自由奔放な「ふたご座」と付き合ったら、波乱万丈な人生を覚悟しよう。

過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。

自身もふたご座であるというライターのAlice Panikianさんによれば、彼らとの関係は良くも悪くも忘れられないものになる、とか。「Elite Daily」に寄稿された、その10の理由とは?

01.
どんな状況も話術で乗り切る
「会話の達人」

Fcd3cf4a57b7880cea41582d1e773f20e292e80e

持ち前の知性と明るさで場を盛り上げる「ふたご座」。学ぶことや知識を共有し合うことが好きで、ためらいなく自分の意見をしっかりと主張していくタイプ。

恋愛でトラブルが起こると、すぐに話し合いを開始。隠しごとが苦手なので、不満なことは相手に伝えて改善しようとするでしょう。

そして友だちとのウワサ話も楽しみのひとつ。アドバイスをするのが得意なので、悩みごとがあるなら相談してみては?きっと、面白い答えを導き出してくれるはず。

02.
頭の回転が早く
すぐ行動

会話の展開だけではなく、行動も早い彼ら。あまり忍耐が強いほうではないので、何かあればすぐ行動に移してしまいます。

わりと楽天的で、放っておいても平気なタイプですが「つまらない」と感じるとすぐ不満気に…。そうなっても、勝手に前へ進んでいくだけなんですが。

03.
多方面に才能がある

B0cbde93daa98056bfc93fc4d21c29a231f09436

クリエイティブでアート好きな彼らは、いくつものことを同時進行できる人。その代わり、方向性が定まらず、すべてが中途半端になってしまうなんてことも…。

自分に合っていることをひとつ選べば、効率的に動けるでしょう(ちなみに、JFK、チェ・ゲバラ、アンジェリーナ・ジョリー、カニエ・ウェストはふたご座)。

大勢の前で話すのも得意なので、クリエイティブかつスピーディに動ける環境であれば才能が発揮できるかも。

04.
二重人格かと思いきや…

「ふたご座」の最もよく知られている特徴は、二重人格であること。でもじつは二重ではなく「複数人格」。順応するのがうまいので、話している相手に合わせて「自分」を変えているのでしょう。

人によってまったく態度が変わることもありますが、これがふたご座との接し方なのです。

05.
縛り付けられるのが嫌い

独立心が強く、自由を求めるタイプなので、縛り付けられると思わず逃げたくなってしまいます。時間をとても大事にする「ふたご座」は、自分にとって価値のないものには時間を割きません。

そのせいか、自分に都合が良く、効率的な関係しか持たないという一面も。

06.
嫉妬に燃える

880eabd0ad5d04d2499d159793ba2088d306ae76

嫉妬心を掻き立ててしまうと、感情が高ぶり、物を投げられてしまうなんて恐れも…。ただそのあとは、すぐに謝ってくれるのも特徴的。

ヒステリックになるのは、愛情が深い証拠。そう思い、受け止めてあげましょう。

07.
目立つためには
あざとくなることも…

注目されるためなら、薄っぺらい関係で自分を取り囲むことだってします。

勝手に偏見を抱いてしまうところは「ふたご座」の短所。考えを変えてあげるには、相当な努力が必要だと思ってください。

08.
優柔不断で
「一貫性」がない

昨日までは「幸せだ」って言っていたのに、今日は「不安だ」と言ったり。

感情の起伏が激しく、いつ何が起こるか予測できないのが「ふたご座」。自分の判断を疑い、細かいところまで分析してしまうので、すぐ不安になってしまうのです。

09.
どんな状況でも
思いやりの気持ちが強い

4f25858f96741aa72772d3222beecb363de63d2f

たとえ自分がツラいときでも、周りの人を思いやることができます。お金の使い方があまり上手ではないので、周りにおごってしまうのです。

10.
許しても、忘れない

「ふたご座」を動物に例えるなら、象。簡単に許してくれても、決してそのできごとを忘れないでしょう。愛情が深いので「過ちは仕方ない」と理解をしてくれるものの、その分、信頼は失っているのです。

つまりは、傷つけないほうがいいでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
なんでも感情的になる人って、少し面倒…。そう感じる人におすすめなのが、物事に執着せず、自由奔放な「ふたご座」です。(5月22日〜6月21日生まれ)ライター...
「Elite Daily」のRebekah Jakobs氏が綴った、ふたご座と付き合うのが楽しい理由という記事が、ズバリ彼らの特徴を言い当てているとアメリ...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
男性のみなさん、あなたの彼女は何座ですか?もし「ふたご座」なら、決して手放してはいけませんよ。その理由を、ライターArianna Jeret氏が「Your...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
すべての人に当てはまるというわけではありませんが、「傾向」として気になるこちらの記事。ライターCaithlin Pena氏が「YourTango」にまとめ...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
「Elite Daily」の女性ライターAlice Panikian氏が書いたふたご座の人に共通する特徴が、アメリカで話題になっています。曰く、5月21日...
夜空に、今年ラストから2番目の流星群が訪れるのは12月13日。「ふたご座流星群」。極大は14日の16時頃。明るくてこの時間には見えないけれど、日本ではAM...
12星座の特徴や性格から、どんな仕事に向いているかという星座占い。おひつじ座は自発的に動けるような仕事、おうし座は着々とできる仕事、ふたご座は好奇心を刺激...
乙女座は、星座別の性格診断などによると「細かくて融通が効かない」と思われがちです。でも実際は、もっとも効率的な性格の持ち主なのだとか。8/23-9/22に...
多くの雑誌に載っている星占いは「今月の運勢」ですが、これからご紹介するのはひと味違う「星座別“かわいいところ”」。Christine Schoenwald...
12星座の中から、それぞれの性格を判断し「もし世界がその星座の人々ばかりであったら、どんな世界になるのか」という記事を紹介。おひつじ座ならば、パーティー好...
どんなときでも真剣に話を聞いて、そばにいてくれる友だちは、生きていく上でとても貴重な存在。それに、気楽で自由気ままな人は、一緒にいるだけでその場が明るくな...
あなたの誕生日はいつですか?またはあなたの周りに、4月21日~5月20日が誕生日の人はいますか?もしいれば、彼または彼女があなたの最高のパートナーになるチ...
星座カレンダーでも一番最初に出てきて、エネルギッシュ、情熱的、力強い性格といった傾向がある、おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)。おひつじ座の、エマ...
今月下旬から来月の下旬の間に誕生日会を開く男性には、注目しておくべきかもしれません。「Elite Daily」のAndrea Arrizzaさんがまとめた...
星座は、あなたが付き合うべき人と、避けるべき人を明らかにしてくれます。自分と相性の悪い人物と付き合って気付いたときには遅すぎる…なんてまっぴらでしょう?恋...
友だちに相談を持ちかけても、曖昧なまま返される…それはひょっとしたら、相談に適した「星座」に声をかけていないせいかも。「Elite Daily」のAlex...
誕生日が10月24日〜11月22日の人はさそり座!「Americanki」は他の星座の人と比べてもちょっと個性的な性格を持っている人が多い星座だと説明して...