与えること」

この3つを思い出してほしい。

Licensed material used with permission by The National Autistic Society
就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
スタンフォード大学が開発を進めている「The Autism Glass Project」は、グーグルグラスを使って人の表情を読み取り、どんな感情なのかを視...
6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
自閉症のひとつ、アスペルガー症候群の男の子ベンジャミン君(10歳)。口数が極端に少なかったり、同年齢の子どもとうまく波長が合わない、他人の気持ちが分からな...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
世界で初めてスーツを着ている競走馬がお披露目されたのは、「Cheltenham Festival」。毎年イギリスで開催している、競馬の障害競走のイベントで...
イギリスNSPCC(英国児童虐待防止協会)が手がける性犯罪予防アニメは、とにかく明るい。日本でこの手のシリアスなテーマを扱うとしたら、間違いなくこうはなら...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
世の中には「話しやすい人」と「話しにくい人」がいますよね。話しやすい人と会話していれば、自然と盛り上り、また会って話したくなるもの。話しにくい人は会話がな...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
今やスマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの所有率は、1人1台と言っていいほどにまで普及している。そんな中、イギリスの研究機関「The London...
「使える」かどうかは分からないけど、イギリスの不思議なスラングを紹介しましょう。英語の勉強に疲れたとき、少しでも役に立てばいいのですが…。ちょっぴり皮肉屋...
ジャムといえば果実のイメージがありますが、ここで紹介するのはイギリスで生まれた衝撃的な「ベーコンジャム」。ほとんど趣味の世界…にしか思えないこのシロモノで...
もし自分が一国の王なら、何を使って権力を示すだろうか。金やダイヤモンドを使ったジュエリー。とてつもなく大きな城。いや、マヤ文明の出土品のコレクション、なん...