このワイン、どこで寝かせたと思う?

ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。

そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワインビギナーでも「ここまでインパクトあったら、迷わず買いでしょ!」と言い切れてしまいそうなビジュアルのワインが、クロアチアにありました。

ギリシャ風のワインボトル、
試しに沈めてみる?

アドリア海の「海底ワイン」誕生のきっかけは、些細なこと。ある日、アンフォラ(古代ギリシャの壺)風の形をしたボトルワインをもらって、彼らは思い立ったそう。

「この古風なボトル、本当に沈めてみたら面白いんじゃ?」

1928ad3ab2e1a29bfc03fd3ef44588899edd88c1

しかし、これを実現するには多くの困難がありました。ボトルは割れない?コルクのすきまから海水が入ってこない?水圧は大丈夫?

実際かなり大変な調査や実験を要したそうですが、その思いつきにどうしようもなくワクワクしていた彼らは、ちょっとしたことじゃへこたれません。数年の研究の後、みごと「海底で寝かせる」ことに成功しました。

古代ギリシャ人のルーツを
辿ってみたんだ

Edivo Vina Winery」は、何から何までクロアチア産にこだわっています。

ワイン自体は、ヤニナの「Plavac 2012」を。ボトルに塗り固めている粘土は、中心部の都市・ペトリニャのものです。そして沈めるのはもちろん、アドリア海。

付属品も例にもれずで、ボトルを支える鉄の台は、中央に位置するシサクで鍛造されたものを、ワインを入れる木の箱は、北西の都市・ヴァラジュディンで採伐された松から作られています。

Bb760f49e5fa5391071fd9d0bce9b646e86fa15d

彼らによると、実は古代ギリシャ人もアンフォラでワインを貯蔵していたそう。そしてその壺は今日、多くがアドリア海で発掘されています。ということは、何千年前の人たちもワインを海に沈めていた…?なんて想像も広がったり。

「古代ギリシャ人とワインには、深い繋がりがあった。彼らにとってそのお酒はスピリチュアルなものだったんだよ。

それは、酒の神・バッカスが讃えられていたことからも分かるはず。何千年という時を経て、僕らがそのルーツに立ち戻ってみた。なんだかロマンチックじゃないかい?」

アドリア海を横目に
味わってみたい

実際、海底は「熟成」には適してないんじゃ?というかそもそも、数年沈めたくらいじゃ味は深くならなさそう…なんて声もありそうですが、その雰囲気は味わってみたいかも。

F04fdc3cce497a5c2dc642a858a65d5e11b01d053c94cd71651cc953286dcde81c86e204ba2419a4

海底ワインは希少で、まだ十分な在庫がないため、日本へ輸出する予定はないそう。「味わいたかったら、ぜひクロアチアに来て!」とのこと。たしかに、どうせ体験するなら、アドリア海のほとりで試してみたい?

Licensed material used with permission by Edivo
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくと...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...