恋するあなたに「カカオニブ」。新感覚のビーントゥーバーが表参道にオープン

チョコレートには、どこか恋愛意識を高めてくれるイメージがある。もちろん、好きな人に食べてもらっただけで惚れてもらえる、なんて魔法ではないのだけど。

でもね、原料のカカオにはその可能性が秘められているんだって。

カカオは
恋をつかさどる「媚薬」?

Medium 70ab0092170ba469c50d8e1d99c609fc7b0ddf13

カカオは薬にもなり、貨幣にもなった時代がある。きっと恋愛とも密接な関係があったのではないだろうか。近年、科学がそれを証明しているが、なんでも恋愛ホルモンと呼ばれる成分PEA(フェニルエチルアミン)が関係しているんだとか。

ざっくり言えば、恋の始まりのあの胸キュン感覚を脳内でつかさどる物質らしく、つまりはこれが“媚薬”のような役割を果たすというロジック。

もし仮にそうだとしたら、チョコに加工する前のほうが効果絶大…こう思ってしまうのは、やっぱり早計?

「カカオそのもの」を味わいに
表参道へ

Medium a8433e23adf579f398c8fbe5fcf1f1d0c9144e49Medium 173db796bc60dbf27c14732f9854248d12a0626d

4月22日(土)表参道にオープンする「Salagadoola #CacaoNibsBowl Café」(サラガドゥーラ #カカオニブボウルカフェ)は、世界中から買い付けた希少品種のカカオ豆を使用してつくるビーントゥーバーチョコレート専門店。けれど、それだけではない。何が他と違うって、板チョコやホットチョコレートだけでなく、カカオニブそのものを堪能できること。

恋する女性の味方
「カカオニブ」

Medium 8e9b8252b9209ca3d49c6eb10469192c28195f69

カカオニブとは、カカオの実から取り出した種の中身だけを砕いてチップ状にしたもの(それを粉末状にするとカカオマス)。

「あまり知られてないけど、スーパーフードのひとつなんですよ。栄養素のバリエーションも含有量も、群を抜いているんです」

 「カカオニブの魅力を広く伝えること」をコンセプトのひとつにしているとは代表の宮崎理沙さん。だからこそ、すべてこの素材をふんだんに活かしたメニュー構成で勝負に出た。少し長いこの店名も、それほどお店の核となっているからこそ。

カカオ豆本来の味をそのまま楽しむ「プレーンロースト」と、てんさい糖でコーティングした「シュガーロースト」。さらには塩、ナッツ、スパイスを混ぜ合わせた調味料「カカオニブのデュカ」なるものも。

Medium e2955756697ea1dcb3650104aefba0c60b02c72e

カカオニブを「食べるホットチョコレート」は600円(税込)。粗めに潰した豆の食感を楽しみながら、濃厚なチョコレートを味わえる。

Medium d089cbe4ab2903d7b395259b963ff628fcb8c529

アサイーボウルならぬ「カカオニブボウル」は1,300円(税込)。Cafe & Dining Bar 367°とのコラボで考案された、ここでしか味わえないメニュー。甘さは控えめで、素材の味を感じられる。

好きな人にチョコを手渡す。それよりも、よっぽどこの「カカオニブボウル」を一緒に食べるほうが、恋の進展がスムーズだったりして。

【店舗概要】
Salagadoola #CacaoNibsBowl Café

・住所:東京都渋谷区神宮前3-6-7 SEZON ART GALLERY B1F
・電話:03-6455-5840
・営業時間:15:00〜18:00 カフェタイム営業(物販は終日営業)

Licensed material used with permission by Salagadoola
今、チョコレート業界でトレンドといえば「ビーントゥーバー」。2007年頃にアメリカの「MAST BROTHERS CHOCOLATE」というメーカーが、ビ...
しかも、カカオ豆からチョコレートになるまでの、各製作工程の豆を試食して選べちゃうチョコレートスタンドなんです!「Minimal 銀座Bean to Bar...
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
スペインの高級パティスリー『bubó Barcelona(ブボ バルセロナ)』が、東京に日本第1号店をオープンすることになった。オープン日は、バレンタイン...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
昨日2015年12月22日(火)。国内初となる“真っ白なスターバックス”が新宿サザンテラスに登場し、大きな話題を呼んでいます。ここで体験できるのは、雪を思...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...
先日2016年2月11日、サンフランシスコ発のチョコレート専門店「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」の日本1号店が東京...
「テオブロマ・カカオ」これは、チョコレートやココアの原料となるカカオの学名。その意味は、“神様の食べ物”。「もう我慢する必要なし」とばかりに、あらゆる研究...
どの改札から外に出るかによって、まったく異なる表情を見せる街がある。個人的には、鎌倉もそのうちの一つだと思う。東口はもう、完全に観光客向け。多くの人が目指...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
米・シアトル発の「KuKuRuZa Popcorn(ククルザ ポップコーン)」は、独創的なフレーバーが魅力のグルメなポップコーン専門店。2013年9月に日...
チョコレートが恋しい季節。ちょっと罪悪感を感じつつも、仕事中のおやつに欠かせない、となかなか手放せない気持ちはわかります。そこで、糖分が含まれている甘いチ...
まったくと言っていいほど、揚げものの印象がない大根。でも、そんなイメージを覆す「フライド大根」の美味しさに、多くの人が魅了されている模様。外はサクサク、中...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
2015年11月に東京・中目黒にオープンした「green bean to bar CHOCOLATE」は、その名の通り、「Bean to Bar」のチョコ...
1991年に誕生して以来、アジアやアメリカを中心に全世界で1,000店舗以上を展開するフライドチキンブランド「Kyochon(キョチョン)」。そんな韓国フ...
「餃子の王将」といえば、そのボリュームとしっかりした味付けで「男メシ」や「家族メシ」といったイメージがありました。が、2016年3月3日(木)にオープンし...