世界一濃厚と謳うごまアイスの、「幸福なもったり感」に頬が緩んでしまう。

正直に告白すれば、ごまが苦手。口の中に残るつぶつぶ感も、ペーストにしたときのザラつく舌ざわりも、なにより独特のあの香りが…。

けれど、そんな私が「これは大事件!」と、Wi-Fiのあるカフェにかけ込み、記憶が鮮明なうちにとにかく指を動かしたい、そう思えるほど衝撃的な出会いだった。

ごまにあまり関心がないという人ほど、一度味わってみてほしい。ふた口めには、全身に“よろこび”が走るはずだから。

創業131年、
老舗ごまメーカーの新たな試み

749082ae15c86bca0166d5ec8218fd9930ff3e21

表参道から外苑前へと抜ける裏通りの路地を歩いていると、この看板が目に飛び込んでくる。「GOMAYA KUKI」、ここはごまの老舗が手がける、ごまアイスの専門店だ。

もう一度、看板をよく見れば「世界一濃いごまアイス」とあるではないか。何をもってして世界一なのか、その理由は入店してカウンターまで足を運べばすぐにわかる。

かわいらしい手書き風の文字で綴られた、インパクト大のこのワードに我が目を疑った。

1カップに、約9000粒

これ、つまりはごまの数を表しているらしい。

6e9c6ebf903d6d83394c631efebc54af6e796045

好きなフレーバー(といっても全てごま)を、2つ選んで1カップがデフォルト。この手の中に、かつて体験したことのない量のごま・ゴマ・胡麻…

しばし心を落ち着かせ、意を決してグッとスプーンでひとすくい。その刹那、未知の感覚に一瞬めまいがした。ちょっと誇張したけど、そのくらいの衝撃が走ったのだ。例えるならば、それは生チョコを食べた時の感動。あの舌ざわりが一切なく、口どけがなめらか。それより何より、体験したことのない濃密さ。こ、これが世界一か……!

今にして思えば、あれは幸福なもったり感。風味が広がっていくけれど、“砂っぽさ”と私が敬遠するあの感じも、香りも、そこにはなかった。ミルクの割合が思った以上に多く感じられ、クリーミーさがどこまでも“いい仕事”をしているように思えた。

"ふつう"はナシ。
特濃か、超特濃か

7f684bf383cf6341fcb4167d93384afc7d215105

メニューは全部で6種類。白・黒のそれぞれ「特濃」or「超特濃」にくわえて、変わり種のごま塩、数種類の雑穀を混ぜたつぶつぶ雑穀がある。好きな味を2種類選べるうえに、1カップ500円(税込)という価格もうれしい。

私が食べたのは、「超特濃」といわれる一番濃ゆ〜いタイプなんだけど、こだわりの強さが伺えるのは、味の濃さが(特濃・超特濃)の2種類に限られていること。あえて「普通」という濃度を置いていないのは、それじゃ満足できないごまラバーたちのためだけ、ではないはず。その証拠にすでにたくさんのファンがついている。

日常の中で、
ごまをもっと身近に。

老舗店として、ごまアイスの提供をはじめたきっかけを伺うと、こんな言葉が返ってきた。

「若い方々に、もっとごまと触れ合ってもらう機会をつくりたかった。美味しさを知って、食べてもらいたいという思いではじめたんです」。

専門店ならではの「ごま愛」は、トッピングにも込められている。勧められるままにトライしたのは、なんとごま油だった。アイスのトッピングとしてはあまりにも意外性がありすぎて(驚)。恐る恐るかけてみると、甘さと合わさって風味がさらに増すのを感じた。新たな変化にまた頬が緩んでしまう。こちらも騙されたと思って、ぜひ試してみてほしい。

GOMAYA KUKI
住所:東京都渋谷区神宮前4丁目6-9 南原宿ビル1F
電話:070-3265-0783
営業時間:平日、土日祝 11:00〜18:00
休:不定休

Licensed material used with permission by GOMAYA KUKI
健康志向のニューヨーカーたちが集まり行列ができるという、アンガスビーフ100%のハンバーガー。でも、素材にこだわっているのはそれだけじゃありません。アイス...
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
アメリカでは7月は「アイスクリーム月間」。さらに第3日曜日は「アイスクリームの日」。だからか、7月にインスタグラムに流れてくるのはアイスクリームのポストば...
暑い日に欲しくなるのがアイス。でもどんなに日差しが強くても、どんなに体を冷やしたくても、絶対に食べたくないアイスがあるんです。台湾の大学生グループ「100...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
カラフルなアイスキャンディー。なぜ大人限定なのかというと、お酒が入っているからなんです。「poptails」は、フレッシュなフルーツとアルコールだけを使用...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
インドで子どもから大人まで人気の「クルフィー」を知ってますか?卵を使わず牛乳だけを煮詰めたアイスですが、そこにピスタチオやスパイスをトッピングする、珍しい...
フルーツをふんだんに使ったカラフルなアイスバーもいいけれど、おうちでサラッと作るなら、一口サイズの「ロリポップ型」がおすすめです。ころんとキュートな見た目...
健康面に気づかって、自家製ドレッシングを作る人も多いですよね。そんな「自家製」を作るとき、特にオススメなのが、ごまドレッシング。フードプロセッサーさえあれ...
アイスバケツチャレンジを覚えているだろうか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究支援と、この難病を広く世の中の人に知ってもらう目的で、2014年アメリカから...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
「そりゃそうなる」だろうよ、とオチは当然わかっていても、なぜだか気になって仕方ないアイスの溶け方。固体から次第に溶けて液体状になるまでをマクロ撮影し、淡々...
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...