「赤い髪の女性は、美しい」。20ヶ国を巡るフォトグラファー

世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?

じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影したBrian Dowlingさんの写真を通して、その美しさに触れてみましょう。

赤い髪の女の子は
ユニークで、美しい。

14f793760437d47d9aec5a557d424a8ed04877676b2a382ce16b826a2c6192094c5a2a696820660e46d2b8b3fe26a9891e6ae23531657aa620a84e8d10a632995645e96074932cce730138e822a82e5b44be4f18bb79bf2e97800bb7c9e522c573a553e35dec5c42d8cbe47526d3d0bd4096d81417e3106fC863dee872ffe53d692fa3ed2b85f36d3f42c7e7

光を浴びたときの鮮やかさに目を惹かれます。

「赤髪の美しさを
世界中に知ってもらいたい」

C842cf3cf3d16ecee756c9ce8e164690e316692bC21743b76fbf15c59ce01eb55a0fcc2bb5948dbfB37cd6127d7afc6d1f91774d46b0f96916f94c21C22d3b7879cf349f287014c5977901830edfebc6Cab37603d09af2bc2c6c78ee3a7106e9e95d3442E197b09c2186f7f89901caff43b7f970219e9bd7D417578e72bf9f3c19aa5ad51eeab85e65aaade2B83839d6aceea91aebec1dea6cd62e3a9d0f9783F1f9bc35f37f34b71110af0d24da40f769dd1f8c

Brianさんは、どうして赤い髪の女性を被写体に選んだのでしょうか。

「僕は赤い髪の女性は、本当に個性的で魅力に溢れていると思っているんだ。でも、その珍しさが災いして、髪の色のことでいじめが起きていることも事実なんだ。

赤い髪を持って生まれた女の子が、偏見のせいで自分の美しさを否定してしまうのはあまりにも悲しい。僕は喋ることがあまりうまくないから、彼女たちが本当に魅力的だということを写真を通して世界に伝えたいんだ」

日本にいるとなかなかイメージしにくいことですが、赤髪をコンプレックスに感じている人も多いと言います。でもこの写真から伝わってくる美しさに触れれば、そんな印象も変わってくるはず。

Licensed material used with permission by Brian Dowling, (Kickstarter)
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
もっと何か言えることがあるはずだと思われても仕方がないのだけれど、一言で言うと“超ステキ”な写真。テリ・ワイフェンバックの写真が10月20日から目黒ブリッ...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、...