いっそ宇宙から吊り下げちゃえ!という高層ビル計画がある。

エッフェル塔、エンパイア・ステート・ビルディング、ブルジュ・ハリファ...人類はその文明を誇るため、より高い建築物を作り上げてきました。

Clouds Architecture Office」が進める仮想プロジェクトも、そんな高層建築物のひとつ。

ただひとつ違うのは「地上から空中」ではなく、「宇宙から地上」に向けて吊り下げる、ということ。

宇宙から
吊り下げるビル!?

1e1762de211eac0c3c43a9bdb25e2dcb48bc1e6a

この斬新な建築物の名前は「Analemma Tower」。空中から地上に伸びるその外見は、もはや高いとか長いの議論ではない、圧倒的なインパクト。

全長はなんと32,000m。世界一高い建築物であるブルジュ・ハリファが828mなので、桁が違うどころではありません。

一体どこに建てるの?というのはもっともな疑問ですが、地球上の軌道にある小惑星にビルを建て、地球までつり下げるという設計なのだそうです。

地上に場所を取らないためタワーはどこにでも建ることができ、さらに軌道に乗って北半球と南半球の間を毎日移動することができるのだとか…。

9606ad0b80dde99d09ec28da00302801d655fe8197c82ba14a0bee4322182b1c3e297564bbfc01a014f6c378ba9fe1f92591837562582fcf30b06299

移動するタワーは、超強度ケーブルを介して地上のビルと接続可能。

ビルは移動していきますが、たとえば「ニューヨークでは速度が最も遅くなるように設定する」など、軌道をコントロールすることもシミュレーションしているとか。

小惑星を操作して
軌道上に再配置する

Be6276cbb900dad1a33cf073012f8e7215e1943d6753830d8488e17110bcf33e60e3f4b638e83382

そんな都合のいい小惑星あるの?と思ってしまいますが、実際NASAにも小惑星再配置の計画があり、そこからインスパイアされたもの。

また、欧州宇宙機関(ESA)のロゼッタミッション(彗星に上陸し、宇宙の物質と相互作用が可能であることを証明)を参考に、「小惑星探査任務」を2021年に予定しているとのこと。

タワーを通して
宇宙と地上を行き来する

D0499c25e46212d7148fbe1f55c01bffa83bbdf2

このビルの構想に携わるRudakevychさんによると、タワーの最先端の電磁気エレベーターとともに、人々がタワーと地表の間を行き来できる「大型旅客ドローン」も計画しているそうです。

SFでたびたび目にしてきた宇宙エレベーターですが、少しイメージが違うけど、実際はこの「Analemma Tower」のような形で、私たちの目の前に誕生するのかもしれません。

Licensed material used with permission by Clouds Architecture Office
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
近年、欧米では環境持続性の観点から木造建築が見直されているといいます。温暖化防止のひとつの策として、鉄筋コンクリート(RC造)から木造化へという動きも。で...
近く重大発表をするらしい…それが「太陽系外惑星についての内容」とだけ含みを持たせるNASAの先行発表に、数日前から噂や憶測が海外メディアで飛び交っていた。...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
史上初の試みです。日本時間4月27日(木)午前2時30分頃より、地球から250マイル(約400キロメートル)離れた国際宇宙ステーションから、4Kの最高画質...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
2015年8月11日、NASAの公式ホームページに発表されたのは、宇宙飛行士スコット・ケリー氏が8月10日に撮影し、ハッシュタグ「#GoodMorning...
Big Benといえば、言わずと知れたロンドンのウェストミンスター宮殿(国会議事堂)に付属する時計台。ですが、こちらはNYに建設計画中だという「The B...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
この宇宙には、いったいどれだけの銀河が存在しているのか。その答えを解明すべく、銀河の“国勢調査”ならぬ大規模な調査研究が定期的に行われているようです。その...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...