「ベッドでの主導権は渡さない」。オトナ女子との恋愛には、最低限のマナーが必要です

独立心があり、負けん気が強く、自分をもっている大人な女性には、どうも「付き合いにくい」というイメージが付いて回る。異性からも同性からも。いわゆるデキる女性たちのハートを射止めるには、それなりの“マナー”が必要だと主張するのは、女性ライターJessica Jung。

同じ女性としてオトナ女子の性格を分析。世の男性たちに「最良のアプローチのための心得」を伝授してくれています。いちばんナットクできたのは03でした(笑)。

E83b4225b5feb4c3f2767982540f6f3042f23cce

残念なことに、向上心の強いオトナ女性はときに「高慢なビッチ」なんて揶揄されることがあります。どうしても相手に威圧感を与え、厄介な存在として扱われることがほとんど。彼女のことを難しいと感じているは、あなた1人ではありません。けれど、彼女たちだって、この汚名を晴らすことがなかなかできずにいるのです。 

自分のカラーがよくわかっている女性ほど、あらゆる分野で活躍しています。もちろん、彼らに出会う確率も高いわけで。固い殻をまとった彼女たちのやさしさに触れるなんて不可能だなんて、鼻から諦めては、ステキな側面を見逃してしまうことに。

好戦的で威圧的に感じるかもしれませんが、反面、とても自立していて、インテリジェンスがあって、向上心をつねに抱いて努力を惜しまない、そんなキャラクターも理解してあげないと。

恋愛においても情熱的だし、自分の欲しいものをしっかりと自覚しているし、恋人との関係も自分のプライオリティとして最高のものにしたいと彼女たちだって思うはず。では、オトナ女性の心をガッツリつかんで離さない11の極意とはどんなものなのでしょうか。

01.
決断に「迷い」は禁物

338d30ec96fbfcffc686e9f1c255f05fe26924f4

夕食の計画でも、映画のセレクトでも、どんな場面でも自分からリードすることを忘れずに。いつでも我が道をいく、のはあくまでイメージ。実際のところはリードしてくれる男性を煙たがる女性はそういません。ポイントは、彼女の好きそうなことばかりを追わないこと。

02.
意外性、
サプライズを忘れずに

自分のことがよくわかっている女性ほど、意外性を好むものです。ある意味、知的好奇心を満たしてくれるクリエイティビティに貪欲。だから、デートでもプレゼントでも、いつもとひと味違う工夫を忘れずに。ルールや常識に囚われる必要なんてありません。

03.
ケンカしたら、
自分の意見を飲み込まない

ほんの少しの迷いでも、嗅ぎ分ける嗅覚の持ち主です。たとえばケンカをしていたら、彼女が文句を言いそうだからって、自分の主張をそこでやめない(飲み込まない)こと。意見がぶつかるのは悪いことではありません。彼女の主張に対して、しっかりと意見で向かい合ってくれる人の存在を求めているはず。ちょっと、エスカレートしすぎたら、スキンシップで距離を縮めましょう。

04.
ベッドの上での
主導権はこちらに

49eeb62a40ea78d144ca12a205bbbc35380f5302

セックスに関して言えば、ある程度ルールを決めておいたほうがいいかも。日常生活で自然と上に立ってしまう場面が多い彼女です、濃密な時間は別の自分でいたいってこともあるでしょ。

05.
納得いくまで、がまん強く

腑に落ちないことがあれば、納得いくまで引けないこともある。それはガマンができないこととも違います。キレやすいというイメージがあるかもしれませんが、「感情豊か」と前向きに捉えることもできるはずです。気をつけたいのはここだけ、「まあ落ちついて」だけは禁句です。

06.
上昇志向をもつ

99a277a21eae14ca5ea1ce0ac245000ab88cae45

仕事がうまくいっていたとしても、さらに高みを目指して努力を惜しまないこと。彼女たちがもっともセクシーだと感じるのは、向上心をもっている人と一緒にいることだと思うのです。野心家と一緒にいることで、おたがいに切磋琢磨していけるから。

07.
現実と向き合うために
彼女の期待をコントロール

彼女が望むものは、いつでも一歩前。ややこしくなってしまうのは、どんなに努力しても彼女の目にはそうは映っていないとき。いつも怒りっぽいのではなくて、感情をコントロールする手立てを上手に教えてあげること。ちゃんと現実を見せてあげるのも、ときに彼女のためなのですから。

08.
自分の気持ち正確にを伝える

オトナ女子が無感情のように見えるのは、初めだけ。彼女の反応が鈍いと思うと、気持ちを伝えるのをためらうこともあるでしょう。でも、彼女が信頼して心を開いてさえくれれば、あたなへの気持ちも比例して強くなっていきます。

09.
シチュエーションによって
自尊心は出し引きを

68f1035527ef516d4eec5a7f453e8713d2778d3b

彼女たちにプライドはつきもの。あなたが抑えることができるのを見せてあげれば、彼女だって同じように、自分を抑える努力に務めるはず。

10.
未知なるハッケンを
与えてあげる

なにもマニアックである必要はありません。おたがいに違う趣味をもっているだけでもとても魅力的なこと。新しいことを覚える、身につける、それは彼女たちにとって、未知なる冒険なわけですから。

11.
彼女との未来を想像する

7b76acd69463da5609489a58361686728c4d616a

ここまでの10の気づかいを彼女にできたなら、きっともう2人は最高のパートナーになっているはず。いつでもあなたのそばにいて、ともに意識を高め合える最良のチームを目指しましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
最近よく耳にする「リケ女」と呼ばれる理系女子。ここでは、そんな彼女たちの恋愛傾向を紹介します。当然のことながら、これらはすべての「リケ女」に当てはまるわけ...
テレビやインターネットでは「この食材が体に良い!」と様々な野菜や果物が紹介されています。同じものだけを食べて健康になるならこんなに簡単なことはありませんし...
携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
最近よく聞く絶食系女子という言葉。どんな女性なのかイメージがわきますか。まさに、恋愛を経験したくない、恋愛はちょっと面倒だと考えている女性たちのことです。...
「日本人女性は世界でモテる」という噂、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、どうやら日本人女性の『女子力』は先進国でも最低レベルと認識され...
どうやら大勢で群れている女性よりも、群れから離れて一人で過ごしている一匹狼タイプの方がモテるらしい…。でも、その魅力って一体何なのでしょうか?1.群れてい...
恋愛はもちろん、仕事や趣味など自分がやりたいことに積極的な肉食系女子。「私もそうなれたらいいな」なんて、憧れの気持ちを抱きながら見ている人も多いかもしれま...
女子力という言葉が使われ始めて、しばらく経ちますね。当初の使い方と比べると、最近の女子力という言葉の使われ方や認識に疑問をもつ女性もいるようです。「女子の...
女子にとって、女心以上にわからないのが男心とその本音です。単純かとおもいきや、変なところで複雑だったり、「なんでそうなるの?」「どう思ってるの?」と、うま...
恋愛については横に置いておいて「ひとりの時間を優先したい」と感じる時期も巡ってくるでしょう。独り身だと心配ごとも少ないし、気兼ねなく自分の好きなことを優先...
あなたの周りにもきっといる、気の強い女性。職場ではテキパキ働く彼女たちのことだから、「きっとベッドでもリードしてくれるんじゃないかな…」なんて期待している...
学校では数学が苦手だったから、わたしは文系!その定義は間違ってはいませんが、むしろどんな行動パターンや考え方をするかで、あなたが「文系女子」かそうでないか...
子犬のように人懐こいとされる犬系女子ですが、どのような特徴があって、どんな恋愛をするのでしょうか。犬といえば、飼い主に忠実とされる動物です。犬系女子と上手...
何をやっても他の女子よりうまくできないと感じる、女子力がない、「どうせ私なんか」とつい思ってしまうという「こじらせ女子」。そんなこじらせ女子にはどのような...
癒し系女子。「○○女子」のなかでも、その意味するところが幅広く、定義しにくいですよね。あえて言えば、ほんわかした雰囲気を持っているといったところでしょうか...
幸せのきっかけをつかむために、女子力をあげたいと考えている女性のみなさんに向けて、厳選した10の方法を紹介します。普段の心持ちやちょっとした行動を変えるこ...
とび抜けて美人ではなくても、なぜかモテる小悪魔女子。モテる男性と付き合うのは、すごい美人とは限らず、小悪魔的な魅力にあふれる女性の方が多いかもしれません。...
ここに紹介するのは、恋愛カウンセラーDave Elliott氏があぶりだした、恋愛ベタな女性の特徴。男性視点がいささか強めではありますが、フムフム納得でき...
女子力が高い人は男性からだけでなく、女性からも人気がありますよね。羨ましい限り…。ここでは、そんな女子力の高さに隠されたヒミツを探ってみましょう。たとえば...
男性がいない分、ややワイルドになってしまう女子校生活。そんな女子校出身者だけがわかる「あるある」を「Elite Daily」の記事から紹介しましょう。この...