自閉症の人たちが、面接でこんなにも苦しんでいることを知っていますか?

就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが、「自閉症」を抱えている人の場合は、更なるプレッシャーを感じているかもしれない。

イギリスの「The National Autistic Society」は、想像しづらいそんな状況を、わかりやすく説明した動画を公開中。これを見て、いつもとは違う目線で「面接」を受けてみてください。

自閉症を抱えているとして
いざ面接官と対面すると…

Medium b6302bf6b71763827240236b7400fa57d11918f9

© THE NATIONAL AUTISTIC SOCIETY 2017

「自己紹介をお願いします」と言われ、「全てを話すべきか?」と悩む。

Medium 50d317ff19da6de7d084d525b19655683a34f849

© THE NATIONAL AUTISTIC SOCIETY 2017

「長所と短所は何ですか?」と聞かれて、「正直に言うべきか?」と迷う。

Medium 7763e51a8b42220973af1783bebf63ca398c43da

© THE NATIONAL AUTISTIC SOCIETY 2017

「どんな経験をしてきましたか?スキルや能力は?」と聞かれて、「質問が多すぎる。別々に聞いて欲しい」と困惑する。

Medium 83d2f171ad44c51b7d155a4da4d8f542b8870332

© THE NATIONAL AUTISTIC SOCIETY 2017

質問を一度に聞かれ、返答するには時間が必要。でも、刻一刻と時間は過ぎるばかり。

Medium 41ea5186beb2a428aed07e5e1312afa6ac87919f

© THE NATIONAL AUTISTIC SOCIETY 2017

結局、不合格になってしまった。

溢れる情報量に
飲み込まれそうになりながらも…

「全てを話すべきか」、「正直に言うべきか」、「答えを考えるには時間が必要」。はたから見れば、誰にでも共通することかもしれません。しかしこの動画、実は待合室にいるシーンから始まります。

受付の人が打つキーボードの音、鳴り響く電話のコール、壁に付けられているテレビに流れる映像や音声。溢れる情報量に飲み込まれそうになっているところに、面接官が男性を呼びにきます。

その後、次々投げかけられる質問に時間ばかりが過ぎてしまい、男性はうまく答えることができずにいました。「大丈夫ですか?」と面接官に覗き込まれると、飛び出すようにして部屋を出ていってしまうのです。

私たちができること
そしてその先に繋がる希望

自閉症を抱えている人は、周囲の環境によって、とてつもない不安を感じることがあります。相手の感情を理解することや自分自身の感情を表現すること、また、文脈に含まれた意味合いを理解することなどが苦手でもあり、コミュニケーションで困難が生じるケースがあります。

あなたの質問が曖昧だと、会話の核心が伝わりにくいことがあります。その場合、はっきり要点をついた話し方をすると良いということです。

最後に、この動画のラストで出てくる言葉を紹介します。

「自閉症を抱える多くの人たちが雇用されていません。彼らのスキルや能力が無駄になってしまいます」

誰にでも長所があり、スキルも人それぞれ違うはず。周りがより理解できるようになれば、お互いをさらに高めあっていける環境を、自分たちで作り上げることができるのかもしれません。

Licensed material used with permission by The National Autistic Society
就職・転職活動でもっとも大切なものといえば、やはり面接。失礼なミスはもちろん、準備不足や、実力が発揮できない、なんてことはくれぐれも気をつけたいところ。そ...
「採用」とは、十分下準備をして、ようやく勝ち取れるもの。ですが、会社が求めているものと自分が発信することにズレが生じてしまうと、せっかくの準備も水の泡です...
自閉症の人には、世界がどんな風に見えているのでしょう?私たちが親切のつもりで声をかけいても、本人にとってはそれが負担になっているかもしれません。イギリスで...
現在、ほとんどの企業が人材採用の際に行っている(対人型の)面接、これを「何の役にも立たず、むしろ最悪の手段」とまで言い切る人物がいます。組織・人事コンサル...
スタンフォード大学が開発を進めている「The Autism Glass Project」は、グーグルグラスを使って人の表情を読み取り、どんな感情なのかを視...
6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽...
デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、S...
自閉症のひとつ、アスペルガー症候群の男の子ベンジャミン君(10歳)。口数が極端に少なかったり、同年齢の子どもとうまく波長が合わない、他人の気持ちが分からな...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
仕事を見つけるには、自分を「プロダクト」として売り込まなければなりません。きっと、こういうことをするのが苦手な人もいるはず。だから、どうしても嘘をついてし...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
IT系企業の採用面接に向けて、インタビューのスキルを向上させるオンラインサービス「Interviewing.io」の女性CEO、Aline Lerner氏...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
仕事の面接に赴いた応募者たちが告げられたのは、合格でも不合格でもなく、次の面接会場。「今から、あの山へ登ってください」。これは、Columbia(コロンビ...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
つらい経験をした時、病気になってしまった時、人には支えとなるものが必要です。うつ病に苦しんでいたフォトグラファーのDanielle Harkさんにとって、...
人前で話すのは、どんな人でも多かれ少なかれ緊張するもの。でも、クライアントへの重要なプレゼンテーションなど、“やらねばならないとき”があることも事実です。...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...